- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【梟雄】宇喜多直家をピンポイントに語るスレ

1名無しさん:2014/04/11(金)10:05:29 ID:1GYdQmOoz()
宇喜多直家の内政能力や、(まともな合戦をすることは少なかったが)軍事能力に
ついても議論したい。
2名無しさん :2014/04/11(金)10:07:26 ID:1GYdQmOoz()
明禅寺合戦。

直家の動きが素早い。

軍事的な才能もかなりあったような感じではある。

とは言え、実は事前の寝返り(切り崩し工作の成功)
によって優勢になってたんだね。
3名無しさん :2014/04/11(金)10:10:03 ID:1GYdQmOoz()
直家は身近で小さな悪事をこつこつと積みあげた感じ
自分で舅を刺したり、料理に毒盛ったり、難癖つけて無理やり切腹させたり
手作り感?ただよう悪事が多いよね
4名無しさん :2014/04/11(金)10:13:23 ID:U93GjZM0d
羊飼いから一国一城の主…
豊臣秀吉と同じくらいの成り上がりぶり
だから秀吉と馬があったのかな?
子どもの秀家も秀吉に預けて養育を依頼してるし
5名無しさん :2014/04/11(金)10:21:12 ID:O71AhO5uj
日本のチェーザレ・ボルジアといった所か?
6名無しさん :2014/04/11(金)10:21:43 ID:1GYdQmOoz()
>>5

まあそんなところかも。
7名無しさん :2014/04/11(金)10:30:07 ID:MjjwWAZwy
直家「皆さんお疲れでしょう?
我が家でお茶でも召し上がりませんか?」
8名無しさん :2014/04/11(金)10:33:19 ID:O71AhO5uj
そんな感じで誘ったかも
でないと危険な空気を察して毒入りのお茶なんか飲むわけがないからな
9名無しさん :2014/04/11(金)12:23:11 ID:VhrWK3eRP
一応、本気で直家を心服させたなら、直家は裏切らずに忠義を尽くしたしな
豊臣秀吉(織田信長)しか該当者いないけど、
毛利攻めに裏切りの気配すら見せず積極的に援軍出して戦ったこともある
10名無しさん :2014/04/11(金)17:21:47 ID:sc5SaTNWz
>>9

それは心服ではなく「勝ち馬を見抜く」ということでしょう。

宇喜多直家が関ヶ原まで生きていたら東軍についていたと思う。
11名無しさん :2014/04/11(金)20:27:01 ID:wmmK7dnZu
>>9
単にそれだけで、秀家を託したりするか?
まぁ、晩年の直家はかなり弱気というか耄碌と言うのか、情に厚い涙もろい男になっていたらしいので、正気じゃなかったのかも知れないが

「人たらし」の秀吉がいかに凄かったかという逸話だと思ってた
12名無しさん :2014/04/11(金)21:18:54 ID:sc5SaTNWz
>>11

> まぁ、晩年の直家はかなり弱気というか耄碌と言うのか、

初期の認知症みたいな感じはあるなあ。
13名無しさん :2014/04/11(金)23:11:56 ID:92rQ2q78w
今でも50でボケてる奴が沢山おるやんけ
14名無しさん :2014/04/12(土)05:41:31 ID:mYaTMwXey
直家「策士策士と嫌われますが、馬鹿正直に正面から戦でぶつかるより暗殺の方が手っ取り早いし、何より犠牲も少ないんですよ?
私ってなんて人道主義者(ウットリ」
15名無しさん :2014/04/12(土)06:11:31 ID:owEHwZfai
今で言う「サイコパス」ではないかと思う。

松永久秀もそんな感じ。
16名無しさん :2014/04/12(土)10:56:33 ID:xrMG5DI6y
戦国時代の人間を捕まえて精神病扱いはしてもらいたくないなぁ
17名無しさん :2014/04/12(土)12:36:54 ID:QNT1LePN8
徳川家なんかほとんど狂人だからな
18名無しさん :2014/04/14(月)07:14:14 ID:Y8kq5G86h
世界初の狙撃暗殺の発注主
世界史にも名を刻んだね♪
19名無しさん :2014/04/14(月)12:54:46 ID:sDRV35JXQ
>>15

八つ墓村の系譜だな。
20名無しさん :2014/04/26(土)20:42:16 ID:zDUYFCLMX
>>14は確かに正論っちゃあ正論だよな
無駄に戦争して多くの兵士を殺すくらいなら、戦争しないで頭だけ叩き潰せば良いってのは確かに正論
無駄に情けをかけるから裏切られることにもなる
21名無しさん :2014/04/27(日)00:51:56 ID:RSKCp1GtW
毛利と織田に挟まれて生き残ったのはすごい
22名無しさん :2014/04/28(月)06:27:56 ID:elUro3iEQ
足利義昭を利用するだけの政治力がなかったようだが。
23名無しさん :2014/04/29(火)00:07:35 ID:h2m0X0f0Y
息子が五大老のひとりになったんだっけ?
24名無しさん :2014/04/29(火)13:19:55 ID:s1SwCpYsH
>>22
利用する価値が既にになかったでしょ
居てもめんどくさいだけだし毛利に押し付けたのは賢いよ
25おーぷん@名無しさん :2014/04/29(火)14:48:53 ID:03MbVtyqU
足利義昭も謀略家だから、もしかしたら直家暗殺されて実権奪われてたかもね
26名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)17:47:22 ID:Uvo
155 名前:日本@名無史さん
投稿日:2014/12/31(水) 21:56:32.40

直家が死んだ時に分裂する所を秀吉の後ろ盾で強引にまとめてただけだから
お家騒動が勃発するのも当然の流れだな
27名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)17:49:06 ID:Uvo
150 名前:日本@名無史さん
投稿日:2014/10/05(日) 20:07:27.11

浮田左京は封土も3万石程度の器量であるが、
戦場ではやたらと強く、関ヶ原の最前線に居て最終状況を演出し、
大坂夏の陣では大物崩れの再現を演出した。
ある種の異常人である。
血筋が良いわけではないが
父親が浮田忠家で、超貴人である秀吉の影武者をやっていた。
徳川政権は俺が演出して創造したのだから、
何をやっても自由だろう、
といったあたりが、千姫事件の真の動機でしょう。
28名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)22:15:06 ID:IEd
>>9
その織田信長さんなのですけど、
宇喜多直家が羽柴秀吉を通じて味方になった時、
秀吉に対して「なんて勝手な事をしたんだ!」と激怒し、
その後で結局受け入れる事になるわけですけど、
その受け入れた少し後で、毛利に対して「和睦しよう」と
申し入れており、それも何人もの配下武将や公家、僧侶、
などを通じて和睦を打診しており、それの対応に当たった安国寺恵瓊の
書状には、「(信長側からの交渉者達の主張は)
いずれも宇喜多が信用できない者だから、毛利と和睦したい、というのが
信長の意向、というもののようです。」的に書いてあるわけでしてw

あの信長をして、「こいつを味方にするよりは、毛利と和睦した方がいい」と
思わせてしまうなんて、まさに梟雄・直家公の面目躍如ですねw
29名無しさん@おーぷん :2015/04/19(日)22:09:18 ID:GjY
宇喜多直家と真田昌幸と斎藤道三の化かし合い合戦を見てみたかったり。
同時代人だから、場所さえ許せば不可能ではないはず。
恐らく、三国志みたいな知恵比べが発生したんだろうなぁ。
30名無しさん@おーぷん :2015/04/20(月)00:32:24 ID:h41
宇喜多と斎藤はともかく、真田昌幸は道三が死亡した時に
わずか9歳ですので、さすがに渡り合わせるのは可哀想では。
31名無しさん@おーぷん :2015/04/20(月)09:49:31 ID:5bI
あと松永久秀もそこに追加で
32名無しさん@おーぷん :2015/06/23(火)07:31:42 ID:P9T
>>28
信長に臣従した時点で、直家は、子供の秀家の事ばかり心配しては泣き崩れる、耄碌爺さんに化していたんじゃないの?
元々宇喜多家の家臣だった小西行長が、秀吉の家臣となったのも、直家の耄碌っぷりに愛想を尽かしたからかなと思ってたんですけど。
33名無しさん@おーぷん :2015/07/27(月)21:29:24 ID:Abd
>>32
そんな無理して直家を貶めなくてもいいと思いますよ。
普通に信長の意思を伝えられた毛利側の書状では
「宇喜多が表裏の者なので(信用できない者って事)、
宇喜多と組むくらいなら毛利と和睦したい、というのが信長の意向らしい。」
とあるので、普通に信長は直家を警戒し、味方にする事を厭っただけではないかと。
このエピソードは梟雄・直家の面目躍如ともいえる話であって、
無理に貶めなくてもいいかと。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【梟雄】宇喜多直家をピンポイントに語るスレ
CRITEO