- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは2件 まとめられてるよ! まとめ表示

【王様の耳は】奥様が語る黒い今【ロバの耳】

486名無しさん@おーぷん :2018/02/19(月)05:51:04 ID:zsz
父親の認知症に対応していたら、私がうつ病になった。
怒鳴る・殴る、そんな父は老人ホームに入居してもすぐに退去を求められ、訪問介護の
ヘルパーにも断られた。
父を病院に連れて行った帰り、駅のホームから父を突き落として自分も電車に飛び込もうと
思った事もあった。父が傍若無人になって周りに迷惑をかけ始めたのは70歳過ぎからで、
それからは誰にも言えなかったが、私はひたすら父の死を願った。それでも父は生き続けた。
父は88歳になった時も健康で歯もほとんど残っていた。認知症の薬は全く効かなかった。
周辺症状は数年で治まると言われ続けたが、父は相変わらず怒鳴っていた。
その頃、私は父は永遠に死ななくて、私は永遠に父の事で苦しみ続けると信じていた。しかし、
それから3年後、父は誤嚥性肺炎であっという間に死んだ。死んだのが信じられなかった。
うつ病が悪化していた頃、私は「父もいつかは死ぬ」というだけでなく、あらゆる事が
信じられなかった。夏が暑くて辛かった時、秋が来て涼しくなる事さえ信じられなった。
今は、89歳の母の死を待っている。現在、母は一人暮らしでホームを姥捨て山だと拒否し、
それを勧める私を人でなしと言い、父の事では自分だけが苦労したかのように話し、
お前(私)は何もしなかった。遊んでいたと記憶を改ざんし、毎日、私を罵倒する。
認知症が進んできて、一人暮らしが不可能になりつつある。
このレスの続きを表示(29件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【王様の耳は】奥様が語る黒い今【ロバの耳】
CRITEO