- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

人は死んだらどうなるの?≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

※ID非表示スレ
102聖書が描く地球の今と将来 :2017/09/06(水)14:27:21 ID:???
ダニエル11章・現代の北の王と南の王に関する預言

そこには、北の王が南の王を最終的に攻撃する時に、つまり大患難の時に、世界情勢がどのようになるかが説明されています。
 ダニエル11章40節によると、「終わりの時」に、北の王は南の王と押し合います。ダニエル書の「終わりの時」とはいつなのでしょうか。
「終わりの時」とは北の王が登場して後のことです。(ダニエル8:17,23)それは、洞察力のある者たちが「精錬」や「清め」を受けた後に臨むようです。(ダニエル11:35)そして、終わりの時に北の王と南の王は押し合いをします。「終わりの時」とは大患難の時を含んでいます。(ダニエル11:40)
 ダニエル11章35節には、「終わりの時」は、洞察力のある者たちが「精錬」や「清め」を受けた後に臨むと書かれています。ですから、終わりの時は、さらにもっと大患難の直前を意味するかもしれません。
 それで、「終わりの時」の押し合いは、大患難の直前の北の王と南の王の間の何らかの軍事的な紛争もしくは論争もしくは利権を争うことを意味するのかもしれません。(裁き人19:22) また、終わりの時に「真の知識が満ちあふれ」ます。(ダニエル12:4)
 まだ北と南は本格的な押し合いはしていないのではないかと思います。また、洞察力のある者たちの本格的な「精錬」もまだ始まっていないでしょう。
 でも、北と南の対決の構図は何らかの形ですでにある程度表れていると思います。それで、今は終わりの時が始まろうとしている時ではないかと思います。
そして、押し合いの後、北の王は南の王に対して「兵車と騎手と多くの船とをもって強襲する」ことが預言されています。そして、北の王の軍勢は、「多くの土地に入り、みなぎりあふれて通り行きます。」(ダニエル11:40)
 「強襲」という言葉は、聖書の他の部分にありませんが、突然に強行突撃をすることを意味しているのでしょう。北の王の軍勢は、みなぎりあふれるのですから、それは人海戦術であることが分かります。
北の王は人海戦術で南の王に総攻撃をかけることが預言されています
 そして、北の王は、すべての人員と軍備をその総攻撃に投入します。北の王は、自らと「緋色の野獣」に属する十人の王、すなわち、北の王の設立した国際組織に属するすべての諸国家の軍勢を率いて南の王に総攻撃をかけると考えられます。(啓示17:16)
 北の王が人海戦術に訴えると言うことも、荒廃をもたらす嫌悪すべきものに属する国家の国民は、ほとんど南の王に対する総攻撃に加わるように大きな圧力を受けることが予想できます。
このことは、北の王によって荒廃をもたらす嫌悪すべきものが設立されたとしても、その組織に属さないようにするのが賢明であることを示しています。
そのようにして、大患難の戦闘に中立を保つことができます。北の王は、「飾りの地に入り」ます。「多くの土地がつまずきに渡され」ます。(ダニエル11:41)
 私は、「飾りの地」が特定の国家であるとは考えていません。なぜなら、聖書は一世紀にユダヤは神の民として捨てられて、それ以降、クリスチャンはあらゆる国籍の人々によって構成されるようになったことを示しているからです。(ローマ3:29;9:24;10:12)
 ですから、北の王はおそらく幾つかの国に存在する神の民を軍事的に攻撃するのでしょう。そして、飾りの地に関連して「多くの土地」と言われているということは、神の民が全世界の多くの土地に分散していることを裏付けていると思います。なぜ、「飾りの地」、神の民の場所が
北の王に攻撃されるのでしょうか。おそらく、神の民の中には、「荒廃をもたらす嫌悪すべきものが・・・聖なる場所に立っているのを見かけるなら、・・・その時、ユダヤにいる者は山に逃げ始めなさい」というイエスの助言に従っていない者たちがいるのでしょう。(マタイ24:15,16)

【北の王=北朝鮮の指導者、南の王=アメリカ合衆国の指導者】と多くのキリスト教会では読み解いていますね。
103聖書が描く地球の今と将来 :2017/09/06(水)14:48:23 ID:???
 山に逃げていない神の民は、攻撃を受けます。北の王は、平野部はなめつくすように攻撃していくでしょう。山にいる神の民も、家の屋上にいないならば、その攻撃に巻き込まれる可能性があるでしょう。(マタイ24:17)
 一方、おそらく北の王は、聖書の預言を知っていて、山の家の屋上や野に逃げている一般の人々が罪のない人々であることを認識してその命を容赦する程までは、聖書の神エホバに敬意を払うでしょう。
The gardens at Haddon Hall by ell brown (countryrooftopbuilding1)
おそらく大患難の時北の王は山の家の屋上にいる人々は見逃してくれるでしょう
 しかし、「エドム、モアブ、またアンモンの子らの主立った部分はその手から逃れ出」ます。エドム、モアブ、アンモンの子らとは誰を表すのでしょうか。この言葉を文字通りに解釈することはできません。現在、エドム、モアブ、アンモンはすでに昔に滅びてしまいました。
 エドム、モアブ、アンモンとは、イスラエルの周辺国家で、イスラエルと何度も戦闘を交えました。しかし、預言の中のエドム、モアブ、アンモンは、神の民から攻撃を受け、その一部はイスラエルの臣民となります。(イザヤ11:14)
 ですから、最初は神の民に敵対していても、最後には神の民の影響下に入った諸国民の中には、おそらく、大患難の戦いに加わらない国家があるのでしょう。そして、北の王が攻撃を加えない諸国家が存在するのでしょう。
しかし、ダニエル11章42節によると、北の王は、「それらの土地に向かってしきりにその手を突き出す」ことが預言されています。
 結局南の王との軍事同盟にあって南の王と共に軍事行動に加わる土地に関しては、たとえ、大患難の戦闘に加わっていなくても、北の王は攻撃する可能性があるでしょう。
「エジプトの地は逃れ出るものとはならない」と預言されています。(ダニエル11:42)エジプトの地とはどこでしょうか。啓示の書に登場する「エジプトと呼ばれる大いなる都市」は大いなるバビロン、すなわち南の王を意味します。(啓示11:8;16:19;17:18;18:10,21)
 ですから、エジプトすなわち南の王であるアメリカ合衆国は北の王の徹底的な攻撃を免れることは決してできないでしょう。それで、南の王は、北の王とその仲間の王たちの攻撃を受けて、全滅するでしょう。(啓示17:16)
南の王の土地エジプトは北の王の総攻撃を免れられず全滅するでしょう
 そして、北の王は、「隠された金銀の宝をまさに支配し、またエジプトのすべての望ましい物を支配し」ます。望ましい物のあるエジプトとは、前の節で述べたように、アメリカを意味するでしょう。
 エジプトの望ましい物とは、アメリカの預金や物質の富を意味するでしょう。北の王は、大患難の攻撃をしてアメリカを初めとして諸国家の財産や資産を支配するようになるようです。おそらく他国に置いてある隠し預金なども北の王によって奪われることになるのでしょう。
 また、ダニエル書の中には、ダニエルが何度も「望ましい人」と述べられています。(ダニエル9:23)ですから、望ましい特質を持つアメリカの人々の中に、北の王の側につく人がいることをこれは意味しているのかもしれません。
 このことは、北の王が、大患難によってさらに一層大きな権力をとるようになることを示しています。彼は南の王の資産を受け継ぎ世界の経済を支配する力を手に入れるのでしょう。
 さらに、「リビア人とエチオピア人は彼の歩みにつく」ことが預言されています。(ダニエル11:43)リビア人とエチオピア人とは誰でしょうか。
リビアはエジプトの隣国であり、エチオピアもスーダンをはさんだ隣国でありエジプトにほど近い国です。リビアとエチオピアはエジプトの同盟国としてエジプトと共に戦うこともありました。(歴代第二12:3)
 ですから、以前南の王と同盟関係にあった国家の中にも南の王との同盟関係をやめて北の王の側につく国家があるということなのでしょう。リビア人とエチオピア人はエジプトと同盟国でしたが北の王の側につきます
 私たちは、南の王が総攻撃を受けて壊滅することを考えると時間があるうちに、大いなるバビロンから出るようにという神の命令に従うのが賢明であると言えます。聖書は「彼女の災厄を共に受けることを望まないなら、彼女から出なさい」と命じています。(啓示18:4)
大患難で南の王が北の王により壊滅することを考えると時間があるうちに大いなるバビロンから出るのが賢明です
 そして、神の民は大患難が始まる前に山に逃れる必要があります。行動ができるように、聖書が果たして信頼できる本かどうか、聖書はどんなことを預言しているかを確かめる必要があります。また、聖書の預言の成就を見守っていく必要があります。
104名無しさん@おーぷん :2017/09/14(木)01:10:36 ID:???
お金を使わせようとする宗教は信じない
誰かを攻撃する宗教も

私は無宗教だけど 宗教は否定しない
捉え方の違いはあっても 大まかに1つに向かっていると思いたい

神とかじゃなく
もっと大きなうねりの中で
生死が繰り返されて
魂は一回で終わりじゃないと思う

だから悪さをしたら それなりの
頑張って生きぬいたら それなりの
善業を積んだら それなりの
その後の修行になるのだろう、、と私は思う

輪廻転生は あると思う
105名無しさん@おーぷん :2017/09/14(木)17:53:41 ID:???
悪いことをすれば必ず罰を受けそう。
106名無しさん@おーぷん :2017/09/14(木)18:14:25 ID:???
そうかそうか
107名無しさん@おーぷん :2017/10/06(金)15:19:59 ID:???
宗教改革において再認識されたプロテスタントの流れの中で、初代教会以来の伝統に従い「聖書はすべて誤りのない神の言葉であって、信仰と生活における唯一の基準である」と告白する福音主義の立場に立っている。
プロテスタント諸派の中でも18世紀に、英国国教会の中から真理を求めて生み出されたメソジストの信仰につながっている。ジョン・ウェスレーらが追求し、確信し、これを宣布した「キリスト者の完全」の体験を重視する。
人はキリストの購いにより、信仰によって救われ、新生後、きよめの恵みにあずかり、更に恵みに成長して円熟を目指すのが、クリスチャン生活の基本であると信じる。
神学的にはウェスレアン・アルミニアン主義、あるいはメソジスト主義、一般には「きよめ(ホーリネス)派」と呼ばれるグループに属している。
108名無しさん@おーぷん :2017/10/08(日)12:32:59 ID:???
死後の世界があるのは確実のようね。
109名無しさん@おーぷん :2017/10/09(月)11:49:18 ID:???
あるのか…
あってほしいようななくてほしいような
110名無しさん@おーぷん :2017/10/09(月)15:05:31 ID:???
医師や科学者ほど死後の世界を信じてるみたいね。
111名無しさん@おーぷん :2017/11/10(金)17:29:23 ID:???
死ぬのが怖いの
死で終わりでないからね
112名無しさん@おーぷん :2017/11/10(金)17:29:34 ID:???
死ぬのが怖いの
死で終わりでないからね
113名無しさん@おーぷん :2017/11/24(金)23:23:55 ID:???
地獄に行くことのないように清く正しく生活を送るように…
114名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)10:07:54 ID:???
そうね
115名無しさん@おーぷん :2017/12/19(火)12:41:36 ID:???
生きてるうちに天国にいくというしっかりした確証を得たいわ
116名無しさん@おーぷん :2017/12/19(火)12:41:49 ID:???
生きてるうちに天国にいくというしっかりした確証を得たいわ
117名無しさん@おーぷん :2017/12/22(金)14:36:21 ID:???
そうね
118名無しさん@おーぷん :2017/12/31(日)20:39:07 ID:???
死後の世界は間違いなくありますよ
119名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)12:43:43 ID:???
あるだろうなとは思う。
120名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)18:06:53 ID:???
臨死体験から始まって、千年王国時代など色んな経過を辿るけど
最終的には天国か地獄に振り分けられるようです。
121名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)13:55:38 ID:???
キリスト教ですね?
122名無しさん@おーぷん :2018/02/21(水)09:30:41 ID:???
生前の行いによって報いや裁きを受ける。
123名無しさん@おーぷん :2018/02/24(土)20:31:38 ID:???
真面目に生きないと
124名無しさん@おーぷん :2018/02/24(土)23:33:57 ID:???
死ぬのが怖いような気がします。
125名無しさん@おーぷん :2018/02/28(水)13:22:24 ID:???
神の裁きを受けるのですよ
126名無しさん@おーぷん :2018/03/05(月)19:01:32 ID:???
死んでから後悔しては遅いから生きているうちに知っておきたいわよね
127名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)17:12:09 ID:???
>>126
それねー

今の生活の評価で生まれ変わり先が決まるなら頑張って生活するけど
無になるならダラでも良いわけだし
どうなるのかなー
128名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)18:57:21 ID:???
みなさん勝手に亡き主人のとこに行けるとか
動物に生まれ変わるとか
勝手に色々なこと言ってるけど
真理は1つしかないんですもんね
科学者や医学者ほど死後の世界を信じているみたいだから
あるのは間違いない
129名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)23:02:57 ID:???
聖書に書かれていることが真実らしいですね。
130名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)00:41:33 ID:???
死んだら仏になるねん
131名無しさん@おーぷん :2018/03/30(金)19:37:11 ID:???
>>130
ならないわよ!
132名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)00:05:26 ID:???
なるわよ!!
133名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)00:37:03 ID:???
お前が勝手にそう思ってるだけだろ馬鹿
134名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)07:32:57 ID:???
私が悲しむよ
135名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)08:33:53 ID:???
はいはいはいはい
ワロスワロスワロスワロス
136名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)13:53:13 ID:???
真面目に
137名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)16:33:22 ID:???
>>133 女らしく!
138名無しさん@おーぷん :2018/03/31(土)18:53:14 ID:???
解らないわ。
でも死後の世界から奇跡的に帰還した人の話では驚くほどの共通点があるのは確かね。
139名無しさん@おーぷん :2018/04/01(日)21:43:09 ID:???
死後が穏やかいならよか。♥
140名無しさん@おーぷん :2018/04/04(水)19:29:28 ID:???
生前の行いに応じて裁かれるとか
141名無しさん@おーぷん :2018/04/04(水)19:37:14 ID:???
一般は死後2~4週間後に転生する
肉体的に死んでも精神的に解脱しないと霊界へは昇れない
不毛な地上を永遠に彷徨う
142名無しさん@おーぷん :2018/04/04(水)22:31:41 ID:???
どこの教え?
聞いたことないわ
143名無しさん@おーぷん :2018/04/05(木)16:24:40 ID:???
死んだら生まれたとこからやり直しでずっとループしてると思ってる
144名無しさん@おーぷん :2018/04/05(木)18:47:36 ID:???
金光教?
145名無しさん@おーぷん :2018/04/05(木)18:49:46 ID:???
いろんな考え方あるけど
その人の思ってるような世界に入れるわけではなく
真実は1つしかないのよね
どれが真実なのか知りたいとは思う
146名無しさん@おーぷん :2018/04/06(金)15:29:40 ID:???
私も切実に知りたい
147名無しさん@おーぷん :2018/04/08(日)19:01:30 ID:???
だって地獄はないと思ってて地獄に行かされたら不安じゃないですか?
自分の意思ではコントロールできない世界に行くんですもの、
148名無しさん@おーぷん :2018/04/09(月)19:27:07 ID:???
そうだけど知るのが怖いというか

自分の死亡年齢だけ予め知っておきたい
149名無しさん@おーぷん :2018/04/14(土)23:54:23 ID:???
それもちょっと怖いわね。
いつ亡くなってもいいように心の準備だけはしておきたいわ。
150名無しさん@おーぷん :2018/04/15(日)19:20:15 ID:???
死ぬのが怖いのは死んだらどうなるのか解らないから。
奇跡的に生還した人の臨死体験を聞いて多少解る程度ですもんね。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





人は死んだらどうなるの?≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
CRITEO