- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

護国神社にお参りに行く

1名無しさん@おーぷん:2015/01/08(木)08:17:45 ID:V9v()
各地にありますよね
英霊に礼をしましょう
今の繁栄は彼らの犠牲の上に成り立っています
2田母神俊雄万歳 :2015/01/08(木)09:10:31 ID:VOi
田母神俊雄万歳
3三橋貴明万歳 :2015/01/08(木)09:11:14 ID:VOi
三橋貴明万歳
4安倍晋三万歳 :2015/01/08(木)09:11:38 ID:VOi
安倍晋三万歳
5麻生太郎万歳 :2015/01/08(木)09:11:59 ID:VOi
麻生太郎万歳
6高橋是清 :2015/01/09(金)22:35:42 ID:sDH
高橋是清万歳
7井沢元彦 :2015/01/09(金)22:36:25 ID:sDH
井沢元彦万歳
8名無しさん@おーぷん :2015/01/13(火)07:14:53 ID:doc
自分は基本的にID無しで立てるが
まあ良いか
英霊に感謝
地元の護国神社は自転車で3時間ほど掛かる
9名無しさん@おーぷん :2015/01/13(火)07:17:05 ID:doc
靖国にも行きたい
必ず行く
死んでも行く
灰になっても
誰かに頼み連れて行ってもらう
10名無しさん@おーぷん :2015/01/13(火)07:17:21 ID:doc
死んでも死に切れないよ
11名無しさん@おーぷん :2015/01/15(木)08:12:18 ID:7A1
非表示でつくりなおそうかね
良ければ使ってね此処
俺は表示ありは余り好きではない
12名無しさん@おーぷん :2015/06/14(日)16:14:52 ID:BwU
室町時代の安国寺に近い。
国分寺・国分尼寺が作られた律令時代の南都六宗は慰霊・鎮魂などは仕事ではなかった。
本来、無霊魂の哲学であった仏教の原点にまだ近かった。
霊魂は神道の仕事であったはずだが、室町の頃になってくると
現世の死後の済度を強調する浄土教や悪霊の降伏を祈る密教などの台頭で
なにやら仏教も“霊魂教”と化していき、江戸時代に先祖霊崇拝教・墓石位牌教になっていった。
それで仏教の本来の仕事ではないはずの慰霊鎮魂を仏教の形ではなく、神社で“安国寺”を作ろうというのは
実はたいへん理にかなった日本的なやりかただったわけだ。
祭と政を分けるなど深層心理学のこの時代にはまったく不毛な話。
北朝鮮の金日成一家崇拝体制を見よ。宗教・非宗教とか有神論・無神論などとは
まったく違った思考が必要な時代。
敗戦で国体の危機を招いた反省の一端はたしかに“国家神道”と呼ばれても仕方がない戦前の神道の一部にはあったろうが
やはり祖国の健康的で正常な発展には神社神道は国家と密接でなければならない。
13名無しさん@おーぷん :2015/07/28(火)21:20:17 ID:sW2
宮城県護国神社



14名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)22:07:48 ID:gUP
永遠のゼロを見ました
明日は地元の護国神社に行こうと思います
15名無しさん@おーぷん :2016/01/16(土)11:31:26 ID:IA7
昨日護国神社にお参りに行きました
16名無しさん@おーぷん :2017/07/30(日)22:21:35 ID:9zc
近場の護国神社は大きな神社の裏に小さなお宮でひっそりある
存在を知ってからセットで行かねばと思う

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





護国神社にお参りに行く
CRITEO