- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【ドラマ】米倉涼子、13年ぶり時代劇『かげろう絵図』は「米倉ドラマの集大成」の声

1名無しさん@おーぷん:2016/04/03(日)23:44:00 ID:jSf()
(略)
4月8日フジテレビ系で放送される『かげろう絵図』でいよいよ米倉涼子が「大奥」に乗り込んでくる。
大奥といえば、女の愛憎渦巻く秘密の花園。今まで米倉がいなかったのが不思議なくらいだ。
米倉にとっては13年ぶり二度目の時代劇ということだが、私はこのドラマは、米倉ドラマの集大成になると思っている。

その理由の第一は、原作が松本清張であること。
米倉涼子といえば、2004年の成長ドラマ『黒革の手帖』で、
さえない銀行員から汚れた金を元手に夜の女としてのしあがっていく悪女役を熱演。
以後、『松本清張のけものみち』、『松本清張のわるいやつら』と主演を続け、
清張ドラマの悪女といえば米倉、と言われるまでになった。

『かげろう絵図』は、彼女にとって7作目の清張作品。
そもそも絢爛な打掛を身にまとい、にっこり微笑みあっても腹の中は真っ黒な女子がうようよいる大奥は、
華麗なドレス姿で足を引っ張りあった夜の女の世界にも似ている。

NEWSポストセブン  2016.03.30 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20160330_398179.html
2名無しさん@おーぷん :2016/12/16(金)22:08:04 ID:cn2
2wsx

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【ドラマ】米倉涼子、13年ぶり時代劇『かげろう絵図』は「米倉ドラマの集大成」の声