- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

テレパス専用情報スレ

※ID非表示スレ
36名無しさん@おーぷん :2016/11/09(水)22:53:11 ID:???
つづき

地上世界における「テレパシー現象」――ごく稀な地上人同士のテレパシーでの交流
霊界で霊と霊が行っているテレパシーによるコミュニケーションは、地上人同士の間でも可能です。ただし、それは霊界人同士の何百分の一程度のものです。
地上人は肉体に覆われているため「テレパシー能力」(*特に受信能力)が大幅に低下しており、ごく一部の特殊な霊能者を除いてテレパシーを受信することはできません。
地上人同士の間にテレパシーによるコミュニケーションが成立する場合、両者を結ぶ“霊的パイプ(霊的絆)”は霊界サイドにつくられます。この霊的パイプを通じて、思念や感情が離れた所にいる相手に届くようになります。
霊界人と違って地上人のテレパシー能力は低く、テレパシーによって明瞭にコミュニケーションを取ることは不可能です。しかしそうした状況下でも、地上人の多くが程度の差こそあれ、テレパシーを体験しています。
愛の絆で結ばれた友人・夫婦・仲間の間では、お互いが同じことを同時に考えていたというような出来事がしばしば発生します。「そうそう、私も今、全く同じことを考えていた」というような体験をします。
また、ある人のことを思い浮かべると、離れた所にいる相手が、同じ時間に自分のことを思い浮かべていたというようなことも起こります。これらは低次元のテレパシー現象なのです。
※地上人の場合、テレパシー現象とよく似た「感応現象・共鳴現象」が肉体次元において発生します。一人の人間があくびをすると、近くにいた人が無意識にそれに連動してあくびをするといった現象です。
“いやに眠くなった”と思っていたら、横にいた人が居眠りをしていたというようなこともあります。
また、近くにいる病人の肉体の苦しさや重さが伝わってきて、突如自分の肉体が重苦しくなってしまうようなこともあります。
こうした肉体次元の「感応現象・共鳴現象」は、物質次元・半物質次元のオーラが相手に伝わって引き起こされるものであり、ここで説明しているテレパシーとは異なるメカニズムによって発生する現象です。
このレスの続きを表示(31件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





テレパス専用情報スレ
CRITEO