- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【おーぷんに来た人に】おすすめするスレを書く2

699名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)15:59:42 ID:aS6
キーワード
映画・詳しい解説

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514640967/
ワイが好きな・印象に残った実話を基にした映画を紹介する

5 :名無しさん@おーぷん :2017/12/30(土)22:44:16 ID:hPG(主) ×
【バスケットボール・ダイアリーズ】
・詩人として著名なジム・キャロルが少年期につけていた日記を映画化。
内容は学生時代にバスケットボール選手として活躍していたジムはヘロインに手を出してしまい同性愛者に体を売ってまでヘロインを買う様を描いている。

出演者たちは

ジム・キャロルを演じるまだ若くて可愛い
レオナルド・ディカプリオ

ジム・キャロルと同じバスケチームに所属し、ヘロインに溺れてしまう友人役
マーク・ウォールバーグ

よくわからん娼婦?役
ジュリエット・ルイス

内容的にはそんなたいしたこともないんやけど、ディカプリオがまだ初々しいながらヘロイン中毒者を好演してる。
薬に手を出すとろくな目に合わないことが伝わってくる。
薬欲しさに犯罪に走るほどになったりなどその依存度たるや恐ろしいわね
そしてこの映画で有名なエピソードの1つでコロンバイン高校銃乱射事件との関連。(コロンバイン高校銃乱射事件はwikiなどで見てね)
この映画で主役が妄想で学校の教師などに銃を発砲し殺害していくシーンがあるのだけれど、コロンバイン校銃乱射事件の犯人はこれを見て真似し犯行に及んだ言われている。
誰しもそういう妄想はするけど、実際にやるのはなぁ・・・
ともかくまだ初々しいディカプリオとマークが見れて、薬の怖さが伝わるディカプリオの熱演は見応えあり。



このレスの続きを表示(251件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【おーぷんに来た人に】おすすめするスレを書く2
CRITEO