- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

稀代の軍略家 佐久間盛政

901名無しさん@おーぷん :2017/04/07(金)17:58:17 ID:XoY
>>898
いやいやいやw
勝てる勝てない関係無しに、一人で功績を挙げて嫉妬されないように、
後詰め程度でも良いから援軍要請を行うってのは、当時よく見られた光景だぞ?

前田利家が柴峠を奪取した時点で、事実上、荒山合戦は終わっている
後は味方との補給線を維持しながら守りを固めておくだけでも敵は自ずから滅んだであろう
問題は上杉の援軍だけである

前田利家一人に限らず、佐々成政であれ、佐久間盛政であれ、
「上杉軍が援軍に向かっている、またはその可能性大」
と聞けば援軍要請するのは当然であろう
彼らは一介の「地方総司令官(勝家)の一配下」でしかないからだ
地方総司令官の、そのまた子分でしかない彼らが、
腐っても関東管領上杉家を引き継ぎ、越後や北信濃、上野などに武威を誇っていた尚武の家柄である上杉家という「大名」を敵に回して、
援軍を要請しないなどという事があろうか?

地方総司令官の羽柴秀吉ですら、
備中高松城に毛利輝元率いる五万の援軍が来る事を知り、
織田信長直々の出馬を願っている

実際には、秀吉は毛利に負ける気は無かったらしく単に功績を信長に譲って同僚たちの嫉妬から矛先をそらす事が目的であったとも言うが、

・特に困ってなくても一人で功績を挙げて嫉妬されないように援軍要請する

・地方総司令官ですら、大々名直々の出馬と聞けば援軍要請する

この事は、秀吉の行動を見ていても解る事ではないか
902名無しさん@おーぷん :2017/04/07(金)19:21:10 ID:AoH
>>899
メリット…石動山城と荒山城との連携を断ち、荒山城を敵中に孤立させる
相手を敵中に孤立させられるのは大きすぎるメリット
もちろんデメリットとして前田利家が敵中に孤立する点もあるが、そこは援軍も計算に入れ、殲滅を狙ってあえてやってるのが見てとれる
ちなみに荒山は加賀との境目、佐久間も放って置くこともできない点も見逃せない

むしろ賤ヶ岳の戦いの佐久間盛政のほうがメリットが見当たらない
羽柴本隊到着以前なら、戦果がそれ以上出ない(高山は逃亡している)から意味ないし、羽柴本隊到着後なら、羽柴が撤退の可能性もあり、殲滅は狙えないし、しかも、援軍に来たところで勝てるか不明
それこそ敵中に留まる必要性を感じない
903名無しさん@おーぷん :2017/04/07(金)19:25:16 ID:AoH
>>902
追加…敵中に孤立させたからこそ、逃げ場のない温井・三宅連合という形にできてる
決して二将を討ち取れたのは佐久間盛政のみの功績ではない
904名無しさん@おーぷん :2017/04/07(金)21:01:37 ID:XoY
>>902
能登は前田の領土だから、孤立って事はほぼ有り得ないしね

それはともかく、「荒山合戦」を持ち出すのであれば、
ますますもって、佐久間盛政は「稀代の軍略家」などではない事を立証してしまうのだが……
そもそも「稀代」どころか「軍略家」ですらない

この時点で、最も優先するべきだったのは、本能寺の変で信長を討った明智光秀の討伐だったろう
秀吉に先んじられていて弔い合戦が無理だったのなら、
さっさと残された織田家を牛耳る為に裏工作を行っておくべきであったはずだ

その為なら能登や加賀、越前すら失っても惜しくなどない
柴田家が伸るか反るかは、この後の展開こそが鍵を握っていたのだから

本当に佐久間盛政が「軍略家」であったのならば、
柴田勝家の尻を叩いて、明智光秀討伐の「その後」を見越した行動を取って動いてなければおかしい
まして「稀代」とまで言うからにはなおさらである

「軍略家」とは一体何の為に存在すると思っているのか?
否、それ以前に、意味が解って言葉を用いているのであるか?

目前の合戦に勝つだけの人の事を「軍略家」とは呼ばない
まして「稀代」などとはお恥ずかしいくらいのものだ
905名無しさん@おーぷん :2017/04/08(土)20:08:55 ID:2sZ
>>902
荒山は能登の小丸山城の近辺
906名無しさん@おーぷん :2017/04/08(土)20:20:26 ID:2sZ
>>903
誰も前田に功績ないと言ってないやろ…それ以上に玄蕃の功績が凄い
907名無しさん@おーぷん :2017/04/08(土)21:17:34 ID:fmt
>>906
他のレス見ても、その人は理解力がちょっと足らないんだと思うよ
908名無しさん@おーぷん :2017/04/09(日)01:52:55 ID:DHN
>>905
すまん、地図見間違えて加賀と勘違いしとった
どっちにしても越中にも近いあの場所なら佐々も黙れないはず(援軍要請は佐久間にいったけど)
909名無しさん@おーぷん :2017/04/09(日)01:54:58 ID:DHN
>>907
当人にそれ言ってどうするんや…
まあ理解力とかいろいろ足らないのは賛同せざるを得んが
910名無しさん@おーぷん :2017/04/09(日)08:49:19 ID:FWp
・優れた武将だったことは、多くの史料に記されている。
・織田家最大の敵だった本願寺教団の牙城加賀国を平定した功績。
・二十歳そこそこで加賀平定戦の主力を担い、二十代で国持大名になった。
・後の天下人秀吉からも認められた力量。
と名将だったことは間違いない。
織田信長や柴田勝家からの信頼は厚く、同僚や部下とよく協力し、死後も娘や弟たちが御家再興に尽力した。 等々、人望もあったようである。

この点からして佐久間玄蕃は名将なんだよな。
911名無しさん@おーぷん :2017/04/09(日)11:36:12 ID:BX6
>>910
別に名将じゃないとは言ってないから…
912名無しさん@おーぷん :2017/04/09(日)15:31:32 ID:DHN
>>910
賤ヶ岳と荒山消えてる…悲しいなあ…
なお、加賀平定戦の主力は柴田勝家で、加賀平定は柴田勝家の功績となされることが多く、加賀も大聖寺に拝郷家嘉、小松に村上義明などでせいぜい半国程度だったもよう
そして優れた武将とされたのは、後世の「賤ヶ岳の戦いで武に過信して道を誤った」とするためな可能性あり
そして賤ヶ岳では柴田勝家の制止を振り切る実績があり、そもそも同僚と協力できるかどうかは疑問、逸話としても「一度決心するとてこでも意見を変えない」的な逸話があり、とても協力できる人となりには見えないもよう
そして弟のお家再興は単なる自身の処世術(兄が賤ヶ岳の戦犯の一人として処刑されたので身寄りすらない)なだけなもよう
>>911
名将扱いするとこのスレではイッチの同盟扱いされて無能扱いされるからね、しょうがないね
913名無しさん@おーぷん :2017/04/10(月)02:54:10 ID:nPL
>>910
あのさあ…
だからといって「賤ヶ岳の戦いに於ける佐久間盛政」が名将とは呼べないはずだよね?

今川義元だって「全体的に見れば名将」だったはずなのに、
桶狭間の戦いの一敗だけを根拠に酷評されがちだよね?

というか、それまでの戦績が良かったからって、
「だからナニ?」としか思わないんだけど?
「賤ヶ岳の戦い」に於いては「お荷物」「敗戦の総責任者」にしかなってないじゃん
914名無しさん@おーぷん :2017/04/10(月)03:01:16 ID:nPL
>>910
>・二十歳そこそこで加賀平定戦の主力を担い、二十代で国持大名になった。

ついでに、これは「名将」と呼べる条件なのかね?
佐久間盛政の成長と、織田家の領土拡大の時期が単に一致していたってだけの話なんだけど?

桶狭間の戦いの時、佐久間盛政は6歳。
20歳の時点で、織田家を滅茶苦茶苦しめた武田信玄も死んでるし、浅井・朝倉も滅んでるんだけど?
ついでに長篠合戦は21歳の時の出来事。
有能とかどうとか関係なく、この時期の織田家であれば頭数確保の為に誰でも取り立てたと思うんだけど。

織田家が最も苦労していた時期には参加していなかった人物を「稀代の名将」とはチャンチャラおかしい。
915名無しさん@おーぷん :2017/04/10(月)16:44:31 ID:DAS
>>912
>>913
>>914
一理あるな
916名無しさん@おーぷん :2017/04/11(火)04:10:09 ID:rGo
>>915
そこで引き下がられると佐久間盛政さんはとても軍略家
とは言えなくなるんですがそれは
917名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)14:34:19 ID:Bbf
>>916
引き下がってないんやない?ただ「無能説もあるが有能説もあるよ」ってだけじゃない?
918名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)14:57:07 ID:5x1
>>917
そういう譲歩できるニキが相手ならここまでレス番いかないんだよなあ…
口だけでも受け入れてくれるだけありがたいよ
919名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)15:02:04 ID:Bbf
>>918
同意やわ
920名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)16:13:15 ID:Em7
交渉ならともかく議論で譲歩しても意味無いんじゃないの?
921名無しさん@おーぷん :2017/04/17(月)17:54:09 ID:1QY
>>920
だな。有能説・無能説をぶつけて議論することによって佐久間の知名度も上がるしな
922名無しさん@おーぷん :2017/04/19(水)12:43:58 ID:mXV
ある局面では有能と言えるかも知れないが、
少なくとも、肝心要の賤ヶ岳の戦いでは無能さをさらけ出したというのは、
一概に「無能説」にカテゴライズされるべきなのだろうか?
923名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)13:55:54 ID:CyZ
>>922
源義経以来の稀代の軍略家の佐久間盛政だからな
924名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)15:02:09 ID:Evz
>>922
>>912->>920でお察しください
「無能」とか言うと噛みつくニキおるから
現に噛みついたけど
925名無しさん@おーぷん :2017/04/25(火)17:10:38 ID:x9P
>>923
源義経も敵方の意表をつく戦術多いからなのか?
926名無しさん@おーぷん :2017/04/26(水)14:29:32 ID:EBH
>>925
鵯越の逆落としやな
927名無しさん@おーぷん :2017/04/26(水)22:44:02 ID:yDQ
>>923
義経は佐久間盛政みたいな「大敗」はしてないぞ?
政治手腕が未熟だったのと、頼朝の猜疑心が強かったから粛清されただけで

少なくとも佐久間盛政が柴田勝家の猜疑心を招いてたとかいう話って有ったか?
勝家の養子である柴田勝豊とは不仲だったというが。
928名無しさん@おーぷん :2017/04/27(木)16:14:34 ID:vZu
>>927
いや敵の意表をつく戦術が似てるって話やろw
929名無しさん@おーぷん :2017/04/27(木)16:26:52 ID:0HN
>>928
荒山合戦だって、意表を突いたのは前田利家だと思うけど。
敵戦力を二分したのも、少数での放火作戦を成功させたのも。
930名無しさん@おーぷん :2017/04/27(木)21:20:10 ID:IXb
>>929
賤ヶ岳の戦いのことを言ってるんやろ(たぶん)
結果はあれやけど
931名無しさん@おーぷん :2017/04/28(金)18:44:07 ID:PXz
>>929
荒山合戦はわずか2日で現地入りしてて敵方の荒山砦も完成してないで玄蕃は攻撃してるから敵方からしたら急襲されて意表衝かれたやれ
932名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)14:42:23 ID:lep
>>931
それ単に佐久間隊は急襲しただけで意表をついたってほどでもない
前田隊(織田方)の攻撃がすでにあったのに他の攻撃を考えないのはさすがに相手方が頭悪すぎる
933名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)15:08:20 ID:1o8
>>932
でも意表ついてると思うけど?
934名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)15:48:24 ID:lep
>>933
織田方の攻撃を受けた時点で他の隊の攻撃も予想しとかなきゃいけない(というか予想したからこそ手近な防衛拠点として荒山に逃げ込んでる)

佐久間隊の攻撃は弱ったところをうまくついて討ち取ってるだけで、意表をついたという視点では、一番槍の前田利家隊にはかなわないかな
935名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)15:56:29 ID:1o8
>>934
それほど佐久間の急襲が猛攻で迅速やったんやないの?
936名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)16:29:40 ID:lep
>>935
迅速さでは当然ながら一番槍のほうを評価する
猛攻なのは否定しないが軍略家かどうかに猛攻度はほぼ関係ない
937名無しさん@おーぷん :2017/04/30(日)16:05:11 ID:FaS
>>936の言う通り。
軍略家かどうかと、猛将であるかどうかは、
全く以て因果関係が無い。
諸葛孔明は、弱小国の蜀を率いて北伐を何度も敢行したまさしく軍略家だったけど猛将とは言い難かったし。
第二次大戦を代表する軍略家のマンシュタインとかだって、猛将よりは防衛戦争に長けた将軍だったし。
イケイケドンドンのパットンとかは「猛将」とは言われても「軍略家」ではないね。
938名無しさん@おーぷん :2017/04/30(日)17:42:31 ID:GUa
>>936
>>937
誰が猛攻度が関係あるって言ったの?
939名無しさん@おーぷん :2017/04/30(日)21:42:26 ID:u8X
>>938
むしろ佐久間盛政から猛攻とったら何か残るんか?
荒山の戦功も賤ヶ岳の戦功も消えるよ?
940名無しさん@おーぷん :2017/05/03(水)21:48:39 ID:Rhj
>>939
は?戦術眼やろ
941名無しさん@おーぷん :2017/05/04(木)21:28:10 ID:yiI
>>940
たしかに荒山合戦・賤ヶ岳の戦いの両合戦は佐久間盛政が唯一持つ戦術眼「猛攻」を利用してたのはいいよ?荒山合戦に関してはたまたま優秀な戦術眼とも合う行動だったし

佐久間盛政は猛攻以外の戦術眼があったってこと?
942名無しさん@おーぷん :2017/05/04(木)22:01:26 ID:tw7
>>941
采配
943名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)00:15:50 ID:umk
>>942
佐久間盛政のどの功績に采配の戦術眼が見受けられるの?
944名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)19:29:18 ID:DSP
>>938
え?正直意味不明。
何度も繰り返すけど「軍略家」って言うなら、
「信玄兵法」とか「孔明兵法」「孫子兵法」みたいに後世の人間の研究対象になってないとおかしいんだけど。
佐久間盛政の兵法なんて研究対象になってたっけ?
「反面教師」以上の価値なんて与えてないか、全く無名で終わってるのが何よりの証拠じゃん。

手取川には参戦してないから、軍神、上杉謙信相手ならどうだったのか比較検討も出来ないし。
恐らくあんな猪武者だったら呆気なく謙信の戦術に引っかかって討ち死にしてたと思うけど。
945名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)21:24:31 ID:qSv
>>943
荒山合戦
>>944
日本戦史チームに研究されてるやん
946名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)00:10:22 ID:Cok
>>945
帝国陸軍は別に「佐久間盛政だけ」研究対象にしてた訳じゃないんだけど?
武田信玄も上杉謙信も毛利元就も徳川家康も等しく研究対象だったじゃん。
947名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)00:13:10 ID:Cok
ついでに言っとけば、帝国陸軍は賤ヶ岳の戦いでの佐久間盛政は「無能」と審判下してるんだけど。
「北陸街道を封鎖して秀吉本隊を引きつけておくだけで、秀吉軍後方の織田信孝や滝川一益、長宗我部元親などが助かったというのに、その利を捨てて猪突猛進した猪武者」
ってのが帝国陸軍の総括だったはずなんだけど。
948名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)00:19:31 ID:Cok
実際、賤ヶ岳の戦場は柴田の本拠地に近かった訳で、地の利を得さえすれば確実に敗れるはずは無かった。
そして実際柴田の方が先に布陣して地の利を得ていた。
あとはずっと睨み合いしているだけで秀吉軍の方が弱るだけ。
信孝・滝川・長宗我部は確実に敵だし、毛利輝元もどう動くか解らない。
徳川家康も然り。

柴田にとって唯一心配なのは上杉景勝だが、これも信濃や上野争奪戦にかまけてて越前などに目を向ける余地など無い。
仮に上杉が侵略してきたとしても、越中の佐々成政を突破出来ない。

時間は柴田軍にとって有利に働くしか無かったのに、たった一人の猪武者のせいで全てがオジャンとなれば、
どう考えても「軍略家」とは言わねえよ
949名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)00:21:26 ID:42q
>>945
荒山合戦は「猛攻」しか見受けられないんだよなあ…

「前田利家が温井隊を崩した!我々も続くぞ!」だからそもそも采配の実力の出番なんぞない
てか佐久間も采配振るってたら大将二人になってよけいに混乱する
950名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)00:59:57 ID:rKx
>>948
信孝は死んでるんだが…
951名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)03:01:50 ID:42q
>>950
信孝死んだの賤ヶ岳の戦いより後
むしろ佐久間盛政が攻撃しなければ秀吉を釘付けにできるはずだから岐阜城も助かったと考えるべきだろう

織田信孝を殺したのも佐久間盛政だったわけか
952名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)17:21:52 ID:Cok
『歴史人』6月号の猛将20人にも選ばれてない時点で、一般的な知名度は察しろ。
戦国時代の専門家と言っても良い人々が作るランキングで、
真柄直隆とか森長可ですらノミネートされてるランキングにすら掲載されてないのに、
佐久間盛政が猛将とかないだろ。
953名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)18:41:34 ID:DKm
>>951
盛政が奇襲したから秀吉が木之本に岐阜から戻ったんだが?信孝を助けるために奇襲したと考えるべき
954名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)18:42:37 ID:DKm
>>952
盛政は猛将じゃなくて軍略家だから残念ながら当然です。
955名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)21:30:35 ID:uxx
>>953
奇襲後の処理が最悪でした
織田信孝を生かそうと見せかけて殺すとか秀吉のスパイを疑ってもいいレベルです

>>954
軍略家といえば軍師的な提言(ないし謀略的)エピソードをどうぞ
軍略家で調べるとたいてい軍師にあたるので

ちなみに柴田勝家に奇襲を却下されてる(しかも遂行して秀吉に戦犯化された)時点で軍略家としては残念な能力な気がしますが

>>952
ええ…猛将20人にすら入らないのか…もう佐久間盛政を褒めようがないじゃん…
956名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)22:21:08 ID:wfM
>>955
難癖乙・屁理屈乙
957名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)22:33:39 ID:uxx
>>956
現実を見せつけてしまってすまんな
958名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)22:37:23 ID:wfM
>>957
難癖・屁理屈比毛散らかしてる癖に満足かw
959名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)22:41:06 ID:uxx
>>958
そもそも佐久間盛政が軍略家って言い張るほうがよっぽど難癖・屁理屈なんだよなあ…
960名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:35:59 ID:abY
>>953
は?
柴田軍本隊と決戦して絶対に勝たない限り、
追いつめられていたのは秀吉なんですけど。
岐阜城はそうそう簡単に落ちないし。
長嶋城も長年一向一揆が立てこもっただけの事はある要害だった訳で。
ついでに言えば長嶋城主の滝川と、伊勢水軍率いる九鬼義隆は仲良しだったから海路の問題は無く、
三河の徳川家康も容易に後方支援出来るわけで。
建て前上「織田信長の同盟者」であった徳川家康が、秀吉の織田家簒奪などを易々と認めるはずもなく、
柴田寄りの中立姿勢だったんだからいくらでも動かし方はあったんだけど。

「軍略家」って言うなら家康や毛利を利用するくらいしてくれないと…
961名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:38:40 ID:abY
>>954
キミ、自分で「猛将」って言ったんでなかったっけ?
荒山合戦は、先行して敵戦力を二分した前田利家の手柄ではなく、援軍としてやってきた佐久間盛政の奮闘のお陰で勝ったんじゃなかったの?
962名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:44:44 ID:abY
>>956
いや、四の五の言う前に『歴史人』読んできなさいよ。
どこの本屋でも置いてあると思いますけど。
本多忠勝とか前田慶次とか島左近といった有名どころから、
渡辺勘兵衛とか真柄直隆みたいな「知る人ぞ知る」レベルの猛将までノミネートされてますけど?
その内の誰か一人を見ても、佐久間盛政を上回る功績だらけだと思うんですが。

「猛将ではない。軍略家だ」と言うなら、
司馬懿や諸葛孔明並みに知謀を発揮したシーンが有ったのでしょう?
是非ともそれらをお教え下さいませんか?
「稀代」とまで言うからにはいくつも例が挙げられるのでしょう?
963名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:49:06 ID:y6l
最近佐久間盛政をやたらネットで賛美する風潮あったけどカス子がやってたんだろうなどうせ
ほんとろくでもない自演で特定人物持ち上げるから嫌いだわ
964名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:49:06 ID:abY
http://www.m-network.com/sengoku/senrank.html

なお、他のサイトでの人気武将ランキングもどうぞ。
佐久間盛政なんて「0票」なんですがw
965名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:49:51 ID:EgG
>>961
いちおう言ってないで(小声)
荒山合戦の佐久間盛政の行動自体はどうみても完璧に猛将のそれ(行動)だけど
>>960>>962>>963の反論は佐久間盛政擁護側にお任せします
966名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:50:40 ID:EgG
>>965
>>963>>964の間違いや
すまんな
967名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)02:59:16 ID:abY
前にも書いたんだけど、この人「日本人」なのかね?
ここまで日本語が通じないで妄想ばかりを吐き散らす態度を見ると国籍か精神状態を疑いたくなるんだけど。
968名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:19:06 ID:pNm
>>960
岐阜城は簡単に落ちてるぞwikiにも書いてある簡単な知識も欠落してるのか?
969名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:19:58 ID:pNm
>>961
盛政の神がかりな采配で勝った
970名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:22:03 ID:pNm
>>964
それは、まだ盛政の凄さがわからなかったからだろうね。
971名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:25:39 ID:pNm
>>962
荒山合戦の神速攻撃・賤ヶ岳合戦の奇襲攻撃

しかも諸葛亮は軍事で評価される人間じゃないし諸葛亮は内政・政治で評価されるレベルの人物だから佐久間盛政と比べる土俵が違うw
972名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:26:53 ID:abY
そもそも、総大将たる柴田勝家の再三再四の命令を無視して勝手に戦場に居座るような奴が、
「稀代の軍略家」っておかしいんじゃないのかね?
本当に「稀代」であり、「軍略家」であるのなら、
互いの誤解が無いように細部まで徹底的に示し合わせた上で行動するもんじゃないのかね?

中川清秀を討ち取ったのはともかく、
その後の行動が「行き当たりばったり」でしかない佐久間のどこを見れば「軍略」なんて有ったのかね?
単なる奇襲であったなら中川を討ち取った時点でさっさと元居た陣地に引き揚げるべきであったし、
遅くとも黒田官兵衛の陣地を襲って失敗した時点で撤退すべきだったろうに。
なのに、黒田に敗退した戦力で高山右近部隊に手出しして居座ったりだとか、ホントアイツ何なの?
頭悪いとしか言いようが無い。

結局そんなこんなでダラダラしてる内に、秀吉本隊が引き揚げてきてジエンドってんだから、
名将でもなければ軍略家でもない、タダの間抜けの阿呆じゃん。
973名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:27:47 ID:abY
>>968
いや、落ちてないんだがw
信孝はさっさと滝川と結んで再挙兵してるし。
974名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:29:16 ID:abY
>>969
嘘つくなw
佐久間盛政が到着する前に、既に荒山合戦の帰趨を定める決定的な一打は前田利家の手によって打たれている。
敵の部隊を二分する要所を攻め取って陣取った功績をお前は無視するのかよ?

本当にキチガイだな。
975名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:31:25 ID:abY
>>970
いや、日本語能力皆無のお前よりはマシだと思うけどw
こんなにあら探しされてるってのに、全く自分の非が認められないのだから。

>>971
賤ヶ岳は「敗戦の総責任者」だろwww
荒山合戦は「半分以上、前田利家のお陰」だろwww

最低でもそれくらいは認めろよw
976名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:38:31 ID:abY
>>971
>しかも諸葛亮は軍事で評価される人間じゃないし

はいはい、知ったかぶりの嘘乙w
https://www.amazon.co.jp/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E5%AD%94%E6%98%8E%E3%81%AE%E5%85%B5%E6%B3%95-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8F%A4%E5%85%B8%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-22-%E8%AB%B8%E8%91%9B-%E5%AD%94%E6%98%8E/dp/4192421453

これこのように、本物かどうか解らんが、
諸葛孔明は、『諸葛孔明の兵法』と題して、
「れっきとした研究対象」になってるんだが。

そもそも魏に数段劣る国力の蜀を率いて、互角に戦う事が出来ただけでも立派な「軍略家」だし、
中国大陸全土を、当ても無ければ本拠地も無く放浪していた劉備玄徳を、
曲がりなりにも「三国志」の一雄として祭り上げたのも孔明の手腕なんだがw
これでも「孔明は軍略家ではない」とかほざくのかね?w

>佐久間盛政と比べる土俵が違うw

繰り返すけど、弱小ホームレスだった劉備玄徳を蜀の皇帝にまで引っ張り上げた諸葛孔明は、
佐久間盛政なんぞと比較にならん「軍略家」だからな?w
孔明が「横綱」レベルだとしたら、
猪突猛進した挙げ句に敗戦の引き金を引いた佐久間盛政なんぞ「幕下以下の三下」でしかないのだが。
977名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:43:43 ID:pNm
ID:abYはガイジなの?盛政の才能がありすぎるからって僻んでるの?自分が好きな武将より有能だからって僻んでるの?
978名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:47:40 ID:abY
『荒山合戦の勝利は、前田利家が敵軍を二分する地点を強襲して占拠した事が大きな勝因である』
(ついでに前田利家は、ごくわずかの部隊を率いて放火作戦も成功させている)

『賤ヶ岳の戦いは、柴田勝家の再三再四の撤退命令を無視して居座った佐久間盛政が敗北の元凶』

この二点を認められん奴では話にならない。

「二十代で国持ち大名になったのだから優秀だ」

とか以前書いていたが、
佐久間が二十歳を迎える前に浅井・朝倉は滅び、武田信玄は亡くなり、
織田家がようやく飛躍する事が出来る時代的背景に在った事すら知らなかった人間が、
なぜ「戦国時代」について物を語れるのか?
979名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:50:55 ID:abY
>>977
キチガイはお前だ。
「補給無視してひたすら突撃」ってイメージの有る帝国陸軍ですら「猪武者で無能」と診断してるってのに、
何で佐久間盛政が名将なんて言えるんだ?

そもそも賤ヶ岳の戦い一つ取っても、不意を突いたくせに黒田官兵衛隊に敗退してんだから無能だろうに。

まあ、「奇襲」のくせに、中川隊を打ち破った後に第二、第三と攻撃を仕掛けるってのが、
もう「頭おかしい」としか言えないんだけどw
980名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:53:06 ID:abY
>>977
ついでに、お前が挙げた「才能」とやらは、
もうことごとく論破されてるのであしからずwww

事実、お前自身が、
「佐久間盛政が”稀代の軍略家”である証明」
を放棄して他人の人格否定ばかり繰り返してる時点でそれは立証されてるじゃんw
981名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:54:43 ID:abY
そもそも「孔明兵法」の存在すら知らずに、
「孔明は軍略家ではないw」とかほざいていた阿呆が何をほざいてんのやら…
982名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:55:56 ID:pNm
>>978
>>980
>>979
>>981
難癖がすぎるぞw
983名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:58:26 ID:abY
とりあえず「佐久間キチガイ」のお説では、

『荒山合戦の勝利は佐久間盛政一人のお陰であり、前田利家などの他の武将はろくな働きをしていなかった』

という事になるらしいw
何せ、敵戦力を二分した功績も認めないし、
少数部隊で放火作戦を成功させた功績すらも認めないのだから。
(これらの功績を認めるのであれば、到底「佐久間盛政の采配のお陰~」とか言えなくなるはずであろう)
984名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)06:59:36 ID:pNm
賤ヶ岳の戦いの柴田方の敗因・戦犯については「賤ヶ岳の戦い 敗因」と調べれば誰が戦犯で敗因が誰かさんの敵前逃亡とわかる。
985名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:00:22 ID:pNm
>>983
荒山合戦については佐久間盛政いなければ勝てなかった。
986名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:01:22 ID:abY
>>982
どこが難癖だ?w
お前が「孔明兵法」の存在すら知らなかった無知無学だったってだけの話だろwww

目的も方法も見えてなかったホームレスの劉備玄徳に、
「天下三分の計」を与えて、しかも実現させたってだけでも、
孔明こそが「稀代の軍略家」だろw

少なくとも「稀代の軍略家」を名乗るのであれば、孔明レベルの大活躍をしてみせるのが筋だろ。
987名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:03:46 ID:pNm
>>986
天下三分の計の本当の立役者は呉の魯粛なんだがw
988名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:03:47 ID:abY
>>984
もっぱら出てくるのは、

「佐久間盛政が親分の勝家の撤退命令を無視して居座った事」

「秀吉本隊の到着を完全に読み違えていた事」

「慌てて撤退に移り、その過程で撃破された事」

「もしくは撤退と見せかけて馬鹿馬鹿しくも救援に向かって共倒れに撃破された事」

これらが原因となってますがwww
989名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:04:14 ID:pNm
>>988
良く見ようね。
990名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:06:12 ID:abY
>>985
前田利家が敵軍を二分した時点で遅かれ早かれ勝利は見えてたし、

そもそも合戦の勝利を決定づけたのは、

前  田  利  家  部  隊  に  よ  る

少 数 に よ る 放・火 な ん で す が ?

あれが成功しなければ、途中まで援軍に駆けつけていた上杉軍が参戦して厄介な事になってましたし。
991名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:07:25 ID:abY
>>989
お前がね?
佐久間盛政の奇襲なんてほとんど成功しておらず、
「黒田官兵衛隊に撃破された」ってはっきり明記されている事もお前知らないの?
992名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:07:50 ID:pNm
>>990
温井・三宅・遊佐ら敵大将を討ち取ったのは佐久間盛政軍なんだが…
993名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:08:41 ID:pNm
>>991
そんなこと書いていませんw印象操作するならちゃんと勉強してからにしたほうが良いよ
994名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:11:27 ID:abY
まあ、そもそも「奇襲」なのに、敵軍のど真ん中に居座るって決断する事自体「頭おかしい」ですけど。

「第二、第三の攻撃を仕掛ける」ってのも「頭おかしい」ですし、

「黒田隊に敗退したのにそれでもなお居座る」ってのも「頭おかしい」としか言いようが有りませんしね。

普通、「奇襲」であるなら中川隊を撃破しただけで満足して引き揚げるべきだし、
黒田隊を撃破出来なかった以上は奇襲作戦の失敗を悟ってさっさと引き揚げるのが筋でしょうに。

何でグズグズと居座って高山右近隊とかにまで手出ししてんですかね?

こんなので本当に「稀代の軍略家」とか言うんですか?
995名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:12:08 ID:pNm
>>994
は?佐久間盛政は源義経の再来やぞw
996名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:14:10 ID:abY
>>993
Wikipediaに書いてますがなwww

お前本当に歴史知らんのだなw

佐久間盛政は中川隊を打ち破った後、黒田隊にも手出しして突破出来なかったんだよ。
つまり、その時点で奇襲は失敗。
まともな思考回路の人間だったら、さっさとこの段階で退却してただろうね。
佐久間はまともじゃなかったから、この後も高山右近隊とかにまで手出しして、
おまけに遊軍の救援とかにまでしゃしゃり出て共倒れするんだけどw
997名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:14:16 ID:pNm
敵の意表をつく軍略は源義経も佐久間盛政も凄い‼️
998名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:16:32 ID:pNm
いい加減認めろよw佐久間玄蕃が稀代の軍略家ということを
999名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:18:46 ID:abY
>>995
キチガイの妄想の中だけだろw
源義経は、あんな馬鹿みたいな後先考えない突撃なんかやってないはずなんだけど?

>>992
だから?
大将討ったら合戦終わりとか本気で思ってんのか、このキチガイw
敵の根拠地を潰さない限り大将首を取っただけで合戦は終わらんのだわw
で、荒山合戦の場合、敵の根拠地を叩き潰したのは「前田利家による放火」。
しかも、少人数で成功させている。

「采配」とか「軍略」とかで言ったら、前田利家の方がはるかに上じゃねえかw

兵数が上の軍がより過小な軍と交戦して勝利するのは「当たり前」。
少数の軍が多人数の軍と交戦して勝利するから「名采配」とか「稀代の軍略」とか言われるんだろ。
1000名無しさん@おーぷん :2017/05/07(日)07:18:52 ID:pNm
>>999
はい、難癖w(論破)
結果、佐久間盛政は稀代の軍略家であった。(佐久間アンチから完全勝利)
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





稀代の軍略家 佐久間盛政
CRITEO