- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【西楚の覇王】項羽について語るスレその1【匹夫の勇】

103名無しさん@おーぷん :2016/01/23(土)16:43:19 ID:Foy()
>>100
何が違うって、議論の内容にどちらがふさわしいか、が違う。
中国に関する学術論文を書いたことのない俺には大して違いがないと思うけど、
中国文学科で高いレベルの研究をしてたと自ら言ってた、キミにとっても大した違いじゃないんだね。

筆誅と言う言葉について、専門家たるキミに、ぜひお伺いしたかった所なんだけどね。
そもそも筆誅と言う言葉がいつ出来た言葉なのか。出処は辞書に載ってないし、用例を調べても明治以降の日本ばかり。
春秋の筆法に比べて、かなり新しい言葉なんじゃないかと疑ってる。

>項羽の死に様については、
>「悪い事をすれば悪い死に様をする羽目になりますよ」
>という教訓話だと思ってる。
それはキミが勝手に、そう思ってるだけだと思うけど。
ここから中国人の得た教訓は、
「最期を潔くしても良いことはない。負けた奴はボロクソに書かれるだけだから、何があっても負けてはいけない」だし。

>儒教徒ならば一般常識ですけど。
儒教徒なんて言い方はしない。少なくとも中国と日本では。

>>101
>親孝行の為に褒美を貰おうとしたのなら、それは「善行」だろう。
もらった褒美を親孝行のために使ったら、悪事が帳消しになって善人だという評価になる、が正しい。
史記にそれは書いてないから、項羽の体を引き裂いた奴らは悪人って事だね。

>劉邦が如何に優れていたか、かつての敵にも愛情や憐憫を見せる何と素晴らしい人物であったかを強調する為に、司馬遷が筆を曲げて挿入した逸話だろう。
儒教を学んだ歴史家が、皇帝の指示で行われた葬儀を記すのに、何が「筆を曲げて」なのか。
わざわざ皇帝自ら葬儀を行うと言うことは、
秦を滅ぼして一旦天命を受けついだ項羽から、天命を受け継いでいるのが漢である
というアピールだろう。

項羽本紀が立てられている意味と俺が言ってるのをキミが頑として理解しないので、
言い方を変えて書くと、
司馬遷が、劉邦が直接秦から天命を受け継いでいると言う歴史観なら、
項羽は本紀に立てられているはずがない。
司馬遷が項羽を一切評価していないと言うキミの主張は、無理がある。
このレスの続きを表示(70件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【西楚の覇王】項羽について語るスレその1【匹夫の勇】
CRITEO