- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

初心者登山相談所40

1名無しさん@おーぷん:2015/03/13(金)21:06:28 ID:Dcg()
登山計画から装備まで、分からない事があったら相談してみるスレです。

相談される方は、どの山に登りたいかを明記して、
簡単な登山計画・装備を記入の上相談してください。


※新スレが立つ前に埋めないでください。
>>980の人が責任もって新スレ立て~誘導してください。
出来なければ他の人に依頼してください
2名無しさん@おーぷん :2015/04/25(土)21:13:09 ID:hUE
標高800ぐらいの山に登るんだけど登山靴はゴアテックスってのがいいの?
後リュックサックは30l入る奴で十分?
3名無しさん@おーぷん :2015/04/25(土)21:16:09 ID:hUE
グループで行くからそこまで重装備じなくていいと思うんだけど
4名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)01:08:58 ID:sEd
ゴアだったら雨が降っても中が濡れないから◎
日帰りだったら30で十分だよ。本家で質問した方が
良い回答が得られるよ
5名無しさん@おーぷん :2015/05/04(月)11:17:21 ID:Di6
>>4
ありがとう
日帰りだし30で行くわ
6名無しさん@おーぷん :2015/05/04(月)11:21:30 ID:tmX
>>5
自分は合羽と靴の間から雨が入る事が有ったから、
買うならハイカットの靴が良いと思う。
7名無しさん@おーぷん :2015/05/05(火)10:40:37 ID:a4Z
>>6
おk
ハイカットね
8名無しさん@おーぷん :2015/05/20(水)14:37:41 ID:rwa
今年初めて富士山行こうと思うんだけど
日光の男体山登れれば問題ない?
9名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)20:01:26 ID:82j
>>8
概ね問題ないと思うけど、気温差と高山病と紫外線の対策は忘れずに。

去年8月に登った時には、途中から冷たいみぞれが降りだして、中綿入りの防水グローブを持ってて助かった。
10名無しさん@おーぷん :2015/05/27(水)13:22:08 ID:lsE
山頂からゴム紐垂らして逆バンジーで登頂したら単独無酸素登頂になる?
11名無しさん@おーぷん :2015/06/13(土)08:14:29 ID:a3G
落語の愛宕山の要領か
12名無しさん@おーぷん :2015/06/18(木)20:58:59 ID:eCS
山でテント張って寝袋で寝ると朝必ず寝袋が濡れてる
これって普通だよな?
13名無しさん@おーぷん :2015/06/20(土)14:55:55 ID:bU6
>>12
いい歳して、お漏らしか
14名無しさん@おーぷん :2015/06/21(日)10:44:08 ID:Z22
ミズノのアウトドアシューズ、具体的にはウエーブナビゲーションは本気のギアですか?
ルックアウトドアシューズということはないですか?
15名無しさん@おーぷん :2015/06/23(火)14:56:05 ID:zbj
3シーズン用として十分使える
16名無しさん@おーぷん :2015/06/24(水)11:50:00 ID:oXt
サンキューガッツ
1グレード下のWAVE ADVENTURE GT MD2の見たらこっちでもいいかなと思った
17名無しさん@おーぷん :2015/11/11(水)23:19:34 ID:vqp
最近のハードシェルとレインウェアの差って何?
レインウェアもハードシェルの一種じゃんってのは置いといて

一般的には
ハードシェル=丈夫な生地、ベンチレーション、ヘルメットの上から被れるフード等冬山向きの機能の搭載されたアウター
レインウェア=性能を雨風対策に絞った軽量のアウター
って扱われているけど。
最近のレインウェアの中にはヘルメット対応でベンチレーションついていたり、並のハードシェルより丈夫だったり、表面が少しざらついていたり、
そもそもレインウェアともハードシェルとも明言されずにアウターシェルとのみ呼称されている製品もあったりする。

そういう製品は爆弾低気圧みたいな暴風雨の対策や残雪期を想定しているのか、北アや富士山以外なら大抵の山で積雪期でも使える汎用性を持たせているのか、
それとも単にレインウェアの上位グレードとしてスペックを上げていった結果出来上がったシロモノなのかがわからない・・・

ここらへん詳しい人教えて
18名無しさん@おーぷん :2015/11/12(木)06:12:28 ID:7Jb
気候文化の違いが大きい
海外ではレインウェアという発想があまりなくて、アウターのうち降雨対応(waterproof)の物をハードシェルなどと呼んでいる
日本ではカッパの延長線上にレインウェアがあるという発想

具体的に何が違う?と問われると全商品を貫徹する明確な違いはない
「日本向け製品か否かの違い」と言えなくもないがこれにも例外はある
19名無しさん@おーぷん :2015/11/12(木)06:20:41 ID:7Jb
カッパの延長ゆえに「レインウェアは上下セットで売られていることが多い」
てのもあるけど、まあこれも絶対ではないな
20名無しさん@おーぷん :2015/11/12(木)21:16:01 ID:LhR
>>18-19
つまりメーカー側もはっきりとさせていないわけね
作りが曖昧なものはよほど薄っぺらくない限り場面を選ばない汎用アウターの一種と見做して問題ないって事でおk?
21名無しさん@おーぷん :2015/11/13(金)06:58:01 ID:kpH
>>20
なんか通じてないな、俺の説明悪かったかすまん
ルーツというか起源の違いであって、両者を区別する実益は乏しいと思う

薄っぺらいの→薄っぺらくても別に良い
ハッキリさせてるか→全体を見るとハッキリしてないけど、各メーカーはそれなりにハッキリさせようとしてる。業界統一基準がない状態
汎用アウターか→汎用ではなく雨天時という意味で場面は選ぶ
(場面に応じてレインウェアとハードシェルを使い分けるかという意味での場面の話なら、選ばないと言える)

くどいようだがルーツの違いね
22名無しさん@おーぷん :2015/11/13(金)21:37:05 ID:AXO
>>21
つーとある程度の使用目的が定まっている状態で観るならメーカー側の呼称よりもそのウェアの性能を確認して購入・使用すべきって事でいい?
24名無しさん@おーぷん :2015/11/14(土)12:08:16 ID:OMH
ありがと、ちょっと色々考えてみるわ

さて、半ば衝動買いしたモンベルハードシェルの倍近い重さの謎のアウターはどう使うべきか・・・
25名無しさん@おーぷん :2017/03/12(日)07:33:55 ID:447
これからモンベルの地図読み講習会に参加してくる(`・ω・´)
26名無しさん@おーぷん :2017/03/12(日)19:23:31 ID:Yeg
地図読み講習会行って良かった
いろいろと参考になったよ(`・ω・´)
27名無しさん@おーぷん :2017/04/26(水)20:51:56 ID:8G8
登ろうと思ってた山にクマが出て山菜採りのじーさんが噛まれたニュースを観た
くまった事になった(´・(ェ)・`)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





初心者登山相談所40
CRITEO