- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

長宗我部元親って中々の傑物だと思わないか?

1名無しさん:2014/04/02(水)21:46:00 ID:5dhU3nvxg()
本能寺の後秀吉の多返しが失敗して畿内がgdgd
になっていたら三好の例を鑑みても中央に
進出できたかもしれないじゃん?
毛利が邪魔だが
2名無しさん :2014/04/02(水)22:27:19 ID:C5s0T7uqt
阿波細川と同じ運命になるだけよ
3名無しさん :2014/04/03(木)00:18:17 ID:GDPVVZRK2
明智軍と同盟
4名無しさん :2014/04/03(木)06:11:34 ID:4LQfrUAKR
圧倒的な戦力差が有ったとはいえ、秀吉の征討軍に一矢も報いること無く惨敗してるしなぁ

所詮地方の実力者止まりかなぁ?
5名無しさん :2014/04/07(月)11:25:38 ID:rE20T2F5K
>>4
最初から大人しく秀吉に降っていれば
土佐一国と(どこだか忘れたけど)もう一国安堵って条件だったっけ?
信長の時の土佐+阿波半国に比べれば条件は良くなってたんだよね
6名無しさん :2014/04/07(月)17:29:40 ID:xLDV7Nwwi
四国のコウモリって言われてたんだろ?そこまでではない気が
7名無しさん :2014/04/08(火)03:31:44 ID:JoGCCbNId
>>5
でも、河野家と十河家の一部を除いてほぼ四国を支配してる状況で、いきなりそのほとんど返上しろと言われてもホイホイ返上出来ないわな
8名無しさん :2014/04/10(木)12:10:24 ID:tbtOKPzVR
>>7
まあ、家臣に恩賞としてばら撒いてる以上難しいわな
9名無しさん :2014/04/10(木)22:50:03 ID:SSOgxUSIu
晩年、なんであんなにボケたんだ…
関ヶ原の前年まで生きてたくせに、どっちに味方しろとか今後はこうなるとか、
何もその手の遺言残さなかったそうじゃないか
10名無しさん :2014/04/10(木)23:01:51 ID:XazKBNaDM
>>9
遺言に縛られずに自由にできるじゃん
11名無しさん :2014/04/11(金)04:07:01 ID:JvV8QcqbX
>>10
結果、長宗我部家は断絶、家臣たちは路頭に迷う羽目になったわけなんだが
盛親を見ても、帝王教育・後継者教育に失敗してるだろ、あれ
12名無しさん :2014/04/11(金)11:18:35 ID:a8zx6WVY8
>>11
仙石「よし!俺のせいじゃないな!」
13名無しさん :2014/04/11(金)11:23:20 ID:HbeEY4LBH
まあ、長宗我部信親にしても血の気ばかりが多くて
中富川原合戦の頃からかなり危なっかしい戦ぶりで
結局後年で戸次川合戦で猪突の末討ち取られてるし
長宗我部家は跡継ぎに恵まれなかったのが残念だな
14名無しさん :2014/04/11(金)12:20:55 ID:VhrWK3eRP
香宗我部親泰とか、弟(盛親から見れば叔父)も元親より早く死んでるんだもんなぁ
15名無しさん :2014/04/11(金)20:38:03 ID:U0L8e6TXn
元親の爺様の兼序の時代に一度滅ぼされてもいるし
また折角家を再興した親父の国親も
宿敵本山氏との決戦だった長浜表での合戦の勝利直後と言う
大事な時期に病で死んでるからなあ・・・

かなり運が無いと言うか、呪われた一族って感じだよな長宗我部氏は
16名無しさん :2014/04/13(日)03:24:17 ID:4TJWkWYBa
http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html

これ見る限りだと、土佐国って太閤検地の辺りですら十万石に達してない……
山内家が土佐に入ってから3倍以上収入が増えてる

長宗我部家って、ちゃんと内政やってたのだろうか?
17名無しさん :2014/04/13(日)06:53:19 ID:oxI0l2TuA
>>16
隠し田でも有ったんじゃない?

お国入り後の山内家の地侍への過酷な対応からすると徹底的に探しまくって帳簿上の石高増えたんじゃないかね?
18名無しさん :2014/04/13(日)09:33:29 ID:a4sdBzymY
>>17
太閤検地で隠し田って許されるのだろうか?
特に豊臣秀吉に逆らった、長宗我部、島津、北条、伊達の辺りなんかは、徹底的に厳しく調べられると思うのだが……
19名無しさん :2014/04/13(日)11:00:33 ID:9XJhpeOab
>>17
それプラスして二毛作の普及とかかな?
20名無しさん :2014/04/13(日)11:16:44 ID:rpNcNNVKQ
>>19
それだとすると、今度は薩摩・大隅・日向国で石高が激減してる理由が解んないんだけど

それにしても、十万石にも達しない土佐国を率いて、四国統一寸前まで引っ張り上げた長宗我部元親は、
やっぱりとてつもなく偉大だったのね
21名無しさん :2014/04/13(日)14:40:15 ID:N0m4KuMbJ
>>20
土佐七雄の国人の中でもとりわけ身代が低い家だったのを考えると
そこから勝ち上がって四国平定一歩手前まで成り上がったのは
やっぱ偉大だと言えるよな

それにしても日向の石高の減少はマジ半端ないな
一体何があったんだろう?
22名無しさん :2014/04/13(日)15:05:56 ID:kf4conoEG
能登も太閤検地と寛永検地との間で10万石も減らしてるな
農民やめて輪島塗職人にでもなったのかな?

そう言えば、長宗我部元親はまず第一に四国統一とか言う前に、土佐国の統一から始めなければならなかったんだよな
最初っから98000石を自由に扱えたわけではなかったわけだし、
土佐国の統一以降も自分よりも身代が上の連中と戦い続けていたのか……

「鳥無き島の蝙蝠」ってのは織田信長の過小評価だよなぁ
23名無しさん :2014/04/14(月)00:27:54 ID:ON0FaSEIh
本能寺の変が起きなかったらあの時点で終わっていた
24名無しさん :2014/04/14(月)06:55:12 ID:Y8kq5G86h
>>23
信長の方が処置は過酷そうだよねぇ
25名無しさん :2014/04/15(火)00:02:53 ID:m406bvxUi
歴ゲーでの長曾我部はマジで面白いよな
白地城取ってそこから讃岐阿波伊予同時侵攻
四国統一した時点で飽きちゃうけどw
26名無しさん :2014/04/15(火)06:03:22 ID:sWuN8YUph
先日の笑点で小遊三が
「チョウスケベ モトチカン」とやってたな
もっとも座布団は獲られたけどな
27名無しさん :2014/04/15(火)20:43:23 ID:boTccNV6L
>>26
ひでえなw
まあ高知県民は長宗我部を貶しても
坂本龍馬を貶されない限り怒らなそうだけど
28名無しさん :2014/04/15(火)22:54:10 ID:dFtKnTYA3
高知県民にとっても、長宗我部家はさして有名でも何でもない遠い世界の話なんだろうなぁ
「信玄堤」みたいな遺構が残ってるわけでないし

せいぜい言って「播磨屋橋」くらいか?
播磨屋って長宗我部家の御用商人だよな?
29名無しさん@おーぷん :2014/05/08(木)21:08:49 ID:GfV2C25gP
>>5
それは本能寺の時点より長宗我部領が増えているからであって、長宗我部が善戦したからではないと思うぞ。
もちろん秀吉が信長より寛大だからでもなく。
30名無しさん@おーぷん :2014/05/10(土)02:00:51 ID:QjFEgoV65
コウモリは所詮コウモリ
31名無しさん@おーぷん :2014/05/11(日)09:52:40 ID:Y1iIuQxaQ
県民はゲームに便乗して関興開拓しようと頑張ってるがどうしても龍馬の存在感がでかすぎてねぇ
一応初陣の場所に銅像立ってるのと所縁の神社でお祭りしてる位だね。
お祭り、じゃなく長曾我部フェスってなってて吹いたけど。


公務員に上士出身者が多いし、軌跡もそんなに残ってないし。
元親の墓なんて無双やバサラのファンが押し掛けなきゃ地元民でも忘れてて墓石倒れてたくらいだし

四国という隔離環境だったからこそ信長の制圧目標の下位にあって攻め込まれるのが遅くなって生き延びた感がある
32名無しさん@おーぷん :2014/05/11(日)09:55:57 ID:Y1iIuQxaQ
岡豊城は山内一豊が乗り込んできたときに高知城の材料にするってんで解体されたし。
史跡はあんまり残ってないのは確か。

ちなみにのいち動物園で土佐馬(ポニークラスの大きさ)は見れる。
あんなのに甲冑着て乗って走れるのか不安になる
33名無しさん@おーぷん :2014/05/11(日)19:14:47 ID:8IaPJkyen
>元親の墓なんて無双やバサラのファンが押し掛けなきゃ地元民でも忘れてて墓石倒れてたくらいだし

これはひどいな
34名無しさん@おーぷん :2014/05/12(月)18:04:34 ID:V3AGLo88J
>>32
岡豊情は何年か前に行ったが
城跡に歴史資料館が建っていたのにはたまげたわ

まあ廃城になったから建物類の遺構が無いのは当然だよ
でも廓跡や石積みの一部、堀切等は残ってたから
城跡巡りが趣味だった俺には満足
それに整備されていて見学し易いしね
35名無しさん@おーぷん :2014/08/25(月)23:44:51 ID:8zMU8YzMV
三好長慶といい長宗我部元親といい四国の武将は晩年が残念すぎる
まあ長慶は魑魅魍魎が跋扈する中央政界で人間の怖さを知っていただからだろうし
元親は築いてきたものほとんど失った上、子どもが死んでボロボロだったんだろうけど
36名無しさん@おーぷん :2014/09/02(火)07:34:08 ID:HDEPWvwbo
>>35
長慶さんも子供を失ったしね
37名無しさん@おーぷん :2014/09/08(月)10:37:26 ID:gJPNh9OVi
元親は、長年対立してきた十河一存と、そして大事な嫡男である信親とを喪ったんだよね

ここで、2つの仮説が出てくる。

一、長年対立してきた十河一存は、長曽我部家への憎しみが『恨み骨髄』にまで達しており、我が身に変えてでも元親と信親親子をぶっ殺してもらおうと画策してああなった説。
(結果的に元親が生き残ったのは奇跡みたいなもの)

二、一とは逆に、元親が十河一存や、やはり四国征伐の以前から対立してきた仙石秀久をどさくさ紛れに謀殺・暗殺しようとし、結果的に十河暗殺には成功したものの、信親を喪うという思わぬ計算違いを招き寄せた

本当のところはどうなんだろうね
38名無しさん@おーぷん :2014/09/08(月)23:53:21 ID:qWPaEkANO
単純な作戦ミスじゃねーの
39名無しさん@おーぷん :2014/09/10(水)00:36:47 ID:sXWr9M635
>>37
この戸次川の戦いについて記したイエズス会士の記事を参考にするならば、
2.は違うのではないかと。
この記事によると「豊臣勢が河を渡リ終えると、
それまで巧みに隠れていた島津勢が、太刀を振りかざし、
弓をもって、猛烈な勢いで敵の鉄砲には目もくれずに突撃してきたので、
土佐の鉄砲隊は味方から期待されてたにも関わらず、
発射するだけの時間も場所もなかった。」的に書かれてるので、
普通に薩摩勢の強襲戦法にしてやられたように思えますね。
40名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)15:44:59 ID:GX2
>>5

まあそうだな。
41名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)15:46:05 ID:GX2
あげ
42名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)17:32:51 ID:1H3
本土中央の英傑と比較して上だ下だという議論はしたくない
石高が大きい場所に住んでいる=優れているとは思わないからだ

貧弱な国力でも地道に領土を拡大した手腕は武田信玄に似てるとも言える
国経営で有名な逸話はあるまい?と言われそうだが
たしかに信玄堤のような有名な逸話はないが水害の多い地域だし普通に堤など治水対策は行っていたようだ

他の名将と同じく名将たる所以はやはり新しいことを思いついて他を出し抜くということだろう
一領具足ってやつだな(発案したんじゃなくてうまく運用した側だが)

半農半兵の発展系でしかないがここでは圧倒的な兵士動員力で他家の度肝を抜いている
つまり勝つために古い常識を捨てて新しいことを考えるという気質が名将たるゆえんだと思う
そんなことはどの武将でもしてそうなものだが先に大きくなった方が勝ちでそれが実力なのである

ただ四国という土地柄で国力も低くとても中央とは渡り合える勢力ではなかった
土地が違えばまた違った結果になると思うがそれはわからんけど

長宗我部元親が名将であるという評価に疑問はない
43名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)19:35:21 ID:T10
20年ぐらい前に大河ドラマになっていたら、いまごろ伊達政宗ぐらいの評価と人気はあったかもね。
44名無しさん@おーぷん :2017/08/08(火)17:01:11 ID:ewP
>>42
これに尽きる。
元親への評価が低くなりがちな理由はそもそも四国という地域自体の評価が低い事に関係あると思ってる。

地域の弱小勢力から地方統一までこぎつけた点から言えばすぐ隣の中国地方の覇者、毛利元就とよく似てる。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





長宗我部元親って中々の傑物だと思わないか?
CRITEO