- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

シリア、パレスチナ、イランについて語ろうぜ

1名無しさん:2014/03/15(土)20:58:53 ID:I4uvtputx()
これからの中東問題に深く関わりそうなこの三つについて語ろうぜ
3名無しさん@おーぷん :2014/11/28(金)19:51:24 ID:JNh
ISISという癌細胞をどうするかが当面の問題
最もISISを潰せても複雑過ぎる政治情勢のせいで
何にも解決しないのがあの辺りなんだが・・・
4名無しさん@おーぷん :2015/12/17(木)18:52:43 ID:vCb
「あなたがたは地の塩である」シリア正教会のジーバジーズ・モル・クリロス主教・博士がメッセージ 2015年12月17日16時42分
http://www.christiantoday.co.jp/articles/18188/20151217/3rd-international-conference-minority-mission-opening.htm

第3回「マイノリティ問題と宣教」国際会議初日の11月18日に行われた開会礼拝のメッセージで、
ジーバジーズ・モル・クリロス主教・博士(シリア正教会)は、人種差別という文脈の中で、「あなた
がたは地の塩である」(マタイによる福音書5章13節)について語り、「塩は命、信仰、献身を意味
する。私たちの命そのものであり、私たちのアイデンティティーや使命、特にマイノリティーの共同体
としてのアイデンティティーや使命である」と塩に着目。「塩は命を肯定し、命を脅かすものを拒む」
「塩は自らを無にする」と述べた。

同主教は、「マイノリティーの共同体の窮状は、国家そのものが弾圧的・ファシスト的であり、人々、
特にマイノリティーの共同体に優しくないとき、最悪の状況になる。数々の例が多くの国にある。
マイノリティーの共同体は、人権や正義に関わる市民社会の新たな取り組みに参加しなくては
ならない。教会は市民社会とよく対話する必要がある。『あなたがたは地の塩である』と言ったとき、
そのような参加が求められているのである。社会正義や変化の担い手となり、(塩が味を付ける
ように)命の尊厳を守り、周縁化された共同体の中に真の教会を見いだすことを通じて、この世に
仕えるよう、私たちは呼ばれている。換言すると『塩』という言葉には、人間性や尊厳のために闘う
人々に加わりなさいという、命令あるいは招きのイメージが伴われている」と説いた。

その上で、「それは宣教の招きである。それは周縁からの宣教を実践し、周縁化された人たち、
人種差別のような悪のシステムの被害者たちが、すでに命を肯定するという神の宣教の担い手に
とって代わった周縁にあるようにとの招きである」と付け加えた。

同主教は、「友人たちよ、しばらく間をおいてこう問い掛けてみよう。『私たちは本当に今日の文脈に
おける地の塩なのだろうか? もし本当にそうなら、私たちは味を失ってしまったのだろうか?』」と
話した。さらに、「人種差別や少数者に対する迫害のような不正義のただ中で沈黙し、受け身的で
中立的な教会は、味を失ってしまった塩のようである」と厳しい言葉を投げ掛け、「だから、私たちは
地の塩になろう」と呼び掛けた。

終わりに同主教は、2013年に韓国の釜山で開かれた世界教会協議会(WCC)第10回総会の
主題だった、「いのちの神よ、私たちを正義と平和へと導いてください」との祈りでメッセージを結んだ。


http://www.christiantoday.co.jp/data/images/full/17782/image.jpg
第3回「マイノリティ問題と宣教」国際会議の初日に行われた開会礼拝でメッセージを語る、シリア
正教会のジーバジーズ・モル・クリロス主教・博士=11月18日、在日本韓国YMCA地下1階の
スペースYで
5忍法帖【Lv=3,ビッグホーン,MuL】 :2017/08/31(木)12:59:27 ID:TCK
ん?

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





シリア、パレスチナ、イランについて語ろうぜ
CRITEO