- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

戦国期の水軍をまったり語ろう

1名無しさん:2014/04/07(月)21:40:32 ID:QAJxztQSs()
肩の力を抜いて語ろう。
2名無しさん :2014/04/07(月)21:42:57 ID:QAJxztQSs()
「信長の鉄甲船は、ほとんど動かない洋上要塞だと認識していたけど、違うの?
石山への港が特定されている訳だし、そこまで移動出来れば、後は火力で制圧、という事で。」

「ガレアスみたいのものだったのかね
これも移動なんて考えてない海上要塞だったし」

「海戦といえば普通は機動戦だけど、この海戦だけは野戦築城に近いんじゃないかな?
信長の戦い方には、割と付け城による包囲戦が多いけど(野戦は決戦となる戦くらい)、その延長で海の付け城、と考えれば鉄甲船が理解しやすいかも。
信長は、自分の得意な戦に持ち込むのが得意だけど、これも海戦に勝つのではなく、自分の得意な状況に持ち込んだのかもしれない。
どういう構造だったのか判らないところが多いけど、当時の船(和船・西洋船・中東・ジャンク)で、薄鉄板を張って、機動戦が行えたはずが無いから。」
3名無しさん :2014/04/07(月)21:44:17 ID:QAJxztQSs()
「大安宅がまともに使えたのは狭い河で戦われた木津川口の合戦くらいで、
実用性は殆どなかったのではないか。
朝鮮でも安宅は殆ど兵力にならなかった。
海での戦いはわずかな速度差でも結局は機動力の勝負になるよ。」

「長篠の合戦の馬防柵のような、足止め・待ち受け戦術用の船だったと思う>鉄甲船
陸戦の発想を力技(財力)で海戦に持ち込んだものだったのでは」
4名無しさん :2014/04/07(月)21:44:48 ID:QAJxztQSs()
「ガレアスもコンスタンティノープル攻め落としてるから拠点攻略には強いんだろうな。」
5名無しさん :2014/04/07(月)21:46:29 ID:QAJxztQSs()
「よくは知らないけれど、
山本水軍(北条の水軍衆)が上方の技術を導入して造った船を導入して、
それまで優勢だった里見の水軍を圧倒したらしい。
これが大体里見との講和直前の話。」
6名無しさん :2014/04/07(月)21:47:13 ID:QAJxztQSs()
「鉄甲船は川口を封鎖する為のものだから、
極論すると動けなくてもいいんだよ。」
7名無しさん :2014/04/07(月)21:48:30 ID:QAJxztQSs()
>“天地丸”は寛永7年(1630)、3代将軍家光の時代に建造され、廃船に至る幕末までの実に230年以上の間、将軍の御座船の地位にありました。
ttp://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00200/contents/065.htm
230年以上ってスゲー
これだけ長寿船って世界的にも珍しいんじゃね?

上部構造物がフレーム状になってるけど、戦時にはここに任意の盾板を装着すると思う。
8名無しさん :2014/04/07(月)21:49:51 ID:QAJxztQSs()
個人的には漆塗り説もかなり説得力があると思っている。
防火・防水効果の高い黒漆塗りは、安土城や大坂城など古い城の下見板張りによく使用されたが、
安宅船の建造は船体部分を船大工、櫓部分を屋大工が分業していたことを考えると
同時期の城郭によく使用されていた黒漆塗りの技術を軍船に応用したという事も、十分ありうるのではなかろうか。
鉄甲?船のプロトタイプなのであろう佐和山の大船を建造したのが、
安土城と同じ宮大工・岡部又右衛門なので、よけいにそう思う。
9名無しさん :2014/04/07(月)22:52:16 ID:1qt1W8yuN
朝鮮出兵の時の相手方の亀甲船って、本当に日本水軍より強かったの?
10名無しさん :2014/04/07(月)23:03:22 ID:PY3JCrb8A
亀甲船など存在しません
ファンタジーの船です
11名無しさん :2014/04/08(火)10:23:40 ID:7qieUp1gv
鉄鋼船って石山本願寺を倒した後にはどこに消えたの?
文禄の役とかにも使用されたの?
12名無しさん :2014/04/08(火)11:18:00 ID:fpelbG4sK
あれはあの時の戦いのみだから
13名無しさん :2014/04/08(火)13:33:36 ID:J6J9ta8yV
スペイン無敵艦隊と戦ったらどっちが強い?
船一隻あたりはスペインの方が強くとも、イギリスだってアルマダ海戦で勝ったよね?
アルマダ海戦の頃のイギリス相手なら日本水軍の方が勝てそうな気もするんだけど
14名無しさん :2014/04/08(火)14:30:45 ID:rZelkRLCA
>>13

スペイン。
15名無しさん :2014/04/08(火)16:00:53 ID:YlBGhxH8I
>>13
で、なんで日本の鎖国政策に異を唱えられなかったの?
直接本州や九州を侵略するのは無理でも、琉球とか奄美大島とか種子島、五島列島、淡路島、佐渡島あたりの島々だったら海軍力さえあれば侵略できたんじゃないの?
結構、あの時代の日本はスペイン人宣教師をぶち殺したりしてるでしょ
16名無しさん :2014/04/08(火)16:14:12 ID:0xvHk1pld
とても勝てそうにないから
17名無しさん :2014/04/08(火)16:27:53 ID:YlBGhxH8I
スペインの方が海軍力強いんだよね?
なのに離島一つも満足に取れないの?
18名無しさん :2014/04/08(火)16:52:11 ID:ZqK81U2yh
>>15

兵站が続かないでしょ。
19名無しさん :2014/04/08(火)16:55:50 ID:Kbzzrcd1V
因みにスペインとポルトガルが中南米を植民地にできたのは
現地人が土人だったから
そこの認識が欠落してるよ >>15
20名無しさん :2014/04/09(水)09:45:53 ID:SQzWcGDRr
いやインカ帝国はそうとうな文明国だったよ
21名無しさん :2014/04/09(水)14:27:28 ID:9IxeWY4E6
富強だったのかもしれないが軍事力は弱かったな。

日本では奥州藤原氏があっさり滅んだな。
22名無しさん :2014/04/09(水)14:59:02 ID:jSKvAFsAv
そりゃあ28万の大大軍で攻めて来られたら
為す術がないやろ
23名無しさん :2014/04/09(水)17:25:26 ID:Ci35Pbgdp
>>9
文禄初期で戦った日本水軍は、竜骨の無い外洋向きの船ではなかったこと。
天下統一後の秀吉の政策で、水軍はでかい船を作るなと指示されていたこと。
水上戦を想定しておらず、水軍将も陸戦を戦っていたこと。

これを抑えておかないと、なんで日本水軍が初期に苦戦したか見えてこない。

唐武陣 文録・慶長の役の偏り5 中国(明)・朝鮮から見た日本の船
http://zaq.ne.jp/users/es1772329/article/101/

朝鮮水軍は、1592年4月から単独行動をとる日本水軍に攻撃を仕掛け戦果を挙げている。
しかし、8月までには陸上を中心に朝鮮水軍を迎え撃つ作戦に切り替えことと
日本水軍も大鉄砲・大筒を使用し始めると、
朝鮮水軍は途端に苦戦し始めた。

同年10月には福島正則指揮の日本船に、逆襲されて焼き討ちされる事例もでている。

そして朝鮮水軍による補給腺の分断説もあるが実際は切れていない。
李舜臣が日本軍の補給線を寸断したという虚構(文禄の役編)
http://tokugawa-tokugawa.blogspot.jp/2011/09/blog-post_10.html

そもそも、日本、明、朝鮮、フロイスの各種記録に、
朝鮮水軍のせいで補給が切れたとの記録は一切無い。
24名無しさん :2014/04/09(水)21:40:48 ID:BwWHjpA9c
>天下統一後の秀吉の政策で、水軍はでかい船を作るなと指示されていたこと。

どういうこと?
秀吉は一方で乾煎りを考えておきながら、そのための準備は禁止してたの?
25名無しさん :2014/04/14(月)22:52:18 ID:8uLux3Pe2
>>24
海賊禁止令だね。
刀狩と海版といったところ。
27名無しさん@おーぷん :2015/02/17(火)20:58:57 ID:DTj
賀正
28名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:52:07 ID:Rnc
538 名前:人間七七四年
投稿日:2015/01/03(土) 17:40:22.14 ID:/4pW8jZa

1月4日(日)朝4:55~5:50 テレビ朝日
「村上水軍と塩飽水軍 海の覇者 瀬戸内海賊ヒストリー」
香川照之が瀬戸内海で活躍した水軍の歴史を巡る~

正月からマニアックな
そして俺向けな番組やってんなあテレ朝
29名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:52:25 ID:Rnc
539 名前:人間七七四年
投稿日:2015/01/04(日) 17:39:25.28 ID:9A1ZHxuU
番組見たわ
村上が世渡りヘッタクソで塩飽が世渡り上手みたいな感じで
紹介されてたがホントなん?
30名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:52:42 ID:Rnc
540 名前:人間七七四年
投稿日:2015/01/05(月) 01:19:23.98 ID:xiVSPDJq
観てないけどどんな内容でした?塩飽水軍って『瀬戸内海族物語』で名前聴いたぐらいでしか知らない
31名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:53:07 ID:Rnc
541 名前:人間七七四年
投稿日:2015/01/12(月) 21:26:37.55 ID:PWDk1GT+

内容は薄かった
村上は武に秀でて主(毛利)を変えず
塩飽は知に秀でて信長秀吉家康と主を変えて交易でボロ儲けした、みたいな感じ。
村上は武吉についてちょっと触れて。塩飽は塩飽大工最後の人みたいなのを紹介。伝太夫とかについては触れず

まあ、あの時間に起きてまで見る内容じゃなかった
32忍法帖【Lv=1,バラモス,vWa】 :2015/11/19(木)20:04:16 ID:vJw
スレを保守
33名無しさん@おーぷん :2016/06/09(木)00:13:23 ID:VFI
>>15
島なんて奪っても儲からないよ。
イギリス人が三浦に領地持ってたわけで、
支倉さんはイスパニア領メキシコと貿易するためにバチカンまで行ってローマ貴族になったけど、
肝心の通商許可は得られなかった。
連中にやる気があれば伊達が天下取ってたんじゃないか?

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





戦国期の水軍をまったり語ろう
CRITEO