- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

北関東三傑スレ【宇都宮成綱・佐竹義舜・結城政朝】

1名無しさん:2014/03/05(水)16:36:28 ID:CJHP3JR3h()
戦国時代初期辺りに活躍した北関東三傑について話し合いましょう

宇都宮成綱 応仁2年(1468年)- 永正13年11月8日(1516年12月1日)
宇都宮広綱の祖父。野心家で特に外交手腕に長けていた武将。周辺勢力をまとめあげ戦国期宇都宮氏の基盤を作った。
子や兄弟を嫁がせ勢力を拡大。特に古河公方の子足利高基に嫁がせたのは大きく、永正の乱では古河公方擁立を行い勢力拡大に成功。
晩年に起こった宇都宮錯乱で重臣の芳賀氏の増長を抑えて家中の安定化に成功。また佐竹義舜と覇権を巡って争い最終的に北関東最大勢力となった。上庄那須氏の内紛に介入して一門の擁立なども企てていた。
戦国大名化に成功してるため宇都宮氏中興の祖の異名がある。

佐竹義舜   文明2年(1470年) - 永正14年3月13日(1517年4月3日)
坂東太郎・鬼義重で知られる佐竹義重の曽祖父。一門の山入氏との約100年に渡る争いに終止符を打つ。その後は白川結城氏の内紛に介入して勢力拡大。
晩年には永正の乱に介入して宇都宮成綱・結城政朝と覇権を争うが敗北した。家法を制定するなど戦国大名化に努め、佐竹氏中興の祖の異名がある。

結城政朝  文明11年(1479年)- 天文16年7月13日(1547年7月29日)
結城氏中興の祖の異名がある。成人した後に増長する家臣を抑え、家中の安定化に成功。
当時力を持っていた宇都宮成綱の姉と結婚し、義兄弟関係になった。永正の乱では義兄の成綱とともに足利高基の古河公方擁立に加担。
佐竹義舜とも戦っている。成綱が没した後は宇都宮氏との関係が悪化したために、大永の内訌に介入して宇都宮氏に再起不能なほどの大打撃を与える(この内訌がきっかけで宇都宮氏の命運は決した同然)
成綱の義弟だったのもあって北関東の最有力者の一人となる。自らの息子を同族の小山氏の当主に擁立したりなども行っている。
142名無しさん@おーぷん :2015/06/30(火)13:12:12 ID:iGX
ああ、すいません。
投稿したら反映されてなかったので、バグかな?
と思って書き直した内容を投稿してしまいました。
143名無しさん@おーぷん :2015/06/30(火)13:17:09 ID:iGX
宇都宮氏と言えば、あの楠木正成すら憚る程の
武勇の家だったのが、戦国時代には悪戦苦闘を強いられたのが
多少物悲しい所ではありますね。
144名無しさん@おーぷん :2015/06/30(火)19:45:07 ID:9Dk
139,140,141邪魔だから消えて
145名無しさん@おーぷん :2015/07/01(水)15:59:29 ID:NOV
それは失敬
146名無しさん@おーぷん :2015/07/06(月)14:48:26 ID:0Ns
>>143
足利基氏と足利氏満と上杉家にジワジワと勢力を削がれていったからな。さらに追い討ちをかけるように当主討死、さらには満綱で嫡流断絶と泣きっ面に蜂状態

その結果分家筋は独立するわ、越後と上野、後に上総の守護を剥奪されるわ、当主が同族に暗殺されるわと散々なことに
147名無しさん@おーぷん :2015/07/08(水)08:35:30 ID:OQ8
宇都宮成綱は英主であったようですのにねえ
その後が続かなかったのはなんとも物悲しい感じで
148名無しさん@おーぷん :2015/07/17(金)06:47:25 ID:D8K
成綱時代の栄光とその後の衰退っぷりがなんとも
149名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)10:20:10 ID:CMG
成綱時代と言うより、鎌倉時代以降の衰退がなんとも…
150名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)16:20:40 ID:Npv
>>14
でも室町時代期の薩埵山体制下の宇都宮家は上野越後守護であり3つの国に領土を所有しかつての鎌倉時代期に匹敵する勢いだったけどな
151名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)16:21:11 ID:Npv
>>150
安価ミス
>>149だった
152名無しさん@おーぷん :2015/07/22(水)02:11:10 ID:Hum
宇都宮成綱が特に優れていたのは外交手腕と策謀だな

関東八屋方で唯一古河公方足利家に娘を嫁がせることにも成功してるし山内上杉家、上那須家や結城家や小田家などの近隣の勢力とも婚姻などを通じて良好な関係を築いていたからこそ竹林の戦いで圧倒的な数の大連合軍に大して援軍を頼み勝利を確実のものにすることができた。
策謀の方の活躍は古河公方家の内紛に乗じて娘婿を擁立し勢力の拡大及び宇都宮家の影響力の強化を狙ったり、家中支配の安定化を図り宇都宮錯乱を引き起こした際に
事前に成綱は嫡男忠綱に家督を譲り隠居して内部工作をやりやすくし、さらに一門の塩谷家に弟の孝綱、同じく一門の武茂家に兄の兼綱を継がせ忠綱への支援及び芳賀高勝の動向も探らせてた。
成綱の隠居は芳賀高勝による成綱への謀略であったが逆に成綱はそれを活用したということ。
さらに縄釣りの戦いでは成綱は策を用いて下那須資房を連合軍側から寝返らせ結果的に宇都宮家を大勝に導いている。さらには逃げる佐竹義舜軍を追撃し、そのまま常陸国へ侵攻した。
153名無しさん@おーぷん :2015/07/23(木)07:45:09 ID:mwh
やはり、成綱が歴代当主の中で一番優れてるな!
154名無しさん@おーぷん :2015/07/24(金)18:34:42 ID:efi
宇都宮錯乱における足利高基からの錯乱鎮圧の支援も竹林の戦いの際に同盟国の結城政朝が援軍として水谷氏など率いて宇都宮へ出陣したのも成綱による外交手腕によるもの。
宇都宮氏と古河公方家(旧関東公方家)との関係はあまり良好ではなく、むしろ険悪な関係だった。宇都宮氏綱の代に関東公方から強引に上野守護、越後守護を剥奪され上杉氏に与えられそれ以降宇都宮氏は大きく弱体化し、関東公方と常に敵対し、室町幕府との関係を強化していた。
その方針が変わったのは宇都宮明綱(成綱の叔父)の代からで芳賀家に擁立される形で当主になり親古河公方方として宇都宮氏を再興する方針へとなった。
155名無しさん@おーぷん :2015/07/24(金)19:22:18 ID:efi
続き
しかし、明綱、そして次代の成綱の父正綱の代では塩谷家や武茂家などの有力一門を再従属させることに成功し、宇都宮家中の基盤を作り上げるという功績を残しはしたが、古河公方家との関係に関しては他の関東八屋方と同程度の扱いまでにしか関係を回復するのに精一杯だった。
そして宇都宮成綱の代に成綱は古河公方足利成氏に接近し、武茂六郎が宇都宮宗家に叛乱を起こした件を境に親密な関係を築くようになる。ここら辺の成綱の功績は成綱の腹心お芳賀景高の動きよるものも大きい。
成綱の成は古河公方足利成氏から授かったものであり、成綱以降の代の宇都宮氏当主が古河公方から名前を授かった事例はなく、この出来事は成綱による何らかの思惑(古河公方家との関係強化)があった可能性が高い。
156名無しさん@おーぷん :2015/07/24(金)19:43:54 ID:efi
続き
成綱と古河公方家の関係はさらに深まり、古河公方家が宇都宮宗家の家中支配に全面的な支援をするほどにまでなる。
その結果、成綱は下野国にいる大小の宇都宮一門を再従属し、また、有力一門の庶家を直属の家臣にすることにより、塩谷家や武茂家などの有力な宇都宮一門が勝手な行動しないよう抑制させるのに成功した。
さらに成綱は、近隣の有力勢力である上那須氏、小田氏、山内上杉氏、そして下総結城氏と婚姻同盟を結んだ。
宇都宮成綱は宇都宮一族を中心とした政治体制を築こうとしていた。この思惑は宇都宮錯乱の際の動向にもよくあらわれており、隠居する際に兄弟の孝綱を塩谷氏の当主にさせ芳賀高勝の動向を探ると同時に、嫡子忠綱の後見人として送り込んでいる。
近隣勢力と婚姻を結ぶことで勢力の安定化と拡大を狙う成綱の外交政策は、規模はあまり大きくはないとはいえ、伊達稙宗が行った婚姻外交に性質が近いといえる。
157名無しさん@おーぷん :2015/07/24(金)19:51:50 ID:efi
続き
成綱の手腕によって宇都宮氏は少しずつ勢力を盛り返しており、そして遂には成綱の娘を古河公方足利政氏の嫡子高基の正室として嫁がせることに成功する。
関東八屋方で古河公方家に娘を嫁がせることができた勢力は宇都宮氏だけであり、この時点で古河公方家と宇都宮氏は特別な関係にあった。
こうした事情が後の有事に対する最大の武器となり、永正の乱、宇都宮錯乱、そして竹林の戦いで最大限に活かされることになった。
158名無しさん@おーぷん :2015/07/25(土)12:52:34 ID:Osn
成綱かっこよすぎ!
159名無しさん@おーぷん :2015/07/27(月)12:56:36 ID:fHa
成綱さんだけではなく結城さんや佐竹さんの話をしてあげようよ
160名無しさん@おーぷん :2015/08/05(水)07:43:28 ID:rWc
佐竹氏と結城氏は語る事ないなーww
でも関東八屋形の勝ち組は最終的には佐竹だよな…
161名無しさん@おーぷん :2015/08/05(水)11:45:59 ID:KFC
佐竹は領内の問題を数代かけて着実に解決したからな
佐竹義篤は北条氏綱ポジション。地味かもしれないが後々の佐竹復権に大きく貢献した
162名無しさん@おーぷん :2015/08/08(土)11:51:24 ID:8WH
成綱はやはり優秀な跡継ぎに恵まれなかったな
忠綱は野心家で戦はできるが内政手腕があまり優れていなかったから内訌起こして自滅してる

成綱の子で唯一落合業親という人物が文武両面に優れた人物だったが庶子だったために跡継ぎにはなれず宇都宮家庶流の落合家を再興している
163名無しさん@おーぷん :2015/09/26(土)16:21:12 ID:gQj
戦国大戦に出てくる宇都宮成綱かっこいいな
164名無しさん@おーぷん :2015/11/16(月)12:57:54 ID:d3n
戦国初期の北関東は好きだわ
宇都宮も佐竹も積極的に外征してるし南奥の勢力との絡みも多い
特に面白いのは繋がりがなさそうな宇都宮と蘆名両名が塩原を巡って争っていたこと
165名無しさん@おーぷん :2016/02/02(火)16:13:05 ID:Nlp
荒らしが出てから過疎ったなこのスレ
166名無しさん@おーぷん :2016/02/02(火)18:23:56 ID:eSG
まともに歴史の話をしたい奴は、全員逃げたな。

運営に削除依頼とか出しても何の対応もしないし、
当然だろう。
167名無しさん@おーぷん :2016/02/02(火)21:18:11 ID:lXF
菅沼とかいうクソ荒らしのせいでまともな人は皆消えたね
あいつアク禁にしてくんねーかな
168名無しさん@おーぷん :2016/02/03(水)06:54:08 ID:osj
>>167
いや、なんか都合よく捏造しようとしてるみたいですが、
元々、>>76あたりからネット廃人のカス子さんが必死で菅沼認定とか
はじめていつも通り発狂しだし、それに対する反撃を食らっただけの話なんですが。
今はそのレスはしっかり削除されてますし、運営もネット廃人カス子さんの所業を悪と見たって所でしょうかね。
なんか、貴女はそれを必死こいて捏造しようと躍起みたいですが。マジでカス子さんアク禁になりませんかねー。
169名無しさん@おーぷん :2016/02/03(水)06:57:34 ID:osj
>>165
確かに、歴史の話題をしてる所で、いきなり発狂しだして
ご自身がとっくの昔に架空人物だと認めてる菅沼なんたら認定に躍起になってた
ネット廃人カス子さんの荒らしレスは迷惑でしたねー。本当にアク禁になってほしいものですね、彼女は。
>>166
単に途中から人がいなくなっただけの話にも思えますが。流れから見ると。
まあ、それはそうと必死で菅沼なんたら認定に躍起になってたネット廃人カス子さんはマジで迷惑でしたねえ。
170名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)11:32:54 ID:580
また信長厨のかす子が出没か
171名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)11:36:25 ID:580
もうさ捏造はいいから、宇都宮の話ししようよwww
ましこ
172名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)11:39:02 ID:580
益子氏を失った宇都宮は、清党の芳賀氏しかまともな戦力居なかった訳だし、終わってる!
やはり、関東八屋方の勝ち組は、佐竹だな…
173名無しさん@おーぷん :2016/04/01(金)13:53:47 ID:KBE
嫁や母ちゃんが佐竹氏だと優秀
宇都宮
174名無しさん@おーぷん :2016/04/19(火)14:49:21 ID:MKZ
確かにw宇都宮成綱の母は佐竹家分家の石塚義親の娘だし広綱の妻は佐竹義昭の娘だし
175名無しさん@おーぷん :2016/04/20(水)15:36:42 ID:o7Q
宇都宮・佐竹・結城、いずれも関東の有力豪族でしたのに、
戦国時代本戦では大いに活躍、とまではいけなかったのが残念。
ただ、この三氏の活動やその歴史を見ていくと、やっぱり東国世界は
畿内や室町将軍を中心とする西国世界とは異なる、関東公方や関東管領を軸とした、
一つの世界だったんだなあ、ってのが感じられて興味深いですねえ。
176名無しさん@おーぷん :2016/04/27(水)14:37:46 ID:o4H
>>175
佐竹は動くのがとにかく遅すぎた
結城は動くのが遅かった上に四天王の暴走を許した
宇都宮はツメが甘かった(忠綱時代)

結城が一番中途半端だったな
宇都宮や佐竹は状況次第では国の統一はできていただろうね
結城は宇都宮と同盟したまま南西に勢力拡大するばもっと大きくなれた
177名無しさん@おーぷん :2016/04/27(水)14:43:59 ID:o4H
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20160424/2304467
戦国時代の「益子氏」滅亡せず存続? 改名か、古文書から新説

 >戦国末期の宇都宮氏の重臣だった益子氏は1589年に宇都宮氏によって滅ぼされたというのが通説だったが、県立博物館の江田郁夫(えだいくお)学芸部長が調査し、新説を提示した。それによると「所領の再配置で片岡氏を名乗り、江戸まで続いていた可能性が極めて高い」としている。

>>172
益子家が江戸時代まで存続してた可能性が出てきたわけだが
益子家は系図がごちゃごちゃだし早く解明されてほしいね
益子勝宗とか面白い人物だし
178名無しさん@おーぷん :2016/04/28(木)14:03:31 ID:sMX
>>177
横レスではありますが、興味深い話題ですねえ。
こうやって新文書の発見によって、色々と通説に新たな解釈が入っていく過程は興味深いの一言ですねえ。
179菅沼遼太 :2016/04/28(木)16:15:24 ID:em5
この掲示板は菅沼と関係ある書き込みしか認めていないから宇都宮の話は禁止じゃぁ
180名無しさん@おーぷん :2016/04/29(金)06:44:55 ID:xTI
>>179
貴女ことネット廃人のカス子さん自身がとっくの昔に「信長が本能寺で死ななかったらスレ」の180と182で、菅沼なんたらが
複数人同一認定して作った架空人物だと認めてるのにも関わらず、
必死でその名前を貼りつけて発狂しなくていいですから、黙っててもらえますかね。
181名無しさん@おーぷん :2016/05/05(木)22:26:03 ID:VSj
益子勝宗って主君の宇都宮家に黙って武田信玄と独自の交流をしてたんだよな
武田信玄の上州攻めに勝宗は援軍として赴いたり、勝頼の元服時には太刀や酒を送ったりしてる
勝宗は信玄に気に入られ、勝宗の嫡男の益子信勝の信の字は武田信玄から賜わったといわれている
面白いエピソードを持っている人物なのにあまり知られていないよな
182名無しさん@おーぷん :2016/05/06(金)06:54:33 ID:TzM
関東の豪族の中には、武田と意外な形で関わりがある人物がいたりしますよね。
ただ、益子信勝さんはあんまりにも武田と関わりがあった為に、宇都宮家から疎まれてしまったようですが。
183名無しさん@おーぷん :2016/05/06(金)13:44:03 ID:un5
何だかんだで武田は宇都宮まで影響を与えていたよな
重臣の皆川俊宗が宇都宮城乗っ取りを行ったことの遠因は1571年に敵対していた北条が武田が同盟を結んだことだし
184名無しさん@おーぷん :2016/05/07(土)06:54:44 ID:Ef2
>>183
武田と北条の駿河争奪戦、とされてる戦いは
実質的には武田・関東諸侯VS北条、という関東全体における戦争ですしねえ。
185名無しさん@おーぷん :2016/05/07(土)06:57:15 ID:Ef2
武田と北条が敵対した結果、北条はそれまでの敵だった上杉と組む事になり、
北条の敵だった関東諸侯は困惑し、武田の呼びかけに応じて連合して北条と戦う事に。
これにより、関東管領VS北条、という図式から、「別に北条と戦うのに関東管領いらなくね?」っていう
図式が生まれ、東国世界での戦いに新たなる流れが生まれる、
というのが興味深い流れですね。
186名無しさん@おーぷん :2016/05/07(土)12:52:28 ID:1fL
古河公方が関東諸侯から必要なくなったのは1560年の関東出兵辺りだよな
187名無しさん@おーぷん :2016/05/08(日)06:29:19 ID:Dhy
>>186
何気に北条はその権威を最後の方まで活用してはいたみたいですけどね。
188名無しさん@おーぷん :2016/05/09(月)19:41:31 ID:4dR
宇都宮広綱が病弱だったのはある意味必然的だった

広綱の母方の祖母は成綱の姉にあたる人物
父方の祖父は宇都宮成綱
更に言えば父方の祖母は遠い親戚の小田成治娘
189名無しさん@おーぷん :2016/08/10(水)13:27:18 ID:7tn
つまり、近親婚の繰り返しの結果、子供が病弱になった、という事で?
でもまあ、一応その血縁関係って、現代日本でも法律的にオーケーっちゃオーケーな
関係ばかりな気もしますが。
190名無しさん@おーぷん :2016/10/25(火)10:36:01 ID:0Jt
広綱よりも国綱の方がまだ有能だと思うけど
191名無しさん@おーぷん :2017/06/20(火)20:45:36 ID:jYb
成綱を主人公にした大河ドラマとかやってほしい

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





北関東三傑スレ【宇都宮成綱・佐竹義舜・結城政朝】
CRITEO