- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

神智学 グルジェフ エソテリシズム

1AKW:2015/10/25(日)03:51:38 ID:Ie9()
覚醒 変成 エソテリシズム etc
27AKW :2017/05/07(日)05:41:38 ID:tjp
十字架は人間の肉体の象徴であり、十字架上の薔薇とは三本の釘で肉体に固定された人間の魂を意味している
霊的な本性は、磔の「釘」で象徴される各点で、物質的な肉体に付着してるが、霊的な世界すなわち真の「薔薇十字の神殿」で行われる三つの錬金術的な密儀参入儀礼によってこの釘を引き抜き、人間の神的な本性を十字架から降ろすことができる
彼らは、「溶けた海の鋳造」、「薔薇のダイアモンドの作成」「哲学者の石の達成」という三つの錬金術的な隠喩によって、人間の霊性が解放される過程を隠した
神秘家は「コンフェッシオ・フラテルニタティス」から次の重要な一説を引用する
「幾度となく無価値な人々が現れて、騒ぎ立てるかもしれない。しかし神は、かれらの言うことには耳を貸してはならないと命じ、下僕たる我々に害が及ばないように雲で包んだ。そのため鷲から力をかりないかぎりわれわれは、人間に見えることはない。」
神秘主義において鷲は、密儀参入の象徴(脊髄の「霊の火」)であり、目覚めていない人が「薔薇十字の秘密結社」を見ることはできないことになる

THE SECRT TEACHINGS OF ALL AGES
By MANLY P. HALL
28AKW :2017/05/07(日)11:19:44 ID:DvV
http://youtu.be/UPhL0WkFTmo
http://youtu.be/oSsLsnsJ-5I
http://youtu.be/U1RU1xCe_bw
29AKW :2017/05/14(日)15:33:12 ID:rRY


30AKW :2017/05/14(日)15:34:43 ID:rRY


31AKW :2017/05/14(日)15:36:01 ID:rRY


32AKW :2017/05/21(日)08:13:32 ID:VpY


33AKW :2017/05/21(日)08:28:24 ID:VpY


34AKW :2017/05/21(日)14:30:22 ID:9gy
http://youtu.be/NPAfi6fbvTk
http://youtu.be/kOGcd19soPw
http://youtu.be/2uOVDvzMtsY
http://youtu.be/eYJGC3o1zLs
35AKW :2017/05/21(日)14:51:54 ID:9gy
この「露」は、とくに浄化された容器によって集められないとすべての力を失ってしまった
ある古代の錬金術師は、四枚のガラス板と、全く汚れのない状態作られた麻布を勧めた
浄化された容器、汚れのないガラス板、そして麻布は、もちろん錬金術師の再生した肉体に関連している
彼は、いわば自らの内側を浄めることにより、宇宙の溶剤を見出す権利を得たのである
哲学者たちはまた、この神秘的な「露」が救われた者の心臓に下り(洗礼)、人はそれによってすべての神秘を理解する能力を得ることを明らかにした
それゆえ「露」はまた真理と呼ばれた
Man, The Grand Symbol of the Mysteries
36AKW :2017/05/21(日)16:46:46 ID:Aet
http://youtu.be/Z2hNUy4LjJM
http://youtu.be/KTHPLstdznE
http://youtu.be/V4nRu1tps7Y
http://youtu.be/bgqLrALL6d4
37AKW :2017/05/21(日)17:31:09 ID:Aet
イエス自身が本来、後に自分自身の生涯と混同されることになる宇宙的活動を寓喩として提出したということはありえないことでない
クリストス(Χριστος )がすべての古代民族によって尊敬された太陽の力を示していることは否定できない
イエスがクリストスという名と人格のもとにこの太陽の力の本性と目的を明らかにし、それによってこの抽象的な力に人間神の属性を与えているとすれば
彼は以前のすべての「世界教師」によって整えられた先例に従ったにすぎない
「神性」のすべての性質を授けられたこの人間神は、すべての人間に内在する潜在的な神性を意味する
地上の人間は、この神的な「自己」との和解によってのみ神となる
不死の「自己」との結合が不死を構成し、真の「自己」を見つける者はそれゆえ「救われる」のである
このクリストスすなわち人間のなかの神的な人間は、人間の救済への真の希望であり、
抽象的な「神性」と死すべき人間のあいだの生ける「仲介者」である
アテュス、アドニス、バッコス、オルフェウスがたぶんもとは啓示を受けた人間であり、
後に彼らが神的な力の化身として創造した象徴的な人物と混同されたように
イエスはその驚異を説いたクリストスすなわち人間神と混同された
クリストスはすべての人間に閉じ込められた人間神であったので、
密儀参入者の第一の義務は、自己の内にあるこの「永遠なるもの」を解放する、
すなわち「復活させる」こととであった
自分のクリストスと再合を果たした者は、その結果クリスチャンすなわち洗礼を受けた人と呼ばれた
38AKW :2017/05/21(日)18:37:44 ID:GO8
http://youtu.be/C93Fb4PC4fo
http://youtu.be/-XFAW93jLgk
http://youtu.be/vh2mjatusvo
http://youtu.be/FRBN2gagfGQ
39AKW :2017/05/27(土)23:26:56 ID:K9i





40AKW :2017/05/28(日)11:34:21 ID:XYQ


41AKW :2017/05/28(日)11:35:35 ID:XYQ


42AKW :2017/05/29(月)03:23:26 ID:xRQ


43AKW :2017/05/29(月)06:10:39 ID:jl3


44AKW :2017/05/29(月)06:34:23 ID:jl3
http://youtu.be/TgvylDc2AUc
http://youtu.be/vJyksLUaUys
http://youtu.be/xIWaI1IWpTg
http://youtu.be/cGX-sZy2NyM
45AKW :2017/05/29(月)13:53:42 ID:gFv


46名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)19:56:59 ID:Sc0
>>45



47AKW :2017/05/30(火)00:02:43 ID:OZN
Adam Kadmon
テトラグラマトンを垂直に配置している
48AKW :2017/06/03(土)11:00:49 ID:Jgn


49AKW :2017/06/03(土)11:04:04 ID:Jgn


50AKW :2017/06/03(土)19:02:36 ID:V3b
スーフィーたちによれば、人類の目標とは、人間性の必要不可欠な部分を再生することにあるという
人間がその本質から分離してしまったことが、不調和と不満の原因になっている
人間の探求とは、不純物を純化しその金を活性化させることである
これを遂行する手段は人間の内部に見出せる、つまりそれが哲学者の石なのである
石にあたるアラビア語の単語は、「隠された、禁じられた」という単語と関連している
したがって類音(アゾナンス)を使うというスーフィーたちの間の一般的な法則に従って、石の象徴が採用されたのである
石、即ち非常に生命力豊かな隠されたものは、西洋ではアゾートとも呼ばれている

ラティーファは、身体上で仮説的な物質としての位置__その力もしくはバラカが最も強くはっきりと示される中枢(センター)であると一般的に考えられている位置をあてがわれている
ラティーファは、理論的には「霊的知覚の初期の器官」であると考えられている
ラターイフの活性化に関わっている部位は次の通りである
大いなる自我は丹田にあたる
心は心臓のある部位にあたる
霊は心臓の位置の反対側に、秘密のラティーファは心と霊のちょうど中間にある
神秘的なるものは額にあり、深く隠されたものは脳内にある
51AKW :2017/06/03(土)19:36:31 ID:V3b
http://youtu.be/LoAQaRkXaDY
http://youtu.be/OzkcWhVEWH4
52AKW :2017/06/11(日)09:22:18 ID:mCv
http://youtu.be/MI0LxEhFuRg
http://youtu.be/cJGkL7vzU8U
http://youtu.be/EUqIIw_QBLI
http://youtu.be/KWH70gLBib8
http://youtu.be/WkAoLrII0Pw
53AKW :2017/06/11(日)09:26:30 ID:mCv


54AKW :2017/06/11(日)09:27:14 ID:mCv


55AKW :2017/06/11(日)10:14:52 ID:mCv
自然の外なる底無しのなか、永遠のもとにおいては本体のない静寂あるのみ、在らしむるものは何ものもなく、永遠の静けさ
それと等しいものはなく、はじまりもおわりもない底無し
目的もなければ、場所もなく、求めることもなければ、見出すこともない
この底無しは、目に等しい
それは、自己自身の鏡であって、生成のいとなみもなければ、また光もなく、闇もない
Jakob Böhme

カバラでは、「超越神」としての「神」は「エイン」と呼ばれる
「エイン」はヘブル語で「何もない」を意味する
「神」は「存在」を超えているからである
「エイン」は上にも下にも存在しない
運動の中にも静止のなかにもいない
「エイン」の存在するところはどこにもない
「神」は「絶対無」なのである
56AKW :2017/06/18(日)14:15:23 ID:gvn
「エイン」(隠されし者のうち最も隠されし者)
  ↓
「エイン・ソフ」(あらゆるところに存在する神の名号)
  ↓
「エイン・ソフ・オール」(空虚をとりまく無限の光)
「在りて在るもの」
アツィルト
ブリアー
イェツィラー
アッシャー

「隠されし者のうち最も隠されし者」が自らを現わそうと欲したとき、まず初めにひとつの点を創った
その「無限者」はこの光輝く点が狂暴に光のなかに入ってくるまでは、全く知られることもなく、いかなる光も発しなかった
57AKW :2017/07/01(土)19:38:07 ID:coY
キリストはアダムとなった
しかし、引き裂かれ分裂したアダムではなくて、乙女のアダム
つまりねむり以前のアダム
Jakob Böhme

人間はミクロコスモスである
天地創造はマクロコスモスである
----結合
万物は、一なる者から生じる
観想の力を結び合わせることによって、一切を手にいれることができる
この精髄(エッセンス)、先ずは肉体からから分けられ、次に肉体と結び付けられなければならない
これが「業」である
汝自身から始め、万物で終われ
人間以前の、人間を超えた、変容

心(カルプ)という語は覚醒されねばならない器官の解剖学的部位であると考えられるかもしれない
その位置は、通常では心臓の鼓動がある左胸の部位に定められている
スーフィーの信仰では、この器官は、「探求」もしくは「作業」に関わる、初期の主要な内的知覚を司る座であると考えられている

この器官やその他の特定の器官の完全な覚醒がワラヤット クブラー(walayat-i-Kubra)に先立って生じる
ワラヤット クブラーとは、スーフィーの目標である、他のシステムにおける悟り(illumination)に相当する
58AKW :2017/07/01(土)20:37:26 ID:coY


59AKW :2017/11/26(日)14:51:23 ID:xwT
http://youtu.be/7iaa1LXOwNg
http://youtu.be/rXjUyTIcbIE
http://youtu.be/_K1W4GeTQCA
http://youtu.be/uVsfzprO7zs
http://youtu.be/qLqiz1DdPzM
60AKW :2017/12/02(土)17:01:10 ID:8Xa
http://youtu.be/iRtT_xUj-0A
http://youtu.be/kVZdEvvazWk
http://youtu.be/5i3ZKXKctbI
http://youtu.be/jFkxPgWGzbA
61AKW :2017/12/02(土)17:08:37 ID:8Xa


62AKW :2017/12/08(金)00:53:48 ID:A4E
http://youtu.be/dwC35znyyBY
http://youtu.be/1bQuj7UFews
http://youtu.be/aX_pDFUAhZ8
http://youtu.be/ubmOt_fJQGU
63AKW :2017/12/15(金)11:17:50 ID:q4W
http://youtu.be/h9bqficwSio
http://youtu.be/EA0MGhBi6Tg
64AKW :2017/12/15(金)11:19:27 ID:q4W


65AKW :2017/12/16(土)16:38:57 ID:277
イスマーイール派の教義は、グノーシス主義や新プラトン主義のような隠れた知を強調した、前イスラーム的信仰体系の影響を受けている。
誰にでも可能なクルアーンの外部的な解釈と、イマームだけが知ることのできる秘教的な内的真理を区別している。イマームは神からの包括的な知を与えられることから、次代のイマームは現イマームの指名によって継承される。
また、イスマーイール派は7代目イマームから始まったことから、7を象徴的な数字として特別視する。イスマーイール派の世界観では、歴史は7000年周期で循環し、各周期は預言者や仲介者の出現によって始まるという。
イスマーイール派の信徒は、自らの信仰を意図的に隠すことを実践している。金曜礼拝はモスクではなく、ジャマーアト・ハーナと呼ばれる集会所で行われる。(wiki)

「これこそが、偉大で内的に正統な宗教が、そのドグマ、儀礼、その他のシンボルを通して、
モスレムのエソテリスムにおいては「心の目」と呼ばれる霊的器官である智の目からは、直接に知られるすべての真理を表現する手段として役立ち得る理由である。」
――「諸宗教の超越的一致」序文
https://twitter.com/Frithjof_Schuon
http://youtu.be/4zeJYM_G1Ok
66AKW :2017/12/29(金)05:04:36 ID:jbj
http://youtu.be/acMZeOtfaZg
http://youtu.be/tyJueQTtu9M
67AKW :2018/01/05(金)16:22:17 ID:5ut


68AKW :2018/01/14(日)11:25:45 ID:kOb
しかしながらいうべきことがある。このように表現することが許されるならば、服従を要求する神は彼自身何かにしたがわなければならない。
従う神は、ヴェーダンタ学派のいう「至高でない」(アバラ)ものである。彼は既に幻影の中に含まれている。従うべきものを持たない神は、
服従を要求しない。そしてこれは「至高の」(バラ)神性、「無限定」(ニルグナ)本質である。神は彼自身の本質に対してのみ従うことができる。
神が彼の外に位置していると想定される何かに従うというのは問題にならない。

二つ命題がヴェーダンタ的思考支配し要約する。「世界は虚偽でありプラフマンが真実である。」「汝はそれである」すなわち、プラフマンあるいはアートマンである。
第一の命題においては超越の観点、第二の命題においては内在の観点。

Frithjof Schuon 「形而上学とエゾテリスム」漆原健 訳 
69AKW :2018/01/21(日)17:12:45 ID:lBl
http://youtu.be/ngTapaVMWkQ
http://youtu.be/khT5PwEtiVM
70AKW :2018/01/28(日)03:14:37 ID:8Gf


71AKW :2018/01/28(日)03:20:18 ID:8Gf


72AKW :2018/01/28(日)03:26:06 ID:8Gf


73AKW :2018/02/03(土)23:46:50 ID:syX
松果腺
http://retirementaustralia.net/ryosei_kukan/2015-07-07/1259.html
神智学入門
http://kuboakoru.web.fc2.com/sintigakunyuumonn.html
ナクシュバンディー教團の修行法について
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/153895

復活の時に至るまでの大隠蔽の時は、知られざる神的現存の時である。そしてそれが不可知であるゆえに、それは一つの対象、ものとなることがなく、また精神的なもののあらゆる社会化を拒んでいる。
それゆえに神秘的諸階層の構成員たちは不可知ままでいることになるのである。(アンリ コルバン)
74AKW :2018/02/04(日)00:21:34 ID:eRZ
http://youtu.be/34NRN8U4NF0
http://youtu.be/zaBuXWIzl2E
http://youtu.be/GwD8aS8ZtkU
http://youtu.be/nd-2zeDQf3c
http://youtu.be/ZxGbupOPwvc
75AKW :2018/02/10(土)01:15:32 ID:Neq
http://youtu.be/nzGEsLIQI9c
http://youtu.be/Y7JV3FT1XIM
http://youtu.be/2Lv_qg9iKtA
http://youtu.be/WAB7cpkbE6A
http://youtu.be/bgqLrALL6d4

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





神智学 グルジェフ エソテリシズム
CRITEO