- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【西楚の覇王】項羽について語るスレその1【匹夫の勇】

104名無しさん@おーぷん :2016/01/23(土)19:58:12 ID:IoA
>>103
元々「天誅」という言葉が在ったように、「筆誅」という言葉は江戸時代の日本には存在したぞ?
で、当然、中国から歴史学とか儒教道徳を輸入した日本だから、中国では江戸時代以前から「筆誅」という言葉は存在した。
というか、史記の中にも出てくるだろ。

それはともかく、筆誅と春秋の筆法、わざわざ項を分けてまで語る必要性が在るとは思わない。
意味合いとして、そんなに大差が在る訳でもないし。

>それはキミが勝手に、そう思ってるだけだと思うけど。

「思う」で素人が勝手な事をほざかないで欲しい。

>ここから中国人の得た教訓は、「最期を潔くしても良いことはない。負けた奴はボロクソに書かれるだけだから、何があっても負けてはいけない」だし

そういう教訓も得ただろうな。
いずれにせよ、項羽を英雄と認めた訳ではないって事は確かだな。
「五体バラバラにされた惨めったらしい最期を遂げた、ただのアホ」と理解しただろうが。

>儒教徒なんて言い方はしない。少なくとも中国と日本では。

これまた無知すぎる。
ド素人が、一体何様の資格が在ってこういう嘘、デタラメを垂れ流してるのか?
例えば中国…
http://xw.qq.com/iphone/category/eff2afaf73d134f6ea9eb98ff373426c.html
>你们都是儒教徒,但孔子不是

タイトルからして「儒教徒」と使われている。
儒教には「学問的側面」と「宗教的側面」とが在り、宗教的側面の人々を指す場合、「儒教徒」が正しい。
春秋の筆法理論は元々(中国の)戦国時代くらいから存在したが、その概念が広まったのは漢の武帝が国教化して以降の話である。
従って、この場合は、漢の武帝と同時代人の、しかも直接董仲舒という根っからの儒学者の教えを受けている司馬遷の話をしていたのだから、「儒教徒」が正しい。
儒教を学問的に捉える人々が「儒学者」、宗教的に捉えるのが「儒教徒」である。

また、「宗教」という価値観も、近現代のそれとは意味が異なる事をあらかじめ注記しておく。
このレスの続きを表示(69件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【西楚の覇王】項羽について語るスレその1【匹夫の勇】
CRITEO