- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

た こ や き ん ぐ だ む

1素顔同盟■忍法帖【Lv=9,バブルスライム,MmL】◆NEXT6.1/YQ:2016/01/13(水)03:35:54 ID:JQF()
特に意味はない
2忍法帖【Lv=1,おおくちばし,zWl】 :2016/01/31(日)23:44:10 ID:YIl
どれ
3名無しさん@おーぷん :2016/11/14(月)22:47:04 ID:0wg
たこやき助之進は越前たこ焼きの相模屋32代当主である
今日も今日とてたこやきをやくのだ
32連串の使い手で32個一気にひっくり返す
だがたこの入れ方に癖があり不揃いな大きさのたこを適当に入れるのを好む
助之進きっての技はソースのせである
舟のはしっこにあるたこやきの絶妙なのりぐあいが芸術的で天才の技といわしめているのだ
4名無しさん@おーぷん :2016/11/15(火)20:09:47 ID:Ojb
たこやき左衛門之丞はこのたこやき舟の大名主で3たこ入りである
ソースののり削り節ののりともに申し分ない
一の子分である2たこ入りの弥平のソースののりの甘さを罵っている
端っこにいるのは生地が少なくて無駄に膨れてつぶれてしまったうっかり正太
個性的な面々が勢ぞろいしたこのたきやき舟も出立の秋がやってきた
たこやき左衛門之丞は威勢よくまくし立てたのである
「やろうどもっいくぜっ」
「「「「「がってんでぃ」」」」」
5名無しさん@おーぷん :2016/11/16(水)10:24:08 ID:JYe
やあどうも転がり続けるたこやきです
今日は岩場の多いところを転がってて体中が痛みます
はやく舟にのりてえ
6名無しさん@おーぷん :2016/11/17(木)09:46:56 ID:efD
隣のたこやきがでぶっくてさ
窮屈なのとっても
とっても窮屈なの
まったくソースも独り占めしちゃってさ
とっとと食われろよな
7名無しさん@おーぷん :2016/11/18(金)10:26:23 ID:QWg
右からやってくるたこやき
左へ去ってゆくたこやき
右から左へぐるんぐるん
回転たこやきなんざあ流行らねえよ
8名無しさん@おーぷん :2016/11/19(土)09:11:51 ID:WyP
たこやきを喰らわば舟までたあよくいったもんよ
9名無しさん@おーぷん :2016/11/20(日)09:46:38 ID:zTN
右端の列で焼かれているたこやきが中央の列で焼かれているたこやきより火力が弱いとかいって騒いでいるけど
このたこやきき人間国宝たこやき名人蛸森貞安の手による1列うん十万するものなんだよ
どのコマでも均一に火が通ると定評がある一品だよ
たこやきの分際でなまいってんじゃねえ
10名無しさん@おーぷん :2016/11/21(月)09:46:05 ID:92S
少し前にできたちょこっとたこやき
1舟にたこやきが3つがひしめく
大好評だったらしく調子にのっておひとりさまたこやきの登場とあいなった
ちっさな1舟にたこやき1つが鎮座する
12個入りの端っこの身としてはとってもうらやましい
11名無しさん@おーぷん :2016/11/22(火)09:41:21 ID:R1g
たこやきころがしの名人に転がされたエリートたこやきとしては
ぽまいらに同情を禁じ得ない
たこやきころがしの名人に転がされずに食されるなんてな
  っぷっ
12名無しさん@おーぷん :2016/11/23(水)11:12:14 ID:EQP
脂を塗り込まれて喘ぐたこやきプレートにしけた面だぜと悪態つきながら転がされていると
もののはずみでプレートからこぼれて転がっちまったへたくそ野郎目と毒づいていると
テーブルから落ちて排水溝へまっしぐらしけたたこやき生だったぜと自噴していると
3秒ルールとか叫ばれながらたかやきプレートに戻された
まったこやきやってれば何が起こるかわからねえもんよ
13名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)11:11:30 ID:ggo
この舟のはずれにとっても美人さんのたこやきがいるらしい
身動きとれねえしここからは遠くて見えねえ
つまようじを突き立てられお口に運ばれるときに拝めるかどうかだな
っておい落として捨ててんじゃねえよ
なんだよたこやきの使命を全うさせろよー
14名無しさん@おーぷん :2016/11/25(金)09:35:36 ID:xVw
おれっちは10個入りの端っこなんだがシングルたこやきがうらやましくてしようがない
自分専用の舟に乗ってしかも女子校生のお口に消える可能性が高いときやがる
こちとらむさくるしいおやぢにはふはふされるのが関の山だってのによ
下手すりゃあ食べ残しで廃棄だぜ
ゴミ箱の中で過ごす余生もまた一興てか。。。ないね
15名無しさん@おーぷん :2016/11/26(土)11:21:27 ID:Kzh
俺は青のりが嫌いだ
性に合わねえんだよ
なのにやっこさんこの俺にこの俺にだよ
青のりぶっかけてんの
センターにいるからよけようがねえじゃんよ
せっかくの削り節がだいなしだあ
16名無しさん@おーぷん :2016/11/27(日)10:23:21 ID:2Ay
ちょっとちょっと俺さっきから転がされてないんだけど
片方だけ焦げそうなんだけど
どうすんのさー
すてんなよー
たのむよー
ころがしてよー
17名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)09:17:47 ID:oRN
ちょっと店主ー
とっとと売ってくれよなー
ふやけちまって体も冷えてきたの
18名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)09:22:21 ID:oRN
おれがむかしー たこやきだったころー
マッコールはー でげでげだったー
わかるかなー わかんねーだろーなー
19名無しさん@おーぷん :2016/11/29(火)08:55:33 ID:VQF
あしのまろやにたこやきんぐだむ
20名無しさん@おーぷん :2016/11/29(火)09:49:11 ID:VQF
舟はいいよねえ
経費節減でプラ容器にぎうぎうづめにつめられてるの
お隣さんと押し合ってまん丸野郎だったのに四角野郎になってるの
量産型の宿命だね
世にひとり舟のあるを聞いて涙がちょちょぎれらあな
21名無しさん@おーぷん :2016/11/30(水)07:54:19 ID:sbU
ソースきたー
けずりぶしもきたー
マヨネーズかよけずりぶしより先じゃね
考えろよなー
って食されたわ
はやっ
22名無しさん@おーぷん :2016/12/01(木)09:47:50 ID:wPO
おいらははぐれたこやき
走るお子様が手に持っていた舟から転がり落ちたのさ
犬さんなり猫さんなりに食されて使命を全うしたいのだが
アリさんに少しずつ削られてるの
ソースに絡められて自滅するアリさんに追悼の意を表明しつつ巣へと運ばれてるの
23名無しさん@おーぷん :2016/12/02(金)09:13:02 ID:wFs
青のりまぶされけずりぶしがやってきたけどのりのりで踊ってやんの
せっかく青のりがいるんだからあおのりあおのりぐらいにはしろよな
24名無しさん@おーぷん :2016/12/06(火)10:42:26 ID:JH1
冥王星の影に隠れてわからなかったけど太陽を周回しているたこやきがあるらしい
まさにたこやきんぐ
25名無しさん@おーぷん :2016/12/07(水)11:17:30 ID:mh8
等速直線運動でお口に突入するたこやきvs放物線を描いてお口に突撃するたこやき
あなたはどっち
26名無しさん@おーぷん :2016/12/08(木)10:33:59 ID:MBe
失われたたこやきをもとめて全国を旅しているたこやき旅団の団長が
明石焼きの名店でサイン会を開いていると店の前を足早に通り過ぎるたこやきを見かけたらしい
けどサインに忙しくて追えなかったのだって
本末転倒だよね
27名無しさん@おーぷん :2016/12/08(木)10:35:32 ID:MBe
らっすんごれらいたこやきしてね
28名無しさん@おーぷん :2016/12/09(金)08:57:47 ID:q6Z
舟の端っこはソースののりが悪いかどでいじめられやすいので避けたかったのだが
端っこになっちまった
かんべんしろよなーとは思っていたがソースぬりの名人様はきれいにまんべんなく塗り上げた
へへっ
29名無しさん@おーぷん :2016/12/10(土)11:45:38 ID:j58
テメエの青のりのりがきにいらねえといちゃもんをつけてきた
隣のたこやき銀二がたこをとばしてきてめでたくおいらは2たことなった
敵意があだとなったな
30名無しさん@おーぷん :2016/12/11(日)10:17:28 ID:2Ei
いやあすまんね
シングル舟にのるのが決まりました
ひれふしてもいいのよ
うひょーうひとりで独占だぜ
願わくはいたいけな少女の口へと運ばれますように
っておいハエが止まって廃棄とかねえわ
どうすんだよ
おい
31名無しさん@おーぷん :2016/12/11(日)14:38:44 ID:7v7
なんだなんだ?
32名無しさん@おーぷん :2016/12/12(月)11:32:09 ID:hx2
プラ箱でふたしめたまま長いこと放置しやがるから体がふやけちまったい
うしろはお隣とくっついちまってるしさ
削り節は水滴にまみれてへろへろだしさ
どうせならもっといい状態で使命をまっとうしたいよね
33名無しさん@おーぷん :2016/12/13(火)13:29:24 ID:fWx
ひとり舟にのったたこやきたちはみな口をそろえてソースの塗りの甘さを指摘する
ケチってねえでたっぷりかけてほしいのだ
せっかくのひとり舟なんだしよ
34名無しさん@おーぷん :2016/12/14(水)09:07:22 ID:ZkI
ゾリンゲンの串でご機嫌に転がされているとお子様たちが興味深げにじっと見ている
もっと見てくんなこの俺の転がりざまをよ
いい焼け具合だろ
おいおい焦げができてんぞ油たりねーんじゃね
とんだけちがついちまったがおいらはふたたこだ
まだまだすてたもんじゃねえぜ
35名無しさん@おーぷん :2016/12/15(木)09:45:36 ID:h2v
俺はむかしーたこやきだったけどー
今もたこやきだー
てんきゅ
36名無しさん@おーぷん :2016/12/16(金)12:23:28 ID:zhx
紅ショウガでほっぺが真っ赤になった隣のたこみに見とれていると
舟にのせられソースの洗礼を受けた
たこみとは今生の別れになるがほっぺの紅しょうがは忘れないよ
ぐっばいたこみ
おれあおくちへと旅立つぜ
37名無しさん@おーぷん :2016/12/17(土)10:33:57 ID:VQS
明石焼きの銀二は当然だし汁につけられて食されると思っていたら
ソースをかけられてしまったかつをぶしに青のりまで
「こちとらあかしやきでえたこやきなんぞといっしょにすんない」
威勢よく啖呵をきってみたものの届くはずもなく
ためしにたこやき風に食されたのであった
38名無しさん@おーぷん :2016/12/18(日)10:56:31 ID:Dlg
たこやき貞助は開店と同時に使命を受け多くのギャラリーの前で転がされ舟へと配置されたのだったが
もう夕方になるというのにいまだに舟の中でくすぶっている
体もすっかり冷えきって使命を全うできずに処分されるのを覚悟していたら
秋はきた
かわいらしい声の持ち主のおくちへと運ばれることになったようだ
うれし涙でびしょびしょになってしまったがちんされれば復活できるだろう
たこやき貞助は姿勢を正して最後の秋をまつのであった
39名無しさん@おーぷん :2016/12/18(日)17:42:51 ID:2cr
ふすはー
40名無しさん@おーぷん :2016/12/19(月)10:20:13 ID:X1Y
新進気鋭の前の善兵衛は舟の中央で削り節を器用にくねらせていた
羨望のまなざしを一身に浴びこの世の栄華を謳歌している
だがそんな彼にライバルが登場する
舟の端にいたありきたりの玉助である
前の善兵衛よりソースののりがよく削り節もはしっこのわりにいきがいい
ふっ話にならんなと善兵衛は削り節をより器用にくねらせた
ありきたりの玉助が一番最初におくちに運ばれると
前の善兵衛はショックで卒倒してしまった
はしから平らげるタイプだったのだ
41名無しさん@おーぷん :2016/12/20(火)11:18:21 ID:DY8
一世を風靡したロックグループローリングたこやき
ワールドワイドなアイドルたこやきヒーハー
そしておいらはたこやきラッパーなんだYO
舟での配置からしておいらは最後の方になるのは間違いない
おくちにはいるまでおいらのラップ聞いとくれ
っていちばんかよ
っていちばんかよ
42名無しさん@おーぷん :2016/12/20(火)11:27:15 ID:DY8
たこやきランチャーのスコープをのぞき込み目標を追跡する
「よーしいいこだ」舌なめずりしてたこやきを発射様子を伺う
さまよえる関西人が現れたので誠意を見せろと寄ってくるのをたこやきで目を奪い
そのすきに逃げる作戦だ
たこやきはもくろみ通りさまよえる関西人の視界に入った
いまだっにげろっ
43名無しさん@おーぷん :2016/12/21(水)16:42:48 ID:LJB
なんかたまたまソースののりも青のりののりも悪いだけなのに
たこやきの風上にも置けねえ野郎だとか罵られてるの
こっちは端っこで風下でしかたねえじゃんよ
とか返すとやだやだひらきなおっちゃったよとかいってんの
もう好きにしなせえ
ほらようじはおいらのところにきた
あばよ
44名無しさん@おーぷん :2016/12/22(木)10:19:17 ID:nT6
けちな店主のせいで狭い舟に4列縦隊で詰め込まれてます
ぎうぎうのきっちきちです
まんまるたこやきだったのに四角六面の四角野郎になってます
ソースが接着剤みたいになっちゃってお隣とぴっちりくっついてます
焦げ目もまんまる具合も最高だったのに
こんな仕打ちが待ち受けていたとは
とほほ
45名無しさん@おーぷん :2016/12/23(金)11:31:34 ID:DbX
なんだよー
紅ショウガが切れて補充したのはいいけどさ
なんでおれっちとばされてんのさ
紅ショウガなしだよ
っまるんだよねー
たこちぇるしたかったのによー
46名無しさん@おーぷん :2016/12/24(土)18:10:56 ID:hb1
たこみとみっちり体が密着してるのだぜ
だがしかし満員電車でぎうぎうで密着してもうれしくないのと同様嬉しくないと思うじゃん
ところがどっこいたこみの隣でひときわ湯気を放っているのがこのおれっちだ
嬉しくてとろけそうだがとろけるのはお口の中でだな
47名無しさん@おーぷん :2016/12/25(日)11:01:48 ID:QgU
たこすけがソースののりが中途半端だといじめられているらしい
すくいに行きたいところだが舟にのってるみゆえ身動きがとれない
転がされていた頃は隣にいたいわゆる幼馴染ってやつ
湯気を出さずに内にため込みたこをたこすけめがけて射出してみた
たこすけがふたたこになればみんな一目置くだろうという計算だ
んがしかしおいらのたこは舟の外へ消えたのであった
48名無しさん@おーぷん :2016/12/26(月)23:00:30 ID:8la
小惑星帯にひしめくたこやき船団を探知したさまよえるたこやきのサマヨエルは
探知しなかったことにして別方向へ進路変更した
さまようことが使命であるからである
49名無しさん@おーぷん :2016/12/27(火)14:32:55 ID:pW8
10連たこやきプレートのど真ん中のたこやきホールで生まれるのが
たこやききんぐとたこやきくいーんである
今ご機嫌に転がされているのは今日の33代目の王たこすけである
いまたこがはいり玉となった
入たこの祝言が乱れ飛ぶ
焼き加減もばっちりで舟へと乗り込んでいった
お祝いの言葉も冷めやらぬうちの玉の出陣であった
50名無しさん@おーぷん :2016/12/28(水)11:11:23 ID:DpN
端っこの権三は拗ねていた
転がすのを忘れられ下半分が焦げてきているのだ
湯気を派手に出して自己主張はしているのだが残念なことに届いてない
このままでは廃棄処分だなあとあきらめかけていると串がきた
たすかりますようになむなむ
転がされて焦げ目をさらされると串が止まった
そのままおくちへと運ばれたのであった
使命を全うできた権三の目に涙が光っていたのは内緒だ
51名無しさん@おーぷん :2016/12/29(木)18:51:58 ID:xgX
さすらいのたこやきジョーは背中に真っ赤な紅ショウガを背負っている
たこやきホールに足をかけブルースを口笛で吹いている
ねぎましましで焼き上がりもよくまわりの女たちが黄色い声をあげている
鰹節ましましな以外は取り柄がない半焼けの平蔵はやれやれとつぶやくしかなかったのである
52名無しさん@おーぷん :2016/12/30(金)10:34:57 ID:W2a
ギャラリーに一番近い6つのたこやきホールにいるのが人気ユニットたこっぷである
一番右のは追加されたお品書きの影になったので早々にユニット離脱を宣言していた
このたびお品書きにできあがりの写真をいれるとかで残りの5つも影になることが判明したのだ
たこっぷは解散となるがメンバーそれぞれの活躍が期待されている
53名無しさん@おーぷん :2016/12/31(土)11:17:46 ID:D5W
隣で焦げ目が周りより多めになっているのが3秒ルールのたこへいである
転がされながら姿を消したと思ったら「3秒ルール3秒ルール―」の呪文とともに復活を果たした
巷ではたこへいがいつ旅立つのかのわだいで持ちきりなのだ
楽しみにしていたがおいらのほうが先に出番が来た
果たせるかなたこへいの運命や如何に
54名無しさん@おーぷん :2017/01/01(日)11:55:50 ID:1B3
転がす奴下手すぎ
交代を要求する
隣の奴はへこんでるしおれっちはせっかくいい殻ができたのに穴あいて実がもれちまった
新年第一号の舟にのれると張り切ってたのに
かんべんしろよなー
55名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)20:13:32 ID:9MQ
かつて一世を風靡したたいやきにあやかって転がしやと喧嘩して海に逃げ込んでみたけど
おぼれるばかりで泳ぐ間もなく魚のえさとなったのであった
おぼれたこやきくんである
56名無しさん@おーぷん :2017/04/05(水)11:03:07 ID:BJ4
たこやきキャッチャーのひな壇で湯気をくゆらせアピールしているのだけどなかなか串にささらない
ここで売れ残るとフライドたこやきキャッチャー行きなのだ
ありえません勘弁して下せえ
ほらはよはよ
57名無しさん@おーぷん :2017/04/06(木)13:29:05 ID:TFb
鰹節にのったソースがとがったヘアな感じを醸し出しているリーゼントたこすけ
たっぷりのったソースをかえすヘラでてっぺんだけ持ってかれたザビエルたこはち
そしておいらがソースも鰹節も載せてもらえなかったつるつるたこへい
たこやき三兄弟ただいま乗船

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





た こ や き ん ぐ だ む