- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

蛇神信仰についてなんだかんだ

1名無しさん:2014/03/26(水)01:36:18 ID:zfP5qGZxw()
巳さん、弁財天、宇賀神、 軍荼利明王 、八大龍王、ヤマタノオロチ、
九頭龍、大権修理菩薩、七面天女、清瀧権現etc

各種蛇神信仰周辺について。
(なお蛇、竜、龍は、しばしば信仰者の価値観で呼称使い分けられるが
単に字面変えてるだけで実際は蛇信仰のことも多い。
たとえば八大龍王は梵語ではナーガ、コブラのことですし)

金属質の質感の鱗を持つことから、小判を連想させ、金運御利益で信仰されていることが多い。
あとは水神としての側面から豊穣や治水なども古来から。
 
+0
-0
2名無しさん :2014/03/26(水)01:54:46 ID:HIGHHxuCv
奈良の大神神社とか。
3名無しさん :2014/03/26(水)22:16:12 ID:bKdjM5m6M
夜刀神なんかが良い例なんだが
蛇神が必ずしも水神と結びつくとは限らないと思う
ここを良く考えない人が専門家の中にも多いんじゃないかなと思う
4名無しさん :2014/03/26(水)22:23:54 ID:HIGHHxuCv
もちろん民間信仰的だから
いろいろな事例があるわけだが

夜刀神が蛇神なんて信仰あんの??
はじめて聞いた
5名無しさん :2014/03/28(金)04:22:50 ID:jL5m2Y70H
単に農耕神という場合もある
稲作民族の我々日本人にとって、
倉庫に貯蔵してる米を狙うネズミを追い払ってくれる蛇は守り神とするのは当然生まれうる思想だろう

例えばアオダイショウとか、里で人と共存し、
しばしば民家の屋根裏なんかに住み着く蛇だけど
アオダイショウが倉に住み着いた結果、ネズミが消えて、
収穫した米が多く備蓄され、郷の民が豊かになれば、
やはり蛇神様のおかげじゃあ、となって豊年祭りとなってくだろうし

蛇神様を祀る祭りなんかみると、農村の豊年祭りとしてのが多い
6名無しさん :2014/03/28(金)04:23:03 ID:jL5m2Y70H
単に農耕神という場合もある
稲作民族の我々日本人にとって、
倉庫に貯蔵してる米を狙うネズミを追い払ってくれる蛇は守り神とするのは当然生まれうる思想だろう

例えばアオダイショウとか、里で人と共存し、
しばしば民家の屋根裏なんかに住み着く蛇だけど
アオダイショウが倉に住み着いた結果、ネズミが消えて、
収穫した米が多く備蓄され、郷の民が豊かになれば、
やはり蛇神様のおかげじゃあ、となって豊年祭りとなってくだろうし

蛇神様を祀る祭りなんかみると、農村の豊年祭りとしてのが多い
7名無しさん :2014/03/28(金)09:15:58 ID:LAFlFjFa2
>>4
常陸国風土記に角を持つ蛇として出てくる
というか、ここにしか出てこないんじゃないかな
逃げる際にその姿を見た者は一家一門が破滅するとされ
更に複数存在すると書かれてる
8名無しさん :2014/03/28(金)16:48:20 ID:QIUzYngS7
夜刀神は蛇のイメージと集団でわさわさいるイメージ
こわい
9名無しさん@おーぷん :2014/05/02(金)13:44:03 ID:GyalXTSfK
字面だけ見てスピっ子が「ここは竜で龍じゃないから位が低い!蛇と龍は違う!八大龍王様~!」とやってるのを見ると
なんだか呆れるというかなんというか…
字面じゃないんだけどねえ
箔付けのため、蛇神祭るところも竜王とするし、龍にしてみたりも時代や信仰者によってするもんやで。
法華経などの八大竜王なんかも、ナーガラージャ。蛇(コブラ)の王というサンスクリット語なわけで
龍じゃなくて蛇じゃんってはなしやし…
字面じゃねーんだよ、と思うんだがねえ。

蛇より竜が上とか、龍がさらに上とか、中二病的なのはどーでもいいと思うんだな。
どれも水神などの信仰があって、それを人間がどう呼称するかだけのはなしでね。

竜、龍の信仰が入ってくる弥生後期以前は、もっぱら蛇神信仰を日本人は持ってたわけだけど
水神まずありきで、それを竜の概念が無い時代は、蛇神として祀ってきたわけじゃん?
それがその後中国の思想である竜なるものが入ってきて、呼称を変えてったということなわけだろうけど
呼び名なんて人間の御都合で漢字がどうだからとかアホらしいと思うの。
10名無しさん@おーぷん :2014/06/19(木)21:37:13 ID:bGDNYGcj4
歴史的な事を書くと、元の出雲族の祖神です。
彼らは竜蛇だと言ってます。
後の大和族などに侵略されて、封印されている所が多いです。
11名無しさん@おーぷん :2014/06/28(土)01:49:21 ID:yVNJkN1eF
龍はしらんけど蛇に関しては「神」がつくのは
いないだか少ないって聞いたよ。
蛇は基本的に神様の使いだから、神ではないと。

よくある蛇神は、使いがもたらした利益から勝手に
神として崇められているにすぎんとな。
12名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)18:59:49 ID:xwSt7yoYs
>>10
龍蛇神社ってあるよね
遠くてたまにしか行けないけど、ちゃんと詣でるよー
13名無しさん@おーぷん :2014/07/12(土)18:20:53 ID:P8xcTSF63
>>12
ナイスです
弁財天も白蛇です
14名無しさん@おーぷん :2014/09/08(月)12:55:15 ID:omQxlThlZ
>>10
水神を祭るときの単なる俗人の字面当てだから、そこに意味は無い

八大龍王は龍で偉いんだー!とかスピ馬鹿が自慢げに講釈たれてんのとか散見すると
いつも呆れ果てるんよねえ
原典ではナーガ、蛇だつってんだろ!つーの
単なる字面は人の御都合。意味が無い。
八大龍王が法華経に出てくる神々ってのも知らないようなのが
御利益御利益パワスポパワスポやってるけど、宗教理解が薄すぎる。
15名無しさん@おーぷん :2015/03/03(火)18:01:44 ID:1gA
建御名方命を祀る諏訪大社も、元々は蛇神を祀っていたと言うね
蛇神から英雄神への祭神交代劇が、奇しくもギリシャのデルフォイ神殿とよく似ているんだよな
16名無しさん@おーぷん :2015/03/24(火)23:46:06 ID:suU
山海経を読むと蛇から竜への移り変わりが何となく分かる
17名無しさん@おーぷん :2015/07/10(金)10:29:23 ID:pIG
インドのナーガや中国の竜は水神だよ。
でも西洋のドラゴンは水神ではなく火を吐く地底の宝の守護者。
ただし、日本でも海外でもその2種類ふくめそれ以外にもいろいろある。

豊穣神の蛇・不老不死の蛇・治癒神の蛇・知恵の蛇、その他いろいろ。
ごっちゃにすると神話の体系がわからなくなる。

(いずれの場合も蛇自体が神とされる場合もあるけど、
まぁ本来は神の化身か神のお使いだったんだろうけどね)
18名無しさん@おーぷん :2016/01/27(水)02:27:21 ID:Etu
20年前、インドのナーガの寺に保護されてたことがある
インド、すごいわ
19名無しさん@おーぷん :2016/01/31(日)17:16:20 ID:GU0
三輪山も蛇よね
20名無しさん@おーぷん :2017/02/02(木)17:54:12 ID:tGd
しめ縄自体が蛇をシンボル化したものだろ。
これは全国の神社共通のアイテムになったな。
21名無しさん@おーぷん :2017/09/25(月)18:07:17 ID:i71
おーぷん2chのオカルト板にある
意味不明なフレーズを書き込むスレ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





蛇神信仰についてなんだかんだ