- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

L-Systemシミュレーションスレ

1名無しさん@おーぷん:2015/05/16(土)08:31:54 ID:E6a()
~東雲研究所~おーぷん2ちゃんねる分室
                                         .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レj ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                        |::::i:::ト、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        |::::l:::|´\`::ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        人::l::ハ  \ルハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           ,ィ   .  -- -  .                     ルハ, __ ``.Y :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
        /└'´                                     }/⌒ヾ  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      ,ィ´               \                   ノ   ////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      7           ト、     .                 〈      .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.       .'        .  i  リ∧ i    .                     丶  /ヽ !:::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::i::::ル'
      |        l i! /  i 「`ヽ  i                   \ __ノ |::::::::::::::::i ::: ;イレ'ル イレ' ⌒ヽ
      {       . 斗 ル'   lレム i i l !                       |::ll::::::ル'j:イ            }
        !     | ! /テ笊   〃ハ !l i! }                       ルル'´             ノ  __
      !   r. ┤ル'{ il l ir!    |仆リ |ルレ'                      /     __ ∠.      {/´  __ `ヽ
      } 从 l| |  人ヒソ   ー'   ||                        〈    ./´: : : :_: : : : :\   .ノ /∨´ `ヽ
      !  人 l| |////   ___  /// リ   __     /´|             }\/: : : /´: : : ヽ: : : :\/| |H    }
      ノ '   7从 、 /´   Y  , イi| . ´: : : `ー<: : : j             /: : /!: : : : : : : : : : : :.ヽ: : : :| 从 乂ゝ._.ノ
.     /    /  > . ニ  ≦ルレ' 〈: : : : : : : : : : : : : : 7´ ̄ ̄ 7 、    ./: : /: |: : : : : : : : : : : : : :i: : : | 人
    /    /   \\〉‐く| >`ヽ _.允(●)、: : : : : : : :/     .i: : : :`Y⌒/: : /〈〉!: : : : : : : : : : : : : :|: : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.   /    /  /´   \∨ .| 〉/´   L\ 丶. : : : : :i      |: : : : : !: : : : ≠': ||.: : : : : : : : : : : : : :!: : :.| ̄/´ ̄ ̄ ̄`ヽ
   /    /  /    _ヽVj./ /       .> 、: : : : : :|       |: : : : : !: : : /: : : :||: : : : : : : : : : : : : :.|: : :.| Y  /∨ ⌒ヽ
.  /    /  ∨   ´       {       i   ` ̄ ̄ .|       |: : : : : : : :/: : : : :||: : : : : : : : : : : : : :.|: : :.| l!  |H{    l}
 /    /  ∨           |        |'´ ̄  ̄ ̄ |_____|: : : : : : :/: : : : : :||: : : : : : : : : : : : : :.|: : :.|从 乂ゝ._.ノ
./    /   \             人      .|            \: : : : :|: : : : : : :リ : : : : : : : : : : : : : |: : :.|. 人      ノ
'    /       \          \____|                \: : !: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :|: : :.|   `  ̄ ̄ ´

このスレはL-System(Lindenmayer system)を使って植物の成長シミュレーションなどを研究するスレです
2L-System厨 :2015/05/16(土)08:33:45 ID:E6a()
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  -──-  ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::_/(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     八   `ヽ::::::::::::::::
:: :: :: :: :: >    ̄ `丶、:: :: :: :: :: :: :: :: ::′ _,.才/  `ト ._  ハ:: :: :: ::
: : : : : /   / l   }  ヘ: : : : : : : : : : : :|  /}/ ′   }八イ ト{: : : : :
. . . . .′ _,.才 /\`ト ._ ハ. . . . . . . . . . .| l ィ ┃   ┃ | l |. . . . . .
    |  {/l/レ′  ヾハノ  |         | l l| ┃   ┃ | l |
    l ,l | ┃   ┃| l ト{         | l l|         | l |
    l{| | ┃   ┃| l,}|        |从ト . _‐_ . イリ从
    |八ト .      . |/ |              〈 、∨ , 〉
    |   l : :≧示≦: : l |               l  }} }}  l
    |   l: : :∧{}∧ : : l |            l       l
    |   l : / `´ V: :l |               l       l
   んで、資料だけど...         そうですね

L-System
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/L-system
毎度おなじみWikipedia

CEDEC 2008 - コンピュータが知性でコンテンツを自動生成--プロシージャル技術とは(前編)
プロシージャル技術による植物の生成(1)
ttp://news.mynavi.jp/articles/2008/10/08/cedec03/008.html
プロシージャル技術による植物の生成(2)
ttp://news.mynavi.jp/articles/2008/10/08/cedec03/009.html
日本語で一番まとまってて分かりやすい資料、これ読むだけでもいいかもしれない
↓の「The Algorithmic Beauty of Plants」の要約として読んでも良いです

The Algorithmic Beauty of Plants
ttp://algorithmicbotany.org/papers/#abop
ttp://algorithmicbotany.org/papers/abop/abop.pdf
ttp://algorithmicbotany.org/papers/abop/abop.lowquality.pdf
2番目と3番目の資料は内容は同じ、解像度が違います
詳しく勉強したい人向け、絵をパラパラ見るだけでも楽しい
3L-System厨 :2015/05/16(土)08:34:37 ID:E6a()
         ___
      ,.ィチ三三三三ニ-.,、
    ,ィ'州川三=/!アマミ、三ミt、         _
   .// / チアソ`/  V「l゙Vェ,,.l       /   \
   iミ,..,ィ,,,/ア,.-‐-、   '二ヽVミl!      ,'  え  |
    |三三ミ! { l圭i  .l圭! } lハj!      .|.   |  |
    |三三ミ!.,,,, マツ  .マツ,,{ミ!   っ   |.  |  |
    |三三ミ|''"  .__  "゙ lミ!   っ   .|.  |  |
   V三三ト、 (   ) ,..ィミ/  っ  匸   |   |
  c ヾヘヘヘl≧r‐-rzz=チン}レ゙  っ    ヽ  っ /
   ゚,..-=-、,ィ' <_,..-.ヽ!、´           \__/
  ,.'::;ィ=y<ヾt、_ヽ''"゙'/ `it、
  !:::H./ .、ヽ.ヾミzァ"Yヽ=チ'ノヽ
  、::ヾ!.  ヽ  ̄/.、__j、i_:}  i.ハ
  テニl!   l:  l,、::::ハ::;ム二コi.ム
┌──────────────────────────┐
│L-Systemを使うと単純な命令から再帰的に=世代を経る毎に .|
│複雑なものを作ることが出来るんです               .|
│でも、単純といっても決まりごとはあるわけで...         .|
│                                      .|
│幾つかサンプルを示しながら何が出来るか説明していく予定 .|
│です                                   .|
└──────────────────────────┘
4L-System厨 :2015/05/16(土)08:36:35 ID:E6a()
      /        ` ヽ、
      (V        ∧      \
     /       ハ / ヽ ハ    ヽ
      ⌒      ⌒///  ヽi⌒ヽ   ヽ
      /     /|/__レ    V__ヽ }    '
      |    //rァヽ    'rァ 、V  ハ }
      |   | | { {:r´:}   {:r´:} l l  ハ
      |   / ! !  弋ソ    弋ソ  レ イ
      |   | |""         "" lレ !
      |  `'| |、  /  ̄ ̄ ヽ   ノj |
      |   V ` ゝ__ ノィ´ V  ′
      |     /〈 \/ヽ\    l
     l   //  ∨、:.:.∧〉 l\ ,′
     |   /   ̄7 ∨:.:.∨ <  ヽl
┌──────────────────────────┐
│なんかBlenderでL-Systemのプラグインとか出ててリアルな  .|
│CGを作りたいって人も増えてきた気がするからプラグインの  .|
│裏側で何やってんの?ってことでスレを立てました         .|
│                                      .|
│L-Systemのツールで面白いもの作るっていう動機でも良いし .|
│ツールによってはDXFファイル吐いてくれるから取り込み    .|
│ファイル作るのにも使えるかもしれない              .|
│                                     .|
│画像中心になるけど                         .|
│おーぷん2ちゃんは画像貼れるってさとるも逝ってたし     .|
│ちょうどいい気がする                         .|
└──────────────────────────┘
5L-System厨 :2015/05/16(土)08:41:35 ID:u6Z
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ!  サンプル1 第2世代が...
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__}





6L-System厨 :2015/05/16(土)08:42:34 ID:u6Z
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| サンプル1 第5世代でこうなるけど
  ノ___}




7L-System厨 :2015/05/16(土)08:43:46 ID:u6Z
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj    サンプル2 第2世代が...
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU




8L-System厨 :2015/05/16(土)08:44:48 ID:u6Z
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! >__<ノj   サンプル2 第7世代でこうなります
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU




9L-System厨 :2015/05/19(火)22:38:55 ID:nJ0
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ!  サンプル1 をL-Systemで書くと
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__}

#start
# --- L-System Parser/Mutator --- Lj Lapre ----------------------------------
5 # recursion depth 2-5
18 # angle
20 # thickness as % of length
#---------------------------------------- axioms
<(135)P
# ---------------------------------------- rules
P=c(3)I+[P+H]-->>[--L]I[++L]-[PH]++PH
I=FS[>>&&L][>>^^L]FS
S=SFS
L=[c(1){+f-ff-f+|+f-ff-f}]
H=[&&&Qc(9)>W>>>>W>>>>W>>>>W>>>>W]
Q=FF
W=[c(10)^F][{&&&&-f+f|-f+f}]
@
#end
10L-System厨 :2015/05/19(火)22:41:59 ID:nJ0
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj    サンプル2 をL-Systemで書くと
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU

#start
# --- L-System Parser/Mutator --- Lj Lapre ----------------------------------
7 # recursion
20 # angle
15 # thickness
#---------------------------------------- axioms
c(3)b>(60)b>(60)b>(60)b>(60)b>(60)b # the whole thing
# ---------------------------------------- rules
b=[&(30)A]
A=~(7)$t(.1)F[+(40)C][-(40)C]!(.95)~(7)t(.1)FA
C=~(10)$tF[+(60)L][-(60)L]C
L=[~(15)c(1){-f+f+f-|-f+f}]
F='(1.3)F'(.77)
f='(1.3)f'(.77)
#~=_ # uncomment to remove random efx
@
#end
11L-System厨 :2015/05/19(火)22:54:43 ID:nJ0
         ____
    . -  ̄          、
  /               ヽ
  /        /|  / ヽ    ` 、
 /      /-―-| /   ヽ―    ,
|     / _, -- 、'    _,--、   l
|  _| ノ r'::::::ヽ ヽ   r'::::ヽヽ  り
| / .| |  l::::::::::l     |:::::::::l  |  /
| l | |  ゝ::::::ノ     ヽ::::ノ  {.ノ
| \| |"            " 〉|
|   | |. ν  ------- 、    / |
|    ゝ  (       l   / |
|      /` ー ー――      |
|     /ゝ__ 人_ヽ      |
|    /        ヽ      |
|    /     O   ヽ      |
|   /          ヽ    |
|   /      O    ヽ    |
┌──────────────────────────┐
│うん、こんなのいきなり見せられても意味分からないけど~  .|
│幾つかの文字に線を引いたり、X、Y、Zそれぞれの軸で回転 .|
│させたりといった割り当てがあるのでまとめて説明する予定   .|
│                                      .|
│他にも植物を作るためには枝、葉、花などの各パーツで    .|
│試行してから作るほうが作り易いとか方法論も          .|
│先ずは、その前に"L-System"のツールを紹介します     .|
└──────────────────────────┘
12L-System厨 :2015/05/23(土)07:43:08 ID:rHN
            /        `丶、
          」∨               ヽ
          7                 '.
          /        ノ| ∧ `ト   N|   っ
.          /N      イ/ |/  ∨| ∧  |  っ
.        〃 Y⌒i  Ⅳ∩    ∩  }/V    -=ニ二三三三三
       /   {{{ |  | ∪    ∪ {{-=ニ三/ ̄ ̄`'く>三三三
         /ゝ _|  | ''       '' 人.三三|(‐~~‐)| |三三三
      /  厶-=ニ | :八‐-(_:::::::⌒)<∧ノ三三| ー--‐' |_|三三三
    -=ニ二三三三三\_,,,フ三三三三三三三三|  <・ )  「 三三三
二三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ圦  {__>,,ノ三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ≧===≦三三三
┌──────────────────────────┐
│L-Systemで遊べるアプリケーション紹介~            .|
│1.L-System 4    Windows対応                 .|
│ttp://www.oocities.org/tperz/L4Home.htm             .|
│ttp://www.oocities.org/tperz/L4Downloads.htm         .|
│オリジナルサイトは既に消滅していてミラーサイトだけ残ってる.|
│すごく古いソフトなので自己責任でお願いしますけど      .|
│L-Systemアプリの中では分かり易い方かな?          .|
│                                      .|
>>5->>8 はこれで作ってます                    .|
│[File]メニュー→[New]→エディタ起動するので          .|
>>9>>10の#start~#endをコピペ→[Generate]ボタン押下で.|
>>6>>8が描かれます                       .|
│jpeg、bmp、dxf形式で出力可能                   .|
│                                      .|
│Helpが見れないときは自分のOSと32bitか64bitかを調べて   .|
│ttps://support.microsoft.com/en-us/kb/917607/ja       .|
│適切なWinHlp32.exeをインストールすればいいかもしれない  .|
└──────────────────────────┘
13L-System厨 :2015/05/23(土)07:46:32 ID:rHN
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         ┼
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::.、      ×*ⅹ
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::/|::::::i ヽ::::::::::::::::i     
             |:::::::::::::::::::::::::::::::/./:/ |:::/  ヽ:::|:::::::::::i ┼ *ⅹ
             |::::::::::::::::::::::::////─´::/ N .!::i::::::|:::::|
             |::::::::::::::::::/´==ヽ  .|/   \∧:::|::::::i
       ,/ ̄ ̄ |:::::::::::::::::::| / /:::::}     =ヽ  i::::!::::::.|
      / _  /|:::::::::::::::::::|i iv::℃:     /:::::} | |::!:::::::|     *ⅹ
     /  ///  |:::::::::::::::::::| 弋zソ     v::℃ / /i/::::∧i
    |  /::::/ /   i:::::::::::::::::::| \\\\ 弋zソ  i:::N::|v  
    |  |:::::| .i    |N:::::ヽ::::::|´`ヽ、     \\/::::::i::|
    ヽ ヘ::::y ´ ̄─ 、∧:\:::|!    ` ヽ    丿:::::i::i
     >  y   ̄`ヽ、 `ヽ `∨`::...._  ノ_ <:::::::::::i:i   ×*
    〉   /      ヽ   \  ヽ_ ノ ̄  / `ヽN∨N
  / \/        ヽ i  \ _ヽ /  /   ヽ
 /  /::::|         ヽ |::   | | ∨ i /   /  |
┌──────────────────────────┐
│2.Lparser v2.1    Windows対応                 .|
│ttp://laurenslapre.nl/index.html                   .|
│ttp://laurenslapre.nl/lapre_004.htm                .|
│もともとDOSプログラムだったものがパワーアップ        .|
│インストール不要だけど出来た作品を見るにはVRMLファイル .|
│(wrl拡張子)が見られる環境が必要です             .|
│例えば FreeWRL VRML/X3D browser              .|
│ttp://sourceforge.net/projects/freewrl/             .|
│                                      .|
│ダウンロードしたlparser.zipを解凍後のlparserフォルダには  .|
│サンプルのlsファイルとその結果に相当するjpgファイル    .|
│本体のLparser2.exeファイルなどが入っています        .|
│lsファイルをコピーして"input.ls"に名前を変更、Lparser2.exe .|
│をダブルクリックすると"output.wrl"ファイルが作られます   .|
│                                      .|
│output.wrlがBlenderにインポートできることを確認しました↓  .|
└──────────────────────────┘




14L-System厨 :2015/05/23(土)08:18:01 ID:rHN
           /:::::\___/:::::::∨^l
           ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. l / ̄7
          |::::::/⌒ヽ:::::::::/⌒ヽ::::| ム'   ./
          |:::::l .┃ !:::::::l .┃ l:::レ'     ./
           /::::::', ┃ /::::::::', ┃ /::::l    /
        /::::::::::`ー.'::::::::::::`ー.':::::::l   /
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ__/
            }` ー――――一 ´ {
            \   \  ´   /|
              |\      У:::::l
              |::::::\   /:::::::::::l
              |::::::::::::\/::::::::::::::::|
              |::::::::::i::::::::::i:::::::::::::::::l
              |::::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::|
           ./⌒l::::::::|::::::::::|::::::::::::l⌒ヽ
         |:::::::|::::::::|::::::::::|::::::::::::|::::::::|
┌──────────────────────────┐
│3.LSystem3D    Linux対応/他のUnix系でもいける?    .|
│ttp://sourceforge.net/projects/lsystem3d/           .|
│取り合えず描画して楽しむ程度は出来る             .|
│描画はOpenGL、インプット/アウトプットファイル形式はxml   .|
│のため OpenGL、FOX toolkit、libxml++ ライブラリが必要    .|
│コンパイルエラーでこけたw                     .|
│                                      .|
│lsystem3d-0.2.1.tar.gz 解凍後 lsystem3d-0.2.1/src/ フォルダ .|
│内の ruleset.cpp で #include <stdlib.h> を追加          .|
│これで、./configure、make、make install するなり checkinstall .|
│で rpm や deb にするなりでインストール可能           .|
│インストール後コマンドラインから lsystem3d で起動       .|
│                                      .|
│サンプルとして lsystem3d-0.2.1/src/lsystem.xml が用意され .|
│ているので読み込ませて描画後ズームアウトすると↓になる  .|
└──────────────────────────┘




15L-System厨 :2015/05/23(土)08:43:49 ID:rHN
          /l, -‐. ´: : : : : : : :  ̄: : ..`. . 、
      _i : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    ∠ : : : : : : : : : : : : : ; : : : ハ: : : :.: : : : : .ヽ
     /: : : : : : : : : : : :':/l : : / 丶 : : ト; : : : : :丶
      /: :/: :.' : : : : /: .:/ !: ./  `.:、: l !: : : : : : `、
    i: :, : : ,' : : : -A-/-‐ヒ/´    `乂_l:_!_: : 、: i
    l: : : : : : : ;ィ.:/ ,レ〒=、     ,=〒=、ハ: ,.: .:. :!
    │: : : : !: :i レ,イ,.::::`-'!     l.,:::`‐'lヽ V : : : l
    l: .:/ニi: :l  i |ハ.::::.ハ}    {ハ:::::.ハ! }/: : .: : l
    |: :{  (l: :l  ` ヽ.二.ノ    ヽ.二.ノ ´i: : .:/V
    |: :ヽ、 !: l   ``           ``│iV    はかせにはまだちょっと早いかもしれない
    |: : : : ‐!: l、      __   __      l: l
    |: : : : : :V: :\    {   ̄ ヽ::::}   ノ:/
    |: : : : : : : : :: : `> ゝ、____)/ .-‐.´:V:l
    |: : : : : : : : : ;イ l ` フ=く_}ヽ: : : : : : :.!
    |: : : : :. :: / |  ヽ/!:::::::l l lヽ : : : : l
    | : : : : /  │  ヽ 〉:::〈/  ! ヽ: : : l
┌──────────────────────────┐
│4.L-Studio/vlab                            .|
│ttp://algorithmicbotany.org/virtual_laboratory/          .|
│Windows版のL-StudioとLinux/Mac版のvlabがあります     .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」書いてる研究室製の    .|
│ソフトウェアなのでこの本に書いてある内容ほとんど出来る  .|
│かもしれないけど~機能が多彩すぎて全然使いこなしてません.|
│                                      .|
│旧版のマニュアルなど                        .|
│ttp://algorithmicbotany.org/lstudio/                .|
│ttp://algorithmicbotany.org/lstudio/whatis.html          .|
└──────────────────────────┘
16名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)08:57:06 ID:49v
G = {V, S, ω, P}
この文法?楽しいな
色々応用が利きそう
17L-System厨 :2015/05/23(土)09:19:44 ID:rHN
                      -――-
                    ´        \
                   /           ∨}
                         /|/| │      〈
                    N イ⌒ |/l人      |
.        /⌒\           |八__,    ∨     |
      | ヽ. l\   r m、 {''    `ー'│∧    |
      | : :} |   二二二ニニニマニ{)    '' |厶ィ:  │
      | :./ j/^7 /L片{= Y≧=‐r ァ≦_〔_    |
       、_/  (((⊂ニ)≧r:i  |`'┴'´   `ヽ  |
                 ̄ー}ー'ー|ノ  |        '  |
               \  |   j           {  |
                 \>rく__,,,...∠    |/│
                     |          V八
                     |           ∨/)
                     |           〈
                     |            :、
                     |             :、
                     |              :、
┌──────────────────────────┐
>>16 単純なルールから複雑なものを作るというコンセプトで .|
│作曲や道路網作成なんかの研究があります           .|
│他にも色々考えられるかもしれないね               .|
└──────────────────────────┘
アルゴリズム作曲法
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/アルゴリズム作曲法
仮想都市のための L-system による道路網生成手法の検討
ttp://ci.nii.ac.jp/naid/110002781228
右の論文ぽい画像クリックでpdfの論文が読めるよ
18L-System厨 :2015/05/23(土)09:34:45 ID:rHN
           .  - ── -  .
          /              ` .ノ}
.      . '               ト、
       /      /   ∧. ∧      Vハ
     '   / . 斗ト /  ∨ ,ィ十 、   Y
.     i  / /レ__レ'    ∨ _ハ! ハ     l
.     |   |i /〃云k    .ィ云`ヾリ     |
     从 iル' ! |l匕l|    |l匕l| }l| ト、 |
.     人ハ!  .t仆ソ    t仆ソ ノ | | i. !
      |N|""""          "" | レ'  !
      | 〈     「 ̄ ̄ }    | |   |
      | i〕ト .   ー‐ ' .   イl| |   |
      | li i i  _∧ ̄ ノ^ト、 l! ル'    !
      | ll l /〈   X´ リ ト、    l
      | ll/|_ ∨}__ ∨  .| \   |
      /   / V ∨ ─┘  ヽ  リ
     /  i |  \.  ∨/  >   i | ∨
┌──────────────────────────┐
│L-System 4 と Lparser v2.1 で使う記号は互換性があるので .|
│L-System 4 で大体の形を掴んで Lparser v2.1 でBlender   .|
│用ファイルを作るなんて使い方がいいのかな?         .|
│Lparser v2.1 だけでもいい気もするけど~            .|
│                                      .|
│Lparser v2.1 はぶっちゃけテキストファイル(lsファイル)から  .|
│テキストファイル(wrlファイル)作成するだけだから~      .|
│wineインストールしたLinuxでも動きそうな気がするしね~    .|
│                                      .|
│次回は記号の説明と肩慣らしの2次元フラクタル画像作成です.|
└──────────────────────────┘
19L-System厨 :2015/05/30(土)21:18:59 ID:MPt
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }  L-Systemの記号について
  | l ゚ c゚ ノ! L-System 4 と Lparser v2.1 を中心に紹介
  |__j´丈 d| 
  ソ_zュ__} 線分からだけど

F:線分を引きます
Z:Fの半分の線分を引きます
f:線分は引かないけどFと同じ分移動
z:fの半分の長さの移動
20L-System厨 :2015/05/30(土)21:24:55 ID:MPt
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! 次は角度
  |__lノヌ7ヽ| タートルの頭を指定の角度だけ動かします
  ノ_zュ__} 

+:xy面に対し左へ回転=タートルの頭を原点としたときz軸周りに左へ回転
-:xy面に対し右へ回転=タートルの頭を原点としたときz軸周りに右へ回転
&:zx面に対し左へ回転=タートルの頭を原点としたときy軸周りに左へ回転
^:zx面に対し右へ回転=タートルの頭を原点としたときy軸周りに右へ回転
<:yz面に対し左へ回転=タートルの頭を原点としたときx軸周りに左へ回転
 他のソフトでは"\"
>:yz面に対し右へ回転=タートルの頭を原点としたときx軸周りに右へ回転
 他のソフトでは"/"
t:&と同じ?

以上の記号は後ろに(x)を付けられます
xに角度を指定できます

|:xy面に対し180°反転
%:yz面に対し180°反転
$:忘れたw
~:同じく忘れたw
21L-System厨 :2015/05/30(土)21:26:26 ID:MPt
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj   枝分かれ、花や葉を作る時に使う記号です
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU

[:プッシュ、枝分かれ開始
]:ポップ、枝分かれ終了  [の位置まで戻ります
{:ポリゴン描画開始
}:ポリゴン描画終了  f や z と組み合わせたりします
22L-System厨 :2015/05/30(土)21:28:06 ID:MPt
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } 角度や、線分の長さ太さを少しずつ変えます
  lw! >__<ノj
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU

":線分の長さを1.1倍する
':線分の長さを0.9倍する
;:角度を1.1倍する
::角度を0.9倍する
?:線分の太さを1.4倍する
!:線分の太さを0.7倍する

以上の記号は後ろに(x)を付けてxで具体的な値を指定可能
23L-System厨 :2015/05/30(土)21:29:06 ID:MPt
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| 残りだよ
  ノ___}

c:色を変化させる
c(x):xに番号を指定して色指定する
@:記述終わり L-System 4 のみで有効
#:コメント

今までの記号以外のアルファベットはただの置換規則ということになります
24L-System厨 :2015/05/30(土)21:31:37 ID:MPt
                -─‐ 厶 }}、
     _ -- ´        `ヽヘ
     {{`7     |    \     ∧
     ∨ '/ /│∧ { ⌒\ リ r-‐-‐、
     ,'   /⌒|/  \x‐=ミ∨〈/ / /,ハ_
      | i i/x=ミ.    rしハ }!| ゝつく ノ∧  はかせだにゃん
     _| i | i{ {しヘ   V_ソ | |ハ  ̄   '、
  _r'「{∨|i∧  Vソ     '' | |ノハ___ノヘ
  {_{└と 从 ハ ''       ,   |   |'.    ∧
  | `┴'' | |i八    ー   イ|/ー¬ヘ     -ヘ
  l.     | |\|` ーzr‐≦/ │    |\
  ト-―  i_L. イ⌒´/ ∨:::∨ 」           }
       人     〉  〉〈   >       __ノ
  {     \ ∨  \ ∨ /     ア「
   \,,____、|      }         /|│      /⌒)
┌────────────────────────┐
│それでは、L-Systemで色々作っていきましょう!      .|
│先ずは初期値の説明から                   .|
│1.何世代目か=recursion                    .|
│三次元空間にタートルが線を引いていくので        .|
│2.x、y、z軸それぞれに対する角度=angle           |
│3.線分の太さ=thickness                    .|
│4.初期状態=axiom                        .|
│これらの設定と置換規則=ruleでスタートだよ        .|
└────────────────────────┘
25L-System厨 :2015/05/30(土)23:46:28 ID:HTK
      //,--─ ─  丶 、
     / ': : : : : : : : : : : : : : : 丶
   ∠´: : : : : : : : : : : : ,、: : : : : : : : ヽ
 /__: : : : : : : : : : : : : : : !丶: : : : : : : : ヽ
 ´/: : : : : : : : : : : : ,イ/  ヽλ: : ,: : : : ヽ
 /: : : : : : : : : : : : ノ /   'ヽ!ヽ: !、,: : : :!
 !: : : : : : : : _ヘフ─,/    ソ`-、: 、: : : : !
 l: : : : : ,: : : /:ノ __       _ ヘ: : :,、: !
 l: : : : : ,!: ! ,,;"  ゙`、   ,,:''  ゙`、 ! /`ノ
 l: : ,, ' !: ! ''    `   ''     ` ノ
 l  ! τ !: ! ,,,,,          ;;;;;;`,
 !: : : ゝ、!: !'''''    ,、_    ,、    ノ
...!: : : : : `ヘ! >、_/^''^' ` ヾ/´ `'`ヽ´
..!: : : : : : : ,'`i ´ ̄ ̄ ̄ ̄`!´ ̄ ̄ ̄`、
ノ: : : : : : /  !        !      !
!: : : : : ノ   !       .!      !
┌────────────────────────┐
│分かりやすい所からコッホ曲線とかいいかもしれない   .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/コッホ曲線             .|
│                                    .|
│recursion 1-6     #今回は1世代から6世代       .|
│angle 60        #角度60°                |
│thickness 1      #太さは1                 .|
│axiom F        #初期状態は線分のみ        .|
│rule F=F+F--F+F  #変換規則で第一世代を描くと↓   .|
└────────────────────────┘




26L-System厨 :2015/05/30(土)23:53:50 ID:HTK
         - ── -
  -‐ァ'´         ` 、
. / /               ヽ
.′/      /! ∧ ト、 、  ヘ
| i     / / j /  ! j ! }   ',
| l!    / / /イ  |/ j八 }  }
| 八   /}/ N      N }八乂
|  Y^Y|  |:|       |:|  ハノ
|  {( ||  U      U  {ノ
|   乂||x:x           x:x〉
|  | ||ト.丶. _ ノ   ,.ィ7
|   jl<{ {` マニニフ ´}ト、
|  /   > \/{ }V <   \
┌────────────────────────┐
│第二世代になると...第一世代のFがそれぞれ      .|
│F=F+F--F+F に置き換わるので~              .|
│第一世代:F+F--F+F                      .|
│が                                 .|
│第二世代:F+F--F+F+F+F--F+F--F+F--F+F+F+F--F+F .|
│になります↓                           .|
└────────────────────────┘




27L-System厨 :2015/05/31(日)00:17:36 ID:rMM
      /└──┐
      \┌──┘
        -─…─-
   /レ ´: : : : : : : : : : : : : :\
   ノ ′: : : : : : : :ト、: :、 : : : : : ヽ
 ∠ : : : : : : ; 斗 / ', 」_V : : : : ハ
  |: : : : : :7j/}/  V  }∧: : : : :}
  |: : : : :V:匕ハヽ  匕ハヽハ : : ハ!
  |: : :ハ { {、::r} }  {、::r} } |∧/
  |: : {`||ヽツ     ヽツ  | .ノ
  |: :弋||"u         " jイ|
  |: : : :|/`ト ⊂ニニつ  <:リ:|
  |: : : : : : ; イ^ヽ フ^ヽ : : : : |
  | : : : /  廴/\_ノ \: : :!
  | : : /      o      ヽ |
  | : /   /⌒Y  /⌒Y   ∧
  |/  | 〉  ⌒  〈 |  ヘ
┌──────────────────────┐
│第六世代になると...もう書けないかもしれない   .|
│このコッホ曲線はテキストとかで良く見る形に     .|
│なってきた気がするけど、どうかな?          .|
│                                .|
│こんな感じでL-Systemはフラクタル図形もかけます .|
│植物の枝分かれもフラクタルなんだよね       .|
│フラクタル次元忘れたけどw               .|
└──────────────────────┘
ttp://terra.sgu.ac.jp/pclecture/lec/Lec009_2.html
↑には植物の枝分かれのフラクタル次元約1.5とあります?




28L-System厨 :2015/05/31(日)00:38:35 ID:rMM
なのだにゃん!

  /ト.\   _   /|:|
  |:| >:::´:::::::::::`:::< |:|
  |/:::::::::::::::::::::::::::::::: ヾ{                -─ 、
  /:::::::}::八::::ト:_」:::::::::::::::::',               /:::::::::::::ノ
. {::::::V‐ト ヽ{´Vヽハ::::::::::::}   _             .:::::::/ ̄
  Ⅵ::{Y7ハ  ´7ハ |:::::::::::レ← 、 ヽ.           |:::::::|
   |:::} 弋ノ  弋ノ !:::::::Y ,ィ'⌒ヽヾハ        _|:::::::|__
   |公゙.  、  , ゙ 人:::::ハ V廴丿 ,レo     r≦ rヘ:::::::マニ⊃≧
   ∨V{/≧=- ァ=ミ∨Vヘ _/∠ニヽ  {ヘ三ヲマ三ヲヘヲ}
.         Y⌒丶 ` ̄´ //,ィ'⌒ヾハ  、 ______ ノ
         |     ヽ   ゝ' { V廴 丿}j     |:::::::|
         |     |      ヽ __ ノ′    |:::::::|
         |     |         \       ;:::::::;
         |     |          \       /::::::;′
         |     |、        x介x __ /:::::: ′
         |     |ハ       ィ、/ >‐/::::::::/
         |     ∨}    ィ´ _」/ヽ/_/-‐ァ´
         |     } L ィ´_」´  ! /,//,/
         |ー──1.L_ 「 」 -‐ヘ> ′/´
         ト、__,ノ l  「 」 z‐ァ'  /
          }   | `7⌒´ /   /
            'ヘ辿リ  /    /   /
┌─────────────────────┐
│ちなみに                         .|
│axiom F--F--F     #初期状態は正三角形   .|
│にするとコッホ雪片になります             .|
└─────────────────────┘




29L-System厨 :2015/05/31(日)01:25:43 ID:rMM
                                  
                    .  ´  ̄ `   .               | j i/〉、
               /:::::::: /!::ト、::::::::::::::\              |∩  /
                  /::::: ;ィナ/ |::lxト、‐ 、:::::::::: ヽ          |j ) ノ
             イi:l::ル笊 人l ノ笊ハi:::::::::::::: ヽ       /`V  イ
             从i:| i.r' li  l.r' lト |::::::::::::::::. ヽ  /: \   Xノ
              /:::l:| |匕リ   l匕リ .|:::li::l::ヽ::::ハ/: : : : : :\/
   rf「ト、        /:::::l〈""     _ "" |:::li::|ルハ//: : : : : : : :/
   |   i  ___r‐ルル> .「  ノ .イレハj: リ/: : : : : : : :/
 〈.ヽ/´ ̄/: : : : : : :| l|  |l |〈 {_て .フ´  /::/: : : : : : : : /
  ーl   l: : : : : : : :| l|  |l |トト、 xへ  /: : : : : : :: : :/
   人_人: : : : : : :! l|__|l lハ: ≧≠≦=虫: : : : : :イ
       ̄ ̄ ̄ ̄〈∧___|l |7∧: : : : : : : : : : : : : : : : ト、
             く\∧fi|l // ∧: : : : : : : : : : : : : : : |: \ _
            「二\ ∧./ /  ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : `ヽ
          [二.イ\/ /   ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : :l
            {レ'       ∧: :┌ ‐:‐:‐:‐へ、 : : : : : : : : :.|
              \.         |: : :!: : : : : : : : : \: : : : : : : : l
              \      |: :.ノ: : : : : : : : : : : i : : : : : : :リ
                    \ ____人└:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐::┘: : : : : :/
                        /\____: : : : : : :_____.: :イ
                         /::::::::::::::::// ̄ ̄「:::::::::::::::::l|
                    /:::::::::::::::://     .|::::::::::::::::::l|
                      /:::::::::::::::://      |::::::::::::::::::l|
                   /::::::::::::::::://      |::::::::::::::::::l|
                      /:::::::::::::::::://      |::::::::::::::::::l|
┌────────────────────────┐
│もう一つ                              .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴン曲線            .|
│                                   .|
│recursion 12      #今回は12世代            .|
│angle 90        #角度90°                |
│thickness 1      #太さは1                 .|
│axiom FX       #初期状態は線分           .|
│rule1 X=X+YF    #変換規則1               .|
│rule2 Y=FX-Y    #変換規則2               .|
│                                   .|
│他にも色々描けるので試してみてください          .|
└────────────────────────┘




30L-System厨 :2015/05/31(日)01:31:36 ID:rMM
          ___               が   も
    ,ィ ,..-‐''" ̄   、 ` ヽ、
   / ´   , ./i ,' ∨ 、  \           ま   う
  ,ィ''゙,    ,.'i-/、l .,'  ∨,-、i.  ム
 ´7"   ; /,.レ'-、l/  ´V__ lV.  ム         ん   `
 //    //,ィチテt   'ィ=t、ヽl;; l. }
.// ,..-i | l !三Zミ!   i三Z} .l ! ハリ   コ    で
'  :l '| lxx. ゞニン    ゙ミZソ  lY:l.  /  ケ
   :、 .| |    __       xxVリ /  )      き
    `| |  /   ゙゙̄''''ーtォ   〉 ,;  (   /
   ,;;ハ/ヽ._l       リ  /iィ゙:l  ノ /    な
   ;','::l.::;.ィ゙' ー-..._,,.-―'''ア''¨゙'ヽ、/__
   .;.;',ィ'゙.:.:l  `'<Lr゙"/ f゙rョtヽ V__/       い
  ::;ィ゙-、: :、__,. ヽ/  ゝ二ノ リ:ム
 ::/.:.:.:  ヽ  :.L,,:'         /:.、_}        !!!
.::/.:.:.:   :゙  ,.'      r、,..'、_ハ_ノ
/.:.:.:    /;;:.,イ.:.:     rfヽヽ!,、.ム.
:.:.:.:   .;';;;:/.:././ ,    rヽヽ/ ヽム
:.:.:.   ,ィ{;;/.:./7"{_{ノ :U.:ヽ. /   /ヾt、
:.:.:  ´''"゙ー=ミ,し、fヽノ.:.U::l:V.:.:.  ,.'   ヾ!
:.:.:.:.      ゙7¨¨''ーr<j_liヽ.:./    /
:.:.:.:.:.:.:..    ,'    :!. ー'、 `i:、:.:.:./
、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:../  ‐<ハ ''''>`¨
┌──────────────────────┐
│次回からは [ ] や { } も使って二次元や三次元の  .|
│植物を作成していきます ようやくだねw        .|
└──────────────────────┘
31L-System厨 :2015/05/31(日)11:03:34 ID:CJb
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU
という前に L-System 4 と Lparser v2.1 で
コッホ曲線、コッホ雪片、ドラゴン曲線のlsファイルを書いておきます

コッホ曲線

L-System 4 用lsファイル
#start
#L-System 4 Koch curve
6 # recursion depth
60 # angle
1 # thickness as % of length
#
c(12)F
#
F=F+F--F+F
@
#end


Lparser v2.1 用lsファイル
#start
#Lparser v2.1 Koch curve
recursion 6
angle 60
no_wait 1
#
axiom c(15)F
#
rule F=F+F--F+F
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end

以下同じ形式です
ソフトウェアの違いというか方言で微妙に内容が違うのは勘弁してください
32L-System厨 :2015/05/31(日)11:06:03 ID:CJb
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! そのうち興味を持った人に作品を
  |__lノヌ7ヽ| 貼ってもらうのもいいかもしれない
  ノ_zュ__}
コッホ雪片
#start
#L-System 4 Koch snowflake
6 # recursion depth
60 # angle
1 # thickness as % of length
#
c(12)F--F--F
#
F=F+F--F+F
@
#end



#start
#Lparser v2.1 Koch snowflake
recursion 6
angle 60
no_wait 1
#
axiom c(15)F--F--F
#
rule F=F+F--F+F
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end
33L-System厨 :2015/05/31(日)11:07:46 ID:CJb
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ c゚ ノ! 一応これからも
  |__j´丈 d| なるべくlsファイルも貼って行くつもりだけど
  ソ_zュ__}
ドラゴン曲線
#start
#L-System 4 Dragon curve
12 # recursion depth
90 # angle
1 # thickness as % of length
#
c(7)FX
#
X=X+YF
Y=FX-Y
#end



#start
#Lparser v2.1 Dragon curve
recursion 12
angle 90
no_wait 1
#
axiom c(2)FX
#
rule X=X+YF
rule Y=FX-Y
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end
34L-System厨 :2015/06/06(土)11:54:14 ID:9nU
  ノ` ー'^ー‐'"ヽ
  ヽ       ヽ
  /   お    l
  ヽ   つ    〉
  .ノ   |    ヽ
  )        /
  )        (
 ,ィ,ヽ_  __  _/   _
ア    V .∨\`  .rユ_j_j゙i
  .::i-/、'| ハ_i_ :ム  /`ヽ  >'
  /l/-、 !'  ゙_ヽ }./ ヽ、 〉'
イ!.|,,.l!  li  / l! lノ/   ./
、| | ,.-.、_    ''ヽ   ./
..l,、!ゝ    ̄マ ノ   /
::/l ヽ アフ7'ア   /
'  ¨<゙,介r'    ./
┌──────────────────────────┐
│いよいよ植物っぽいの作っていくよ~               .|
│そのためにも[(プッシュ)と](ポップ)は不可欠になります    .|
│[(プッシュ)と](ポップ)の効用の説明は↓             .|
│ttp://news.mynavi.jp/articles/2008/10/08/cedec03/008.html .|
│                                      .|
│サンプルは「The Algorithmic Beauty of Plants」の        .|
│25ページ、fig 1.24 からいくつか                   .|
│単純なルールでもそれっぽいものができます           .|
└──────────────────────────┘








35L-System厨 :2015/06/06(土)12:03:43 ID:9nU
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! >>34 を L-System 4 のlsファイルで書くと
  |__lノヌ7ヽ| 上の図から順に
  ノ_zュ__}

#start
#L-System 4
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24a
5 # recursion depth
25.7 # angle
1 # thickness as % of length
#axiom
F
#rules
F=F[+F]F[-F]F
@
#end

#start
#L-System 4
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24c
4 # recursion depth
22.5 # angle
1 # thickness as % of length
#axiom
F
#rules
F=FF-[-F+F+F]+[+F-F-F]
@
#end

#start
#L-System 4
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24e
7 # recursion depth
25.7 # angle
1 # thickness as % of length
#axiom
X
#rules
X=F[+X][-X]FX
F=FF
@
#end
36L-System厨 :2015/06/06(土)12:56:07 ID:9nU
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj   Lparser v2.1 のlsファイルだと
 8Uヾネノ]lつ  こんな感じです
  <王王ハ
   しU

#start
# Lparser v2.1
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24a
recursion 5
angle 25.7
no_wait 1

axiom c(4)F

rule F=F[+F]F[-F]F

#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end

#start
# Lparser v2.1
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24c
recursion 4
angle 22.5
no_wait 1

axiom c(4)F

rule F=FF-[-F+F+F]+[+F-F-F]

#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end

#start
# Lparser v2.1
#The algorithmic beauty of plants p.25 fig.1.24e
recursion 7
angle 25.7
no_wait 1

axiom c(4)X

rule X=F[+X][-X]FX
rule F=FF

#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end
37L-System厨 :2015/06/06(土)13:38:30 ID:9nU


38L-System厨 :2015/06/06(土)13:49:05 ID:9nU
           .  - ── -  .
          /              ` .ノ}
.      . '               ト、
       /      /   ∧. ∧      Vハ
     '   / . 斗ト /  ∨ ,ィ十 、   Y
.     i  / /レ__レ'    ∨ _ハ! ハ     l
.     |   |i /〃云k    .ィ云`ヾリ     |
     从 iル' ! |l匕l|    |l匕l| }l| ト、 |  ?
.     人ハ!  .t仆ソ    t仆ソ ノ | | i. !
      |N|""""          "" | レ'  !
      | 〈     「 ̄ ̄ }    | |   |
      | i〕ト .   ー‐ ' .   イl| |   |
      | li i i  _∧ ̄ ノ^ト、 l! ル'    !
      | ll l /〈   X´ リ ト、    l
      | ll/|_ ∨}__ ∨  .| \   |
      /   / V ∨ ─┘  ヽ  リ
     /  i |  \.  ∨/  >   i | ∨
┌────────────────────────┐
│お絵かきモードとかいうの使って画像貼ってみたけど   .|
│良く分からないんだけど?                   .|
>>37 は三次元で木っぽいものを作ってみたよ       .|
│といってもオリジナルじゃなくて~               .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」 25ページ、fig 1.24 .|
│や L-System 4 のサンプルファイル Bop02.ls と同じかも .|
│しれない                             .|
│                                   .|
│因みに L-System 4 のサンプルファイルは         .|
│インストールフォルダの lsfiles フォルダにあります     .|
│例えば C:\Program files\LSystem4 直下とか       .|
└────────────────────────┘
39L-System厨 :2015/06/06(土)13:55:11 ID:9nU
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } >>38 はかせ、間違ってます
  lw! >__<ノj x25ページ、fig 1.24 => ○26ページ、fig 1.25 です!
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU

>>37を L-System 4 で表すと
#start
# --- L-System Parser/Mutator --- Lj Lapre ----------------------------------
#The Algorithmic Beauty of Plants p.26 fig.1.25
#L-System 4 Bop02.ls
7 # recursion depth
22.5 # angle
30 # thickness as % of length
#
c(8)A
#
A=[&FL!A]>>>>>[&FL!A]>>>>>>>[&FL!A]
F=S>>>>>F
S=FL
L=[c(1)^^{-f+f+f-|-f+f+f}]
@
#end

>>37を Lparser v2.1 で表すと
#start
# Lparser v2.1
#The Algorithmic Beauty of Plants p.26 fig.1.25
recursion 7
angle 22.5
thickness 50
shape 1
switch_yz 1
#no_wait 1
#
axiom c(12)A
#
rule A=[&FL!A]>>>>>[&FL!A]>>>>>>>[&FL!A]
rule F=S>>>>>F
rule S=FL
rule L=[c(8)^^{-f+f+f-|-f+f+f}]
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end
40L-System厨 :2015/06/06(土)14:14:07 ID:9nU
           ...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         .´:::::::::::::/::::ハ::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::/:::::{:::/ ヽ::::l ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          '::::::::::::{:::::ハ::l   ヽ::l\ヽ:\:ヽ:::::::::::::::::::::::::::!
       l:::::::::::::l:::,′:レ´  \ `ヾー-\:::::::::::::::::::::::|
        {::::::::::::ハ:レ´__      彡ミ`ヽ ヾ:::::::::::::::::::::}
        {::::::::::::{ / んミ.、    んとハ } !::::::::::::::::::::|
       {:::::::::::ヘ { {:.しr',     V:し:フ  ,:::::::::::::::::::::l   
          i::ハ:::::::ハ  弋;ソ     `¨´ xx !:::::::::::::::::::::!
          ` |::::::ハ xx            i:::::::::::::::::::::l    
           |::::::::{           - 、  U│::::::::::::::::i::j
          l::::::::ゝ      マ ̄   )  ..ィ::::::::l::::::::从!
             V:::::::::: ̄::::..─ニニ ´ イ:::VV:::ノレ´-─,--.、
              \:::{\:ヽ::ヽ/l_  / /‐y∠:_:_/: : : : \
              /´ハ´(  /`く / //   /``ヽ⌒ヽ: :',
              イ   ハ ヽ / ( )/ / /   /    \;;;;}: :}
           / {   {  \\/ /  /   /  /   V;;}: :}
          ,'   {   {__ヽ__∠ -─'‐-- ! /      V: :/
           {   レ' ̄                 l /      ヽ/_
┌────────────────────────┐
│ところで、はかせ~                       .|
│今までの流れだとサンプル使うとこんな図が描けますっ  .|
│てやってるだけですよね?                   .|
│角度や世代を変えれば多少は違う図が出来ますけど… .|
│                                   .|
│もう少しシミュレーション板らしく、パラメータを変えて   .|
│色々な樹形が出来ます~!みたいなこと          .|
│した方が読んでくれる人たちも応用が利くと思うんです  .|
│けど?                               .|
└────────────────────────┘
41L-System厨 :2015/06/06(土)14:14:49 ID:9nU
               枝分かれにはホンダモデル♪

                            \   |  /
                                ,、,、   /
                                   |::::::|
               -──                  |:rベ    ̄
          ノレ'´        \       /^つ:(__)
          7   \/ / ∧   ヽ    /\ }::::(ノ
               /|厶く.|/ ∨ハ     /\  く|::::::|     __
         /  |/〃r':しト  x≪N   |/   丶  |^^′ .....::::::::::::::::::::丶、
.        / /^|│{{ 弋.ソ   r'しハ| l |      |/  ./ :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       / { {|│、、      弋ソノ 八|     ./   /:::::/|::/\|\_⌒::::::::::::::.
           乂|│          、、 { |    ./    .::::::::|´厶.  ヽ{:::ハY|:::::::::::i
      /   /  |/>  `  一    イ |   ./      |::::::〃{:::ハ   弋ン ノ|:::::::::::|
.     /   / /「  |>  -r=≦ |/  /       レVハ{.弋ン     //|:::::::::::|
    /   //   >ヘxく_>、/∨   //            |::V/  _   ⌒} |:::::::::::|
.   / //、   \ ∨:∨<   /            |::::ゝ ∨_. イ八_:八|
   /             \_∨_/   イ                |∧/\:::ア}  〉^''7<}
.  / 〃    ∨        l/ |                 /、 \y'-、/  \
 /∨     /          /l │               / Y⌒) (  } ∨ /\
┌─────────────────────────────────┐
│なの~ それなら心配いらないけど                           .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」の2章「Modeling of trees」がまさにそれに .|
│あたります 枝分かれの数理モデル"ホンダモデル"などをL-System で表現  .|
│することによって、簡単に色々な樹形が創作出来る様になるよ!         .|
└─────────────────────────────────┘
42L-System厨 :2015/06/07(日)11:56:34 ID:jzR
           __          :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
       , ,.ィ'´   ,  `ヽ、         :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
      ィ'"   , / , /.ハ、.ム     お  ち: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
      ,'    ,アエ/i/ 二 : l     .い  く:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
      l : ,!.i l i ftオ  fォ.!ilリ      し  わ  :: :: :: :: :: :: :: ::
      | : l |.l |::: ヒラ  ヒリ::lノ     い  っ  : :: :: :: :: :: :: ::
       | : `:i : l r―--tッ ノ .    よ  て   : :: :: :: :: :: :: ::
       | .,ィzi: :.lz.゙..__,,..ィ'l       ね     : :: :: :: :: :: :: ::
      l!/  ヽバーt'j :i/,' ヽ.        ! !     :: :: :: :: :: :: :: ::.
     ./li.、   ト.Vヌfy'」./ l'            : :: :: :: :: :: :: ::
      ./ :l! ゙、  !<゙lミ/,」 l /!            :: :: :: :: :: :: :: ::
    ,' : .|i  ヽ | ヽ!' ;l ,' :l            :: :: :: :: :: :: :: ::
    ,' .::.l|    l: ./ ,'! ,, !           . :: :: :: :: :: :: :: ::
   ,'   :li    l、 l / l ィ゙ ハ          .. :: :: :: :: :: :: :: :: ::
   !   :i|、   |ーニキニヽ--:l、       :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
┌────────────────────────────┐
│ホンダモデルについて、オリジナルがネットから入手できないので .|
│樹木の枝の形態と力学的最適構造  から               .|
│ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe1963/14/4/14_4_296/_pdf .|
│1.非対称2分岐                                .|
│2.枝の長さと周径は等比数列に従う                   .|
│3.枝が分岐するとき分岐面は一つの平面を形成する         .|
│4.重心位置は,分岐前の枝の延長上にある               .|
│                                         .|
│「「The Algorithmic Beauty of Plants」」の2章でも同じようなこと   .|
│書いてあるね                                 .|
└────────────────────────────┘
43L-System厨 :2015/06/07(日)11:58:39 ID:jzR
            ,. -──‐-. 、
       (V(, . : :´: : : : : : : : : : . `ヽ、
        ゝ: . : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
      (: ノ: : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : :ヽ
       /: : : : :..:/: /: :./  |:.:ト、: : : : : : : ',
         il: : : : : メ、/ l/   ヽ| / }: : : : :l
       l: : : : :/l/ `メ、    イ V : : : : :.l
       l: : : :/ 〃⌒       ⌒ヽハ: : : ::.|
       l: /i: | i r:心     r心 i }: :i: : :|
       | ( l: | ヽ弋ソ    弋ソノ: :从ハノ
       |:.:.:ト、、 ''''        ''' j: :iノ:.i
         ノ: :ノ: ト、  ( ` ̄ ̄´ ) ノ: .l: : |
      /: / ヽ| i ヽ> ー  <  | V ヽ:|
      /:./    |  ヽ/´`ヽ/  |    '.|
      /:.:l      L__  ',ヽ__// _」/   i|
      /.:.:.l      /  V V  ヽ /     |
┌────────────────────────────┐
│これを、L-System化すると「The Algorithmic Beauty of Plants」の .|
│fig 2.6 のようになるんだけど、これだとまだ意味分かんね状態です .|
│                                         .|
│そういえば、樹形サンプルが L-System 4 や Lparser v2.1 にあっ .|
│た気がすると思って良く見てみたらlsファイル化されてましたw    .|
│L-System 4:TREE00.LS、Lparser v2.1:abop.ls です         .|
└────────────────────────────┘
ls ファイルの置換規則=rule は
A = F[ &( a0 ) '( r2 ) !( wr ) B ] >( c ) '( r1 ) !( wr ) A
B = F[ -( a2 ) '( r2 ) !( wr ) $C ] '( r1 ) !( wr ) C
C = F[ +( a2 ) '( r2 ) !( wr ) $B ] '( r1 ) !( wr ) B
ここで
r1:幹の伸張の減少率、幹の伸張が等比数列になる
r2:枝の伸張の減少率、枝の伸張が等比数列になる
a0:幹の分岐角
a2:枝の分岐角
wr:太さの減少率、幹や枝の周径が等比数列になる fig 2.6 では 0.707、ls ファイルでは 0.9
c:広がり角、fig 2.6 では d と表記され 137.5°、ls ファイルでは137°

ポイントは置換規則が3つだけで樹形が描けるということと
wrとc決め打ちなら、r1、r2、a0、a2の4つのパラメータだけで樹形が
決定されるということです
44L-System厨 :2015/06/07(日)11:59:21 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } 「The Algorithmic Beauty of Plants」のtable 2.1 に
  | l ゚ c゚ ノ! パラメータの設定例があるので参考にすると
  |__j´丈 d| fig 2.6 の a-d と同じものが描けましたけど?
  ソ_zュ__}
45L-System厨 :2015/06/07(日)12:03:09 ID:jzR
  ,..-―-、  画像載せるの忘れちゃったのでもう一回w
  i  .ルハ、 } 「The Algorithmic Beauty of Plants」のtable 2.1 に
  | l ゚ c゚ ノ! パラメータの設定例があるので参考にすると
  |__j´丈 d| fig 2.6 の a-d と同じものが描けましたけど?
  ソ_zュ__}










46L-System厨 :2015/06/07(日)12:30:49 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } L-System 4 の lsファイルで表すと
  | l ゚ ヮ゚ノ!
  |__lノヌ7ヽ| ただし、table 2.1d を参考にしたlsファイルは -30°指定できないので
  ノ_zュ__} 替わりに置換規則BとCの+と-を入れ替えてますけど
#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6a、p.57、table 2.1a
#L-System 4 TREE00.LS、TREE00B.LS、TREE00C.LS、TREE01.LS
10 # recursion depth
45 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(12)FFA
#rules
A=F[&'(.6)!B]>(137)'!(.9)A
B=F[-'(.6)!(.9)$C]'!(.9)C
C=F[+'(.6)!(.9)$B]'!(.9)B
@
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6b、p.57、table 2.1b
#L-System 4 TREE00.LS、TREE00B.LS、TREE00C.LS、TREE01.LS
10 # recursion depth
45 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(12)FFA
#rules
A=F[&'(.9)!B]>(137)'!(.9)A
B=F[-'(.9)!(.9)$C]'!(.9)C
C=F[+'(.9)!(.9)$B]'!(.9)B
@
#end
47L-System厨 :2015/06/07(日)12:31:06 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| 改行が多すぎるって出ちゃったので2レスに分けるしかないかもしれない
  ノ___}
#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6c、p.57、table 2.1c
#L-System 4 TREE00.LS、TREE00B.LS、TREE00C.LS、TREE01.LS
10 # recursion depth
45 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(12)FFA
#rules
A=F[&'(.8)!B]>(137)'!(.9)A
B=F[-'(.8)!(.9)$C]'!(.9)C
C=F[+'(.8)!(.9)$B]'!(.9)B
@
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6d、p.57、table 2.1d
#L-System 4 TREE00.LS、TREE00B.LS、TREE00C.LS、TREE01.LS
10 # recursion depth
30 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(12)FFA
#rules
A=F[&'(.7)!B]>(137)'!(.9)A
B=F[+'(.7)!(.9)$C]'!(.9)C
C=F[-'(.7)!(.9)$B]'!(.9)B
@
#end
48L-System厨 :2015/06/07(日)12:39:00 ID:jzR
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj Lparser v2.1 の ls ファイルです
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU
#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6a、p.57、table 2.1a
#Lparser v2.1 abop 1.ls、abop 2.ls
recursion 10
angle 45
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFAL
#
rule A = F[&'(.6)!B]>(137)'!(.9)A
rule B = F[-'(.6)!(.9)$C]'!(.9)C
rule C = F[+'(.6)!(.9)$B]'!(.9)B
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6b、p.57、table 2.1b
#Lparser v2.1 abop 1.ls、abop 2.ls
recursion 10
angle 45
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFAL
#
rule A = F[&'(.9)!B]>(137)'!(.9)A
rule B = F[-'(.9)!(.9)$C]'!(.9)C
rule C = F[+'(.9)!(.9)$B]'!(.9)B
#end
49L-System厨 :2015/06/07(日)12:42:24 ID:jzR
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } r1、r2、a0、a2を変えればサンプル以外にも
  lw! >__<ノj 色々な樹形が作れます
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU
#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6c、p.57、table 2.1c
#Lparser v2.1 abop 1.ls、abop 2.ls
recursion 10
angle 45
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFAL
#
rule A = F[&'(.8)!B]>(137)'!(.9)A
rule B = F[-'(.8)!(.9)$C]'!(.9)C
rule C = F[+'(.8)!(.9)$B]'!(.9)B
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6d、p.57、table 2.1d
#Lparser v2.1 abop 1.ls、abop 2.ls
recursion 10
angle 30
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFAL
#
rule A = F[&'(.7)!B]>(137)'!(.9)A
rule B = F[+'(.7)!(.9)$C]'!(.9)C
rule C = F[-'(.7)!(.9)$B]'!(.9)B
#end
50L-System厨 :2015/06/07(日)17:38:31 ID:jzR
                        ト、
                  -‐…・・- ヽ ヽ
              ´            ⌒>
           /                    ヽ
                            ハ
.        /        ∧                 |l
  ___′     / /     L _ ト        ||
 ´     |     レ{    \{  \{ ヘ  ト、  リ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|        |/|  イ ∨          Y '^ Y|     |褒めてないです!>
|        l! || N        ィ巧ミっ| |  リ |         \______/
|      -‐|∧ ハc==ミ       〃〃| レ'  |
           | 〃〃      __  | /    !
 \        | 人     r一 ´  nhm′   ∧
   \      |′ ≧ァ‐--≧=‐=ァ'´ ̄ ̄∨  ∧
    \        / > l 〈::::〉〈      ∨  ∧
      \      /  \ ∨:::∨ヘ       ∨  ∧
         丶   /    \V:// \     \  ヽ
┌────────────────────────────┐
│もうひとつの2分岐モデルとしてアオノ&クニイモデルがあります   .|
│「The Algorithm Beauty of Plants」の59ページ、fig 2.7 ね       .|
│こっちはサンプルファイルが無かったので自分で ls ファイル化して .|
│みましたけど                                 .|
│                                         .|
│とはいっても前例>>43があるのでパターンマッチングでどうにか   .|
│なりました                                   .|
│                                         .|
│やってみて気付いたんだけど fig 2.7 の式の通りにやっても同じ図 .|
│にならないので"&"を"^"に変えてます                  .|
│まあ、弘法も筆の誤りって言うし多少はね?              .|
└────────────────────────────┘
ls ファイルの置換規則=rule は
A = F[ ^( a1 ) '( r1 ) !( wr ) B ] >( 180 ) [ ^( a2 ) '( r2 ) !( wr ) B ]
B = F[ +( a1 ) '( r1 ) !( wr ) $B ] [ -( a2 ) '( r2 ) !( wr ) $B ]
ここで
r1:幹や枝の減少率1
r2:幹や枝の減少率2
a1:幹の分岐角1
a2:幹の分岐角2
wr:太さの減少率、 fig 2.7 では 0.707、ls ファイルでは 0.9にしました

こっちは置換規則が2つだけで樹形が描けて
wr決め打ちなら、r1、r2、a1、a2の4つのパラメータだけで樹形が
決定です
51L-System厨 :2015/06/07(日)17:45:12 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l >__<ノ! なんか見難い図なっちゃったけど
  |__lノヌ7ヽ| fig 2.7 a-d と同じようなものが出来たかもしれない
  ノ_zュ__}









52L-System厨 :2015/06/07(日)19:14:35 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! L-System 4 の lsファイルで表すと
  |__lノヌ7ヽ| >>46-47 も c(12) じゃなくて c(8) の方が良かったかもしれない
  ノ_zュ__}

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7a、p.58、table 2.2a
10 # recursion depth
5 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(8)FFA
#rules
A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(65)'(.7)!B]
B=F[+'(.9)!$B][-(65)'(.7)!$B]
@
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7b、p.58、table 2.2b
10 # recursion depth
10 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(8)FFA
#rules
A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(60)'(.7)!B]
B=F[+'(.9)!$B][-(60)'(.7)!$B]
@
#end
53L-System厨 :2015/06/07(日)19:15:47 ID:jzR
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| また改行が多すぎて一気に投稿出来なかったけど
  ノ___}

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7c、p.58、table 2.2c
10 # recursion depth
20 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(8)FFA
#rules
A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(50)'(.8)!B]
B=F[+'(.9)!$B][-(50)'(.8)!$B]
@
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7d、p.58、table 2.2d
10 # recursion depth
35 # angle
15 # thickness as % of length
#axiom
c(8)FFA
#rules
A=F[^'(.9)!B]>(180)[^'(.8)!B]
B=F[+'(.9)!$B][-'(.8)!$B]
@
#end
54L-System厨 :2015/06/07(日)19:23:19 ID:jzR
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj Lparser v2.1 の ls ファイルです
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7a、p.58、table 2.2a
recursion 10
angle 5
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFA
#
rule A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(65)'(.7)!B]
rule B=F[+'(.9)!$B][-(65)'(.7)!$B]
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7b、p.58、table 2.2b
recursion 10
angle 10
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFA
#
rule A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(60)'(.7)!B]
rule B=F[+'(.9)!$B][-(60)'(.7)!$B]
#end
55L-System厨 :2015/06/07(日)19:23:37 ID:jzR
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } 「The Algorithmic Beauty of Plants」
  lw! >__<ノj 最初に読んだ頃は樹形にあまり興味なかったんで
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ 2章はまじめに読まなかったんですけど
   しU  ls ファイルに落とせるとやっぱり興味が沸きますね

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7c、p.58、table 2.2c
recursion 10
angle 20
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFA
#
rule A=F[^'(.9)!B]>(180)[^(50)'(.8)!B]
rule B=F[+'(.9)!$B][-(50)'(.8)!$B]
#end

#start
#The Algorithmic Beauty of Plants p.59、fig 2.7d、p.58、table 2.2d
recursion 10
angle 35
thickness 15
shape 1
switch_yz 1
#
axiom c(12)FFA
#
rule A=F[^'(.9)!B]>(180)[^'(.8)!B]
rule B=F[+'(.9)!$B][-'(.8)!$B]
#end
56L-System厨 :2015/06/07(日)19:42:33 ID:jzR
                   -──-
                 ´           `丶、
             /     ∧          ヽ
               /    / / /  . |\     '┐
                  |/`|/   ∨⌒ト      | | おねーさんですから
            | |  /x=ミ   x=ミ八     | |
            |八 イY r':ハ     r':ハY │  l |
              Ⅳ Vソ     Vソ| /⌒l/│
                    ''        '' | | _ノ  !
              个 .   、  _ノ   | '´  │
                    ヽ|  >r- -r<._|/|    |
                    イ/ {>< / }`ヽ、  |
      r(ヽ、     /   >∨〈∨<  ∧   |  -っ、
       {ツ ト、   /      \{∠. _/    ヽ | / ,(ノノ)
.       lゝ、/ \/   |           /   Ⅵ/|  ノ
       {{ /   / `ヽ Ⅵ        ∨    /| |/「|
       \  /   ∨│        丶     、\j |
        \      /|          \|   \_,,ノ
.            \__/ .|              |\   /
┌────────────────────────┐
│ミスが増えてきたので今回はここまでです          .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」の60ページ、fig 2.8  .|
│のような3分岐の樹形もできるようなので次回までに調べ .|
│てきます                              .|
│                                   .|
│そして、次回は木に葉を付けるとどうなるか?       .|
│葉の形状で見た目はどう変わるか?             .|
│そこから、更に葉や花の形の作り方などを予定してます .|
│最後の↑は一応、木よりも草向けかもしれない       .|
└────────────────────────┘
57L-System厨 :2015/06/13(土)13:05:07 ID:TVd
 _
´  `Y
    l
  ス  l     __
  イ  |_,./レ'´. : :; : ;、:`:.ヽ、
  マ   |7ィ: : : /./| / V、i:i,:ヽ
  セ   |:.:.:.:/7「'゙ i/  lノ_l「V:',
  ン  |:;、:l  fミl!    {ミi !iリ
  :  |_.|:.! r゙ヒリ.    ゞr.、l'
  :   〕| ー'____,._ __ `゙ノ
  :  「:|.:|ー<:::::::::::::::::Yレ'|
    /.:.:.:.l:l:l:/_¨仗'7「:l:l:.:|
、__/.:l.:.:.:.:.:/  ゙ー '" |:l.:.:.:l
   |:.:.l:.:.:.:./,  i  :l |:.:.:.:!
   |/i:.:.:. ;' |_」  |__.|:.ハl
    |:.:.:.;' {  }  :l  l:l
┌───────────────────────────┐
>>56 で言ってた「The Algorithmic Beauty of Plants」の3分岐は .|
│残念ながら出来ませんでした                      .|
│その代わりにLparser v2.1 ttp://laurenslapre.nl/lapre_004.htm  .|
│に興味深い3分岐サンプル                       .|
│abop 3.ls、tree 1.ls、tree 2.ls、tree 3.ls、tree 4.ls          .|
│があるのでそっちを参考にしてみてください             .|
│                                       .|
│継続調査かもしれない                          .|
└───────────────────────────┘
58L-System厨 :2015/06/13(土)13:05:54 ID:TVd
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } >>19-23 の記号以外の解説漏れがあったので...
  lw! >__<ノj
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU
g:位置情報を記憶しないで移動
.:現在のタートルの位置情報を記憶する
それと、忘れてた記号について
$:現在のタートルの向きからベクトルの外積を使って水平面を計算、取得しなおす
59L-System厨 :2015/06/13(土)13:09:25 ID:TVd
                    __
              -‐ . . . . ̄ . . . . . . . .、
           / : : : 、 ,: : : : : : : : : : ; : : \
           / : : : : : : :' : : : : :ハ: : : :∧: : : : ヽ
         /' ;": : : : : l: : : : ,: :/ !: : / i: : ,: ",: ヽ
        ,':. : : : : : : :.|: ; :,ィ: :/  !: :/   !: ハ: :l : : `、
        l: : : : : : : : :|/!/ レ_≧、l∠   レ' _l;_l: : : : l
         |: : : : : : : : :|  //::::::「    テ=、:l: :j: : :!
          |: : : : : : : : :l 〈 ハ:::::d    /:::`:i } V:. : .}
          l: : : : : : : : :l ,,, ヽ:ニ:ノ     {.し:ソ ! ,イ: :N
          │: : : : : i: : |          `ー'゚ ,,/: :.N
         !:: :. : : : l: : |           '     |:: : |
        ! : : : : : l: : |     ,. ‐‐- 、     l: : :|
   , ‐‐-、__レヘ.:.、: : !: :.lト、   `  -‐'   /:: : :.l
  /: : _: : ∨ `' W V!:ノ、 丶  __  . . .ィ:´:: :: :: : :|
  /: /:::::::〉: /           \   |ニ‐‐、::;lヘ: : ;、 : 丿
  {: :{:::::::/: | !,へ        ヾ二_:ゝ  l  `´ `~
  l: :l::::::!/\   \       / ヽつ |\   ,‐- 、
  l: :ヽ:/ . . . . \  \‐-、  / ─孑ヽ.!. .⊂/,─ }
  ヽ: :/. . . . . . / ヽ   ヽ. .ヽ/  :二}、 ヽ/У/ ̄ 〉
 ( ̄/. . . . . . /. . . ヽ.   /|   、_ノ ヽ.   〈/`.j
┌───────────────────────────┐
│え~気を取り直して植物CGの葉や花を作るためのパーツを   .|
│紹介していきます  L-System だけだと単純なものしか作れな .|
│いと思われるかもしれませんが工夫次第で何とかなります!   .|
│                                       .|
│まずは葉や花弁に相当するパーツとして単純な図形から     .|
│タートルが一度に動ける線分の長さは基本的に一定なので   .|
│作れるのは三角形=正三角形、四角形=ひし形、五角形、     .|
│六角形、七角形となります                       .|
└───────────────────────────┘












60L-System厨 :2015/06/13(土)13:42:32 ID:TVd
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } それぞれ L-System 4 の ls ファイルで書くと
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| 角度指定があるものはその角度でないと作れないので注意だけど
  ノ___}

正三角形
#start
# Leaf_equilateral_triangle
1 # recursion depth
30 # angle
10 # thickness as % of length
#axiom
L
#rules
L=[{-(30)f+(120)f+(120)f}]
@
#end

以下、"L" の置換規則=rule 以外同じなので省略
菱形
L=[{-f++f-|-f++f}]
五角形
L=[{-(30)ff+(60)f+(60)z-(90)|-(90)z+(60)f+(60)ff}]
六角形
L=[{-f+f+f-|-f+f+f}]
七角形
L=[{-(30)ff+(30)f+(30)f+(60)z-(90)|-(90)z+(30)f+(30)f+(60)ff}]
61L-System厨 :2015/06/13(土)14:06:33 ID:TVd
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj  Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ
   しU

正三角形
#start
#Lparser v2.1 Leaf_equilateral_triangle
recursion 1
angle 30
#axiom
axiom c(8)L
#rules
rule L=[{-(30)f+(120)f+(120)f}]
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end

以下、"L" の置換規則=rule 以外同じなので省略
菱形
L=[{-f++f-|-f++f}]
五角形
L=[{-(30)ff+(60)f+(60)z-(90)|-(90)z+(60)f+(60)ff}]
六角形
L=[{-f+f+f-|-f+f+f}]
七角形
L=[{-(30)ff+(30)f+(30)f+(60)z-(90)|-(90)z+(30)f+(30)f+(60)ff}]
62L-System厨 :2015/06/13(土)18:45:17 ID:TVd
   /川州州州i洲ム    /
   .l',,ィノィソミlチレ' Vl州!   /  で  機  な
   |洲洲ノ-‐'  ー-lミi゙   |   す  能  ん
   |洲洲 ijー'  ーrjlミ!   |   .か  つ  で
   ヾミミミト:<¨ーァ,,.ィ:リ   |   |  け  こ
   fr;ヘ \_7\''^   __|   |  る  ん
   / ヽ. ヽ_,イ_ヽ/,ヽ  L_   (    ん  な
  .l:  {  .l::::i  :i |   |    .)  
  .|゙ ,.-‐!  ヽ/  lナ   .|   (.  
   i´''"「_____.l_!_ /!    \
  .ハ ´ {i:::li三{ア:{ノ、    `'ー----――
  i、l゙'ー‐' ̄、i:l /l `ー-r‐t-、-=ニ三三
  {/゙''   ―:))z=ニ二二ミt、jソ三三三
┌───────────────────────────┐
│単純な図形でもそれっぽく見える例として              .|
>>6のサンプル1は>>9を見ると葉は六角形、花は菱形です    .|
>>8のサンプル2は>>10を見るとこれも葉は六角形         .|
>>37>>39を見るとまたまたこれも葉は六角形になってます   .|
│サンプル1は後で詳しく見ていきますのでまたその時に      .|
│                                       .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」のfig 5.4 の方法を参考に  .|
│葉や花をよりそれっぽく描画することも出来ます          .|
│次はそれらの例を示します                       .|
└───────────────────────────┘
63L-System厨 :2015/06/13(土)18:47:35 ID:TVd
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } 間違って図を貼る前に書き込んじゃいました
  lw! >__<ノj
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ
   しU





64L-System厨 :2015/06/13(土)18:54:45 ID:TVd
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } >>64の下の葉は、「The Algorithmic Beauty of Plants」の124ページ、fig 5.6 が
  | l ゚ c゚ ノ! 実現できなかったので焼けクソで作った気がする
  |__j´丈 d|
  ソ_zュ__} L-System 4 の ls ファイルで書くと

>>64の上の葉
#start
#L-System 4, sample leaf
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.123, fig 5.5
#BOP00.LS
20 # recursion depth
10 # angle
10 # thickness as % of length
#axiom
L
#rules
L=[A][B]
A=[+A{.].C.}
B=[-B{.].C.}
C=gC
@

>>64の下の葉
#start
#L-System 4, original leaf
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.124, fig 5.6
20 # recursion depth
60 # angle
10 # thickness as % of length
#axiom
L
#rules
L=[{.A}]
A=g[-B.][""A''][+B.]
B=gB
@
65L-System厨 :2015/06/13(土)19:09:02 ID:TVd
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } >>64 はかせ~また間違ってます >>64じゃなくて>>63ですよ
  lw! >__<ノj
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
   しU

>>63の上の葉
#start
#Lparser v2.1, sample leaf
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.123, fig 5.5
recursion 20
angle 10
#axiom
axiom c(8)L
#rules
rule L=[A][B]
rule A=[+A{.].C.}
rule B=[-B{.].C.}
rule C=gC
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end

>>63の下の葉
#start
#Lparser v2.1, sample leaf
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.124, fig 5.6
recursion 20
angle 60
#axiom
axiom c(8)L
#rules
rule L=[{.A}]
rule A=g[-B.][""A''][+B.]
rule B=gB
#rule ~ = _ # uncomment to remove random efx
#end
66L-System厨 :2015/06/13(土)19:36:19 ID:TVd
        ',                  /  カ  た
  ふ  あ  .l      .   ・ ・ . .   ,'  .エ  ん
  っ め   |   ..’ ,.-‐ '', ̄, ̄`ヽ、 、 l   .ル ぼ
  て  が   .|  , /  /,' /| .i   `ヾ'|   が に
  き        |  :./  ,'-/.,'._/ l _l_l__i_   |   い
  て        l  ,'  l./--./  、l__ヽli::.  .|   て
  |     / : l , l/ fミjミi   fZミiヽヾ  .',   |
  ♪    ./  .ヽ、ic ヒzリ   ヒzリ l | iY \ ♪
       /    ゙, リXx    _¨ xX.|.lノ .l//\__/
___,.-、二l      ヽ    /   `i  ,.|ノ  | :
           ‘,ヽ>..__ヽ_,,..-r'" l   |  ,
            ・  |!  ltXjXメ l     .| .
             : |:  .l     ',    ::|
             ’ l:  |        ∨   ::|
┌─────────────────────────┐
│更に応用としてスズランやツリガネソウの花のような形状も .|
│作れるかもしれない                        .|
│                                    .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」のfig 5.4 の方法は   .|
│滑らかな曲線を作れるけど、欠点として世代が進むと    .|
│際限なく大きくなってしまう...成長が止められません    .|
│                                    .|
│成長をコントロールできる置換規則に置き換えられないか .|
│色々実験してる所です                       .|
└─────────────────────────┘






67L-System厨 :2015/06/13(土)19:47:59 ID:TVd
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj L-System 4 の ls ファイルで書くと
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ 4つの置換規則で複雑な形状が作れるのは L-System ならではの気がします
   しU

>>66の上の花
#start
#L-System 4, sample flower1
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.127-128, fig 5.10
#BOP10.LS
20 # recursion depth
7 # angle
50 # thickness as % of length
#axiom
&(10)c(1)Dc(6)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]
#rules
p=[&(90)[A]+(72)[B]]# one petal
#
A=[^gA{.].# first 'curved line'
B=B^.g.}# second 'curved line'
#
D=t(.1)Ft(.1)FD# branch
@
#end

>>66の下の花
#start
#L-System 4, sample flower2
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.127-128, fig 5.10
#BOP10.LS
20 # recursion depth
5 # angle
50 # thickness as % of length
#axiom
&(10)c(1)Dc(6)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]
#rules
p=[&(90)[A]+(72)[B]]# one petal
#
A=[^"gA{.].# first 'curved line'
B=B^."g.}# second 'curved line'
#
D=t(.1)Ft(.1)FD# branch
@
#end
68L-System厨 :2015/06/13(土)19:52:54 ID:TVd
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__} 疲れてきたかもしれないw

>>66の上の花
#start
#Lparser v2.1, sample flower1
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.127-128, fig 5.10
recursion 20
angle 7
thickness 50
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom &(10)c(8)Dc(7)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]
#rules
rule p=[&(90)[A]+(72)[B]] # one petal
#
rule A=[^gA{.]. # first 'curved line'
rule B=B^.g.} # second 'curved line'
#
rule D=t(.1)Ft(.1)FD # branch
#end

>>66の下の花
#start
#Lparser v2.1, sample flower2
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.127-128, fig 5.10
recursion 20
angle 5
thickness 50
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom &(10)c(8)Dc(7)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]
#rules
rule p=[&(90)[A]+(72)[B]] # one petal
#
rule A=[^"gA{.]. # first 'curved line'
rule B=B^."g.} # second 'curved line'
#
rule D=t(.1)Ft(.1)FD # branch
#end
69L-System厨 :2015/06/13(土)20:17:34 ID:TVd
            \              ___         /
             |           ,.ィチ三三三三三=t、     ,'   い  リ
   で  な  そ   |         /三三三ハ三三三三ミぇ、  |
              |.        /三=/l/_li/ Vl_,::-l‐i:三三ム  .l    や  ア
   す  い  ん   |        l三-/,..--、  ヾ,..--、V三三l| .|
              |         |三// ,ィヌt   /モt; i Y三ニ| .|    い  ル
   か  じ  な   L,_       liニ:l  !l三」   l三ミ」 l |三三! |
             r‐{ヽ.=ニ二=f"゙l三l,,. ヾZツ   ヾニン ,,,, |三三| |   .や  ?
       ゃ  わ   |〈ヽ ハ _ l } lニl!          U |三三| |
             |. l "r-l、ニ !"r、lニヽ..  f" ̄ ̄`) ,,..ィ'|三:ニl<二.   い
       な  け  ! | \ l .l `' lVマヌ>‐--r―'''f"ルリソハハハl  |
               !  |    lニl__../ `,ィチ´¨lィzzz-ッ゙`lt、ニ=-、   |   や
       い    ./ ,,.レ''" ̄`i  `Y"l//モtzィ'(ぅ<_,,.イミツ`メt、::\  .\
、           / 〈     :| _lV::/、`ー/:〈::!:ムV‐''゙ / ヽj:::::l   \__/
 ー--.....__,,..-‐'゙   l /  ̄ ̄|  .l'::;';'  ̄7゙ーォー''f二、  ./, V:/
              |     =!=  |;';'   ´゙r'l゙''iー' ̄:l!/ィ'゙  l")
                 |     |  |:;     :l | \/ i    |\
┌────────────────────────────────┐
>>59-68 のパーツを使って植物を幾つか作ってみたので紹介します      .|
│まずは、「The Algorithmic Beauty of Plants」の108ページ、fig 4.8 を参考に .|
>>63 の上の葉パーツを花と葉に応用してヒツジグサを作ってみました    .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ヒツジグサ                        .|
│                                              .|
│葉と花が同じパーツで作れるのは、花は葉から進化したものだからなのかな.|
│なんて考えてしまいました                               .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/植物の進化                       .|
└────────────────────────────────┘




70L-System厨 :2015/06/13(土)20:28:18 ID:TVd
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } L-System 4 の ls ファイルで書くと
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ| 
  ノ___} 花を作る置換規則Pを見ると力技で花を作ろうとしてて受けるんだけどw

#start
#L-System 4, water lily & two leaves
#The Algorithmic Beauty of Plants p.108 fig 4.8
14 # recursion depth
5 # angle
10 # thickness as % of length
#axiom
[P][ffffffffffffffffL][+(75)ffffffffffffffffffff+(90)L]
#rules
#flower
P=c(12)[K]J[&(4)K]J[&(8)K]J[&(12)K]J[&(16)K]J[&(20)K]J[&(24)K]J[&(28)K]J[&(32)K]J[&(36)K]J[&(40)K]J[&(44)K]J[&(48)K]J[&(52)K]J[&(56)K]J
I="I
J=[c(10)&(70)IFZ]+(137.5)'(0.995)
K=[A][B]
A=[+A{.].C.}
B=[-B{.].C.}
C=gC
#leaf
L=c(1)[M][N]
M=[+(15)M{.].O.}
N=[-(15)N{.].O.}
O=ggO
@
#end
71L-System厨 :2015/06/13(土)20:33:54 ID:TVd
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
  | l ゚ ヮ゚ノ!
  |__lノヌ7ヽ| 世代=recursion を大きくすると>>66で書いてるように
  ノ_zュ__} パーツがひたすら成長するので形がおかしくなるかもしれない...残当

#start
#Lparser v2.1, water lily & two leaves
#The Algorithmic Beauty of Plants p.108 fig 4.8
recursion 14
angle 5
thickness 10
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom [P][ffffffffffffffffL][+(75)ffffffffffffffffffff+(90)L]
#rules
#flower
rule P=c(15)[K]J[&(4)K]J[&(8)K]J[&(12)K]J[&(16)K]J[&(20)K]J[&(24)K]J[&(28)K]J[&(32)K]J[&(36)K]J[&(40)K]J[&(44)K]J[&(48)K]J[&(52)K]J[&(56)K]J
rule I="I
rule J=[c(3)&(70)IFZ]+(137.5)'(0.995)
rule K=[A][B]
rule A=[+A{.].C.}
rule B=[-B{.].C.}
rule C=gC
#leaf
rule L=c(8)[M][N]
rule M=[+(15)M{.].O.}
rule N=[-(15)N{.].O.}
rule O=ggO
#end
72L-System厨 :2015/06/13(土)22:54:05 ID:TVd
           '⌒)
           / /
            /          |\.   /|
          i  i          | 、\/ , j∧
          |  |          | {.  ∨∨ }_
          i !            、   }/     \/|
          {  {           \∨〃 \  _ |    やべーちょーたのしー
       (⌒ヽ'、 ,ゝ-‐…‐-  ,,__ . ⌒{人"  ̄  \ {
          } }>'´            }  \      " 〉
       {               ∧ \,ニ=‐ァ‐ <
       ゝ ..,_            〈  〈 丶.   / \  \
           \        \ \_,へ//   \  ,
            /     -‐ァー=ニ(_ノ   ∨     (_ノ
          {     _,,..ノ        
          ノ  厂              
         (__/                  
┌───────────────────────────────┐
│次は、「The Algorithmic Beauty of Plants」の92ページ、fig 3.19、fig 3.20 を.|
│参考に >>63 の上の葉パーツを葉に、>>59 の七角形を花弁に応用して  .|
│ライラックを作ってみた                               .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ライラック                        .|
│                                             .|
>>59の七角形だけみると人工物なんだけど、↓だと結構いいかも     .|
│L-System なら再帰的に自動で生成できるけど、こういう細かいパーツが .|
│たくさんあるものをちまちまCGにしてたら発狂ものだろうなw         .|
└───────────────────────────────┘




73L-System厨 :2015/06/14(日)06:57:52 ID:vuD
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } L-System 4 の ls ファイルで書くと
  | l ゚ ヮ゚ノ!
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__}

#start
#L-System 4, lilac
#The Algorithmic Beauty of Plants p.92 fig 3.19
11 # recursion depth
60 # angle
50 # thickness as % of length
#axiom
[&L][%&L]AK
#rules
A=[->I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]][+>I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]]B>(90)A #A=[->K][+>K]]B>(90)A
#decussate branching pattern
B=FFC
C=FFD
D=E[-FFFFA[I>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]][+FFFFA[I>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]] #D=E[-FFFFAK][+FFFFAK]
E=FFE
I=Fc(9)?F!
#flower
K=[I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]]
w=[c(10)^F][c(9)&(72)-(22.5){-(30)ff+(30)f+(30)f+z-(90)|-(90)z+f+(30)f+(30)ff}]
#leaf
L=F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)[M][N]
M=[+(15)^(1.5)M{.].O.}
N=[-(15)^(1.5)N{.].O.}
O=ggggO
#f=_ # removes all flower leaves except those of the last recursion
@
#end
74L-System厨 :2015/06/14(日)07:03:48 ID:vuD
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 } Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
  lw! ゚ ヮ゚ノj
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ 12の置換規則で>>72が作れると考えると L-System を使ったプロシージャルな自動生成は
   しU   効率いいですよね

#start
#Lparser v2.1, lilac
#The Algorithmic Beauty of Plants p.92 fig 3.19
recursion 11
angle 60
thickness 50
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom c(8)[&L][%&L][&L][%&L]AK
#rules
rule A=[->I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]][+>I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]]B>(90)A #A=[->K][+>K]]B>(90)A
#decussate branching pattern
rule B=FFC
rule C=FFD
rule D=E[-FFFFA[I>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]][+FFFFA[I>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]] #D=E[-FFFFAK][+FFFFAK]
rule E=FFE
rule I=Fc(7)?F!
#flower
rule K=[I[>(18)w>(90)w>(90)w>(90)w]]
rule w=[c(3)^Z][c(7)&(72)-(22.5){-(30)ff+(30)f+(30)f+z-(90)|-(90)z+f+(30)f+(30)ff}]
#leaf
rule L=F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)F&(3)[M][N]
rule M=[+(15)^(1.5)M{.].O.}
rule N=[-(15)^(1.5)N{.].O.}
rule O=ggggO
#f=_ # removes all flower leaves except those of the last recursion
#end
75L-System厨 :2015/06/14(日)07:36:36 ID:vuD
                   ´ ̄    ̄ ̄`ヽ ∧
                /                  ` )__
                 ´      ハ           ヽ`ゝ
           /        ハ 、          ヽ
          ノ ,     l  /  l {ヽ \           l
           ∠-ィ      ハ__レ  ヽ\\ \ 、      l
           '      l ィl´/    ヽヽ ̄ヽ ̄ヽ       l
             { l   イ ハl     \二二_ ヽヽ     |
            iハ     ハl           {:::::てィヽ l ハ   !
           ハ r‐y 、二二二     辷::::り  l l  }  │
            / ┘┘ノ ) ̄´        xw l l ノ  .!
             /    /フ              l l/    |
            //       /   _   ⌒ヽ  ,l /       ハ
          / \  7 ̄ゝ、__マ___ノ ´ レ7ー 、    ハ
       イ     \ハ彡´  -‐'´ ̄    `ヽ、 /   ヽ  l ヽ
        / l     >´_             _ \     '   !  ヽ
      /  \  //. . . / }       /. . .ヽ ヽ   }  l   \
      '、     >´ /. . . . ./        i {. . . . ', ヽ  j   l    `
      ヽ   / /. . . . ./ /Tー─-- ┬! {. . . . .} }   ,   ヽ
       \__{  `ー一 ´ イ {     / { ゝ─‐´ }  イ    ハ
         {     / ゝ_!       ! {      ノ ハ   ハハ
             ̄ ー‐イ    {     {  `ー‐--─′/ l   ハ !
┌─────────────────────────┐
│おはようございます                         .|
│最後に、「The Algorithmic Beauty of Plants」の72ページ、 .|
│fig 3.4 を参考に >>63 の上の葉パーツを葉に、>>66 の上の.|
│花パーツを花に応用してスズラン?を作ってみたけど    .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/スズラン                .|
└─────────────────────────┘




76L-System厨 :2015/06/14(日)08:38:46 ID:vuD
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }
  lw! ゚ ヮ゚ノj L-System 4 の ls ファイルで書くと
 8Uヾネノ]lつ
  <王王ハ 花や葉が次々に生成されるような構造は L-System 向きですね
   しU
#start
#L-System 4, lily of the valley
#The Algorithmic Beauty of Plants p.72 fig 3.4
25 # recursion depth
7 # angle
100 # thickness as % of length
#axiom
>(90)??N!![&(40)L][%&(35)l]<(80)c(3)FFJa
#rules
a=b
b=I[&(90)+(30)K]d
d=I[&(90)-(30)M]a
N=FFN
#flower
K=Dc(12)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]c(10)E # 5 petal elements on a branch
M=Hc(12)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]c(10)E # 5 petal elements on a branch
#
p=[&(90)[A]+(72)[B]] # one petal
#
A=[^gA{.]. # first 'curved line'
B=B^.g.} # second 'curved line'
#
D=t(.05)Zt(.05)ZD
H=t(.1)Zt(0.1)ZH # branch
E=FE
#
I=&(.25)FI
J=FFJ
#leaf
l=m
m=n
n=L
L=c(1)[P][Q]
P=[+(2)^(0.5)P{.].O.}
Q=[-(2)^(0.5)Q{.].O.}
O=""""gggggg''''O
@
#end
77L-System厨 :2015/06/14(日)08:39:04 ID:vuD
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ! Lparser v2.1 で同様に ls ファイルを書くと
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__}
#start
#Lparser v2.1, lily of the valley
#The Algorithmic Beauty of Plants p.72 fig 3.4
recursion 25
angle 7
thickness 100
min_thickness 7
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom c(8)>(90)??N!![&(40)L][%&(35)l]<(80)c(8)FFJa
#rules
rule a=b
rule b=I[&(90)+(30)K]d
rule d=I[&(90)-(30)M]a
rule N=FFN
#flower
rule K=Dc(15)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]c(3)E # 5 petal elements on a branch 1
rule M=Hc(15)[p>(72)p>(72)p>(72)p>(72)p]c(3)E # 5 petal elements on a branch 2
#
rule p=[&(90)[A]+(72)[B]] # one petal
#
rule A=[^gA{.]. # first 'curved line'
rule B=B^.g.} # second 'curved line'
#
rule D=t(.05)Zt(.05)ZD
rule H=t(.1)Zt(0.1)ZH # branch
rule E=FE
#
rule I=&(.25)FI
rule J=FFJ
#leaf
rule l=m
rule m=n
rule n=L
rule L=c(8)[P][Q]
rule P=[+(2)^(0.5)P{.].O.}
rule Q=[-(2)^(0.5)Q{.].O.}
rule O=""""gggggg''''O
#end
78L-System厨 :2015/06/14(日)10:15:31 ID:vuD
   /  ヽ
  .,'     ',
  |  .イ   |        ≠≠
  |  .エ  .|                                 , 、
  |  |   L,         />  ,                   /  ヽ
  |  |  ┌  , 、      ./     /丶                 /    ',
  |  イ   .|  ( u'γ 、   /     /:::::::/           ≠≠   j  イ  i
  ヽ     j   `く /  ''/_    j:::::::/        _       |  エ  |
   ヽ_ ノ     ` 、  X ハ'' t‐t__〉 )) , <     ',     |   |   |
                   〉´^しJ`   \   く::::ヽ     ',   ⊂  |  |
               /      ト、 /ヽ,  ヽ::::ヽ     ',   |  イ  |
              /       | \ / ヾ'' γvL -x-、i 〉   ヽ    /
                `t―‐-- 、_ ゝ  `'wz´   幺∨ 〉 \   ヽ_ /
               |士|士|士∧  ((  ` rt      | / 7、 ))
               'r‐t―‐rt―  _    j |       | `/∪
               | |   ', ヘri彡`   `|         l
               L.j   `''´      /-        |
               j j          <z、_____〉
               し’
┌──────────────────────────────┐
│形で雰囲気は変わるのか?                           .|
│例として>>45 のホンダモデルで作った3番目の樹形モデルに二種類の .|
│葉っぱを生やして比較してみたいと思います                 .|
│葉っぱは>>59 の 三角形と六角形の二種類                 .|
│                                            .|
│近景だと結構印象変わるかもしれないw                    .|
│近景ならリアルに、遠景なら多少雑でもOK この辺は絵画と同じ?   .|
│                                            .|
│Lparser v2.1 の abop 1.ls を流用して作るだけなので ls ファイルは   .|
│省略するよ                                     .|
└──────────────────────────────┘






79L-System厨 :2015/06/14(日)10:44:50 ID:vuD
                    ___
                ,..:::<::::::::::::::::::::::::::::>..、
              /:::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 ト,
            /:::::::::::::/|::::/ !:::h::::::::::::::::::::::::::::::V::)
           /::::::/:::/::/ !::/  ',::|ヽ::ヘ:::::::::::::::::::::::::::':ヽ
             ∧::::,':::>,'、_∨   V ヽ|厶イ:::::::::::::::::::ヾ`
          i:::::::::|:/ ソ―、     ̄-‐-、ヽト、:::::::::::: ::: |
          |:::::::::|' / /⌒C     /⌒C ヽ',〉、:::::::::::: : |
          Vl::::::|.  {::::::::}      {:::::::::} ! {:::::/.ヽ:::::|   これは...
           VⅤ  ゝ::::ノ       ゝ::::ノ   |::::∧`}:::::|
               / xxx ¨        ¨ xxxし|::∧'ノ :: |   メカニカルです
              (  し          _    |:/::´:::::::::|
      ,  ---  ミ 、    .r―:::::::'':::::::::)  /::V:::::::::: : :|
    ,ィ<:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>ミ ,、 ゝ::::::::::::::::彡<幺:::::::::::::::: ::: |
   〈:;:;:;:;:;:;:;:;>‐ゥzzz、:;:;:;:;ヽ :::: フ', ヽ-<´./ / ∨:::::::::::: :: |
    レ⌒ミ,.) (__ム;⌒ヾマ、:;:;:;:∨ .〈 Ⅵ:;:〉V  /  .∨::::::::: : |
   にl|||||l==zl||||||l==== i:;:;:;:;h/ < V;;У l´    .∨::::::::::|
  ,/て ` ´ |  ` ´ ‐っz、|:;:;:;h、ヾ、 ` `'<   || ./ ∨:::::: |
 n'<三マニ _''‐-、,,,,,z三リ:;:;:;{ヽ .}  \     | | /  ∨:::::|
. ぅh;:;r、゙''―------―:;:;´:;:;n,ミ` /   |\    ||/   ∨:: |
. ぃ|:;:;:ヾ〃ぃ三三ち:ヽ ヽい:い∨   .|  \   |     ',::::|
┌────────────────────────────┐
│形で雰囲気は変わるのか? もうひとつ                 .|
>>72 ライラックの花弁を >>59 の七角形から菱形に変えてみると?.|
│                                         .|
│菱形花弁のほうは、はかせが習作で昔作ってて七角形で花弁   .|
│できるじゃんwってことで今回リメイクしたものだから仕方ないねw  .|
└────────────────────────────┘




80L-System厨 :2015/06/14(日)11:13:40 ID:vuD
     ,,  ―――--- 、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
    ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.::.:',
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:./ ハ::Λ:.:.:.:.:.:.',       ,, --―― ,,
    |::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-ヤ//   V-夂:.:.:.:.:.:|     /       \
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ/ l/       V:.:.:.:.:|    /          \
    |:.:.:.:.:.:.:.::|           〉:.:.:.ン   /            ',
    |:.:.:.:.:.:.:.:.| ミ≡≠   ミ≡=_|:.:.:.:|    i              ',
    |:.:.:.:.:.:.:.:.|xx        xx|:.:.:.:|    |    kumomadori   |
    |:.:.:.:.:.:.:.::|           i:.:.:.:|    .|              .|
    从:.:.:i:.:.:.:ト  ( ̄~~マ   イ:.:.:.:/    . |--,,            .|
     ヾ 小 /\ ̄  T从ノ川リ  .   ..',  \         ./
      ,,-- T\  X  〉 >l へ    .   '    .\      ./
    ./\ . |\ < o .〉 ./ |  |\       \   ヽ    /
   ./   .|   | ..\\/ / .|  |  i     ノ^〉 r、 . ヽ,,,/
   i  l | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  .|    //⌒ 〉  ̄
   |  V |   kumomadori   .V |   . | <⌒ .ノ
┌────────────────────────────┐
│最近暑くなってきましたね  春から初夏にかけて色々な花が    .|
│咲いているので L-System のモデルになってもらってます      .|
│                                         .|
│植物、特にリアルな草本を作るためには                .|
│分枝:枝の分かれ方、単軸状分枝か仮軸状分枝か?        .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/分枝_(生物学)                 .|
│花序:花の付き方、総状花序か集散花序か円錐花序かなど     .|
│ttp://ja.wikipedia.org/wiki/花序                      .|
│葉序:葉の付き方、互生か対生か輪生かなど             .|
│ttp://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/phyllotaxis.html  .|
│の3つに気をつければいいと思っています                .|
│                                         .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」の3章               .|
│Developmental models of herbaceous plants              .|
│は分枝や花序を L-System でどのように表現できるかについて  .|
│述べています                                 .|
│                                         .|
>>75 のスズランは総状花序、>>72 のライラックは円錐花序を   .|
│L-System モデル化したものですね                   .|
│次回はこの辺りをもう少し詳しくやれたらな~と考えています     .|
└────────────────────────────┘
81L-System厨 :2015/06/21(日)01:14:24 ID:r0Z
            , - ´"”~”"'' ‐ 、
          , "               ヽ、
        ,ゝ'          ハ /、、  ヽ
       ノ'        ./ 从 ./ !.,' ヽリ、.   i
       ,′       ノ iノ-.、{ iノ   , -、リ、 l
       i        ソ ,' ,.‐..、   ' ,...、ヽ. l
       l    , i   l 、 i:::::::J.    i::::J 'liソ
      l.   l l   l   辷:ソ    辷ノ .lノ
      l   ‘、_l   l ""        ""~,
      l      l   l  ,'~""'''' ー‐ァ  ,.'
       l   ,.'".l   .l.、.       ソ ., イ
        l  ./, ‐ .ゞ、. !、゛' ー‐-,‐ '"/、l
       l ./'     ヽ l \ /l   /  丶
       l/:l      .l从、//:::::l/V     l
      /.:::l      l\ ゝ丶::::/  l´  l
┌─────────────────────────┐
>>80 の前に木の生成について進展があったので報告です .|
│木の生成に関する論文を幾つか読んで            .|
│・枝分かれにはランダム要素が必要              .|
│・葉っぱもリアルな方が良い                   .|
│という結論になった気がするので>>43にランダム要素を   .|
│加えてみましたけど                        .|
└─────────────────────────┘
ls ファイルの置換規則=rule は
A = ~(rd)F[ &( a0 ) '( r2 ) !( wr ) B ] >( c ) '( r1 ) !( wr ) A
B = ~(rd)F[ -( a2 ) '( r2 ) !( wr ) $C ] '( r1 ) !( wr ) C
C = ~(rd)F[ +( a2 ) '( r2 ) !( wr ) $B ] '( r1 ) !( wr ) B
ここで
~:X,Y,Z軸に対してランダムに回転する
 記号の後ろに(x)を付けると、最大回転角度を x としてランダム回転する
rd:ランダム回転角度 今回は5で固定

参考文献
J. Bloomenthal, "Modeling the mighty maple", in: Proceedings of SIGGRAPH '85, San Francisco,
California, July 22?26, 1985, Computer Graphics 19 (3) (1985) pp. 305?311, ACM SIGGRAPH, NewYork.
ttp://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/summary?doi=10.1.1.88.7659
右のpdfアイコンでpdfの論文ダウンロードできます

J. Weber, J. Penn, "Creation and rendering of realistic trees", ACM SIGGRAPH, pp. 119-127 (1995) 4.
ttp://www.cs.duke.edu/courses/cps124/spring08/assign/07_papers/p119-weber.pdf

で、↓上の図は >>45 の1番目、下の図は >>45 の3番目...>>78 と比較してみてね






82L-System厨 :2015/06/21(日)11:50:20 ID:r0Z
               _ ____
           , . : ´ : : : : : : : :.`: : 、
            /. :/: /:: :/: :i : : : : : : : \
       /: /: /: / l:∧:.:.|\: : : : : : : :.\
      /: : :/: ィ:T  / ヽTTメ、: : : : : : : : '.
      i: : /: / l/       \|ヽ: : : : : : : i
      |: /:〃 rテ      ト 下ヽ}: : : : : : : : :|
      |/: :i  ヒり     ヒ。ノ ノ : : : : : : : : :.|
       : , ' ' '      ' ' ' 'i: : : : : : : : :.l
        i {               |: : : : : : : : :l
        |:.ト、   r っ       {: : : : : : : :.:l
        |:.i.:.丶        イ: : : : : /:.:./
        |:.l: : : : :>=<   |: : : ::イ:イ
       ヽ: :/VV:: :_ノL.   ´ V:V:V´  _ __
           , イ/c `ヽ   イ  \//     \
         , イ |    ///   /\ /⌒ヽ   ヽ
       // / i |  //  /   /  \: : : : }  }
        //   ̄ ̄  ̄ ̄ ̄    /    l: ノ:ノ  /
        //             /       l ̄  /
┌─────────────────────────┐
>>81 木も結構それっぽくなりますね               .|
>>81 の二つ目の課題である葉の形も>>66の課題と合わ  .|
│せてある程度解決しそうです                   .|
│「The Algorithmic Beauty of Plants」の122ページ、fig 5.4 a .|
│が正にそれで、この方法なら図の"starting point"を基点に .|
│ハート型だろうが八手だろうが作れるはずです        .|
└─────────────────────────┘
>>81の上図の葉、三出複葉は
axiom L
rule L={[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gg.][+(15)ggg.][gggg.][-(15)ggg.][-(30)gg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}
下の図、広楕円形?は
axiom L
rule L={[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gggg.][+(15)ggggg.][gggggg.][-(15)ggggg.][-(30)gggg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}
複雑な形を再帰無しで作っているのでかなり見辛くなってますがw






83L-System厨 :2015/06/21(日)22:57:24 ID:r0Z
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 } L-System 4 で描画すると何故か葉っぱが白っぽくなって配置が確認しづらいので
  | l ゚ c゚ ノ! Lparser v2.1 の ls ファイルのみですけど
  |__j´丈 d| それと "~"の欠点として乱数の種が設定できないのでランダムさが制御できません
  ソ_zュ__} >>81 の画像と同じものはもう作れないかもしれない
>>81の上の木々
#start
#Lparser v2.1, maple tree?
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6a、p.57、table 2.1a
recursion 12
angle 45
thickness 20
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom [>T]&(90)ffffffffff^(90)[>>U]&(90)+++ffffffff^(90)[c(12)FAL]
#rules
#branch
rule A=~(5)F[&'(.6)!BL]>(137)'!(.9)A
rule B=~(5)F[+'(.6)!(.9)$CL]'!(.9)C
rule C=~(5)F[-'(.6)!(.9)$BL]'!(.9)B
#leaf
rule L=[~(10)t(0.3)c(8){[+(70)g(.1).][+(60)g(.2).][+(40)g(.3).][+(30)g(.2).][+(15)g(.3).][g(.4).][-(15)g(.3).][-(30)g(.2).][-(40)g(.3).][-(60)g(.2).][-(70)g(.1).]}]
#delay
rule T=U
rule U=c(12)FAL
#end
>>81の下の木々
#start
#Lparser v2.1, tree sample
#The Algorithmic Beauty of Plants p.56、fig 2.6a、p.57、table 2.1c
recursion 12
angle 45
thickness 20
shape 1
switch_yz 1
#axiom
axiom [>T]&(90)ffffffffffffff^(90)[>>U]&(90)+++ffffffffffff^(90)[c(12)FAL]
#rules
#branch
rule A = ~(5)F[&'(.8)!BL]>(137)'!(.9)A
rule B = ~(5)F[-'(.8)!(.9)$CL]'!(.9)C
rule C = ~(5)F[+'(.8)!(.9)$BL]'!(.9)B
#leaf
rule L=[~(10)t(0.4)c(8){[+(70)g(.08).][+(60)g(.16).][+(40)g(.24).][+(30)g(.32).][+(15)g(.4).][g(.48).][-(15)g(.4).][-(30)g(.32).][-(40)g(.24).][-(60)g(.16).][-(70)g(.08).]}]
#delay
rule T=U
rule U=c(12)FAL
#end
84L-System厨 :2015/06/21(日)23:42:33 ID:r0Z
        /        ` ヽ、
      (V        ∧      \
     /       ハ / ヽ ハ    ヽ
      ⌒      ⌒///  ヽi⌒ヽ   ヽ
      /     /|/__レ    V__ヽ }    '
      |    //rァヽ    'rァ 、V  ハ }
      |   | | { {:r´:}   {:r´:} l l  ハ
      |   / ! !  弋ソ    弋ソ  レ イ
      |   | |""         "" lレ !
      |  `'| |、  /  ̄ ̄ ヽ   ノj |
      |   V ` ゝ__ ノィ´ V  ′
      |     /〈 \/ヽ\    l
     l   //  ∨、:.:.∧〉 l\ ,′
     |   /   ̄7 ∨:.:.∨ <  ヽl
     | /    \  ヽ:./ /   ヽ
     l l l l    `ヽ´ ´     ハ
       V  l ,′            | l
┌─────────────────────────┐
│草本の生長モデルについて                    .|
│「The Algorithmic beauty of Plants」の3章を読むと      .|
│・Monopodial inflorescences:単軸分枝の花序         .|
│総状花序                              .|
│・Sympodial inflorescences:仮軸分枝の花序         .|
│集散花序、複集散花序、さそり型花序             .|
│・Polypodial inflorescences:多軸分枝の花序?        .|
│円錐花序                              .|
│・Modified racemes:多様な総状花序              .|
│散形花序、穂(すい)状花序、肉穂(にくすい)花序、頭状花序 .|
│                                    .|
│みたいな感じに分けてる気がする  で、植物の各パーツを .|
│K:花(ポーランド語:kwiat)、L:葉っぱ(leaf)、I:茎(internode).|
│という記号に置き換えてそれぞれの花序をモデル化してるっ.|
│てところかな?                           .|
│                                    .|
│はかせのレベルだと総状花序と集散花序、さそり型花序  .|
│くらいしか実現できないかもしれない              .|
│それと、草や枝先のモデル作成になるので木だけ興味ある .|
│人には関係無いかもしれないので注意してください      .|
└─────────────────────────┘
85L-System厨 :2015/06/21(日)23:59:21 ID:r0Z
             '::::::::::::::::;ィ::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::/ |::::/  :::::|ハ:::::::::::::::::::::::::::.
.           ':::::::::::::/::;′|::/   V{、ヘ:l、:::::::::::::::::::::l
          |::::::::::::ハ:{ 斗{´    ヽ>ト\{V:::::::::::l
       r 、   |::::::::::::}イ´//ハ    //ハヽ |::::::::::::l     , 、
       | |  /Y::::::〈 { {///}    {///} } !::::::::::::!  r 、| |
. (\   | | ./ /!|:::::::| 〉 ∨/ノ     ∨/ノ 、 l::::::::::::l | | | | ./Y
  \\__j  、/ / |:::::::| >r', , ,      , , , ゝノ ;:::::::::::::!  | |_| | / /
   \      }  レ、リ   ┌───┐   /:::::::rくリ  j     ` // )
(二二´     `´ ,ノ个::...  |      |   ./:::::::从 \/     ` /
     ',   /´  /  \{\{、≧=‐--‐=≦'  }/レ'  ヽ   ヽ   /
   r‐ヘ    イハ   \ \    / /     ゝ.   、 / 、
   { { |    レ' }  -─-\ ` ─ ´ /      /  八}    イ } }
    、ヽ|  / /: : : : : : : ヽ ̄ ̄ ̄| |     /  /  \  j/ /
┌──────────────────────────┐
│はかせ~L:葉っぱ(leaf)、I:茎(internode)は英語なのに     .|
│K:花(ポーランド語:kwiat)はなんでポーランド語なんですか? .|
│わたし気になります!                         .|
└──────────────────────────┘
86L-System厨 :2015/06/22(月)00:00:01 ID:0Cu
                                  ,...,ィ-、
                                 / j  |´゙i
              _  _              / ,j  i  ト、
           , - ´      ` - iヽ       rx,/  j  j  j |
        /     ∧         !-、    j  !   !  !  ! !
          /    /! / ! |、 、     -゙    ノ  ! - 、   ゙ j
       /   ,__/ | /  !. | ヽ レィ    i   ,.イ  ヽ   ` 、 ノ
      j     /レ≧i、  ヽレ≦ヽi、   i  / !    !ヽ    j
      i  i !,/ィェ゙   `クケ,`ヽヾ   | /  i     ヽ    j
      |,、 iレ゙ i f゙Uヘ    f゙iUヘ | j j- , /|   ! 、      ノ
       Yキ ! ゙ 弋夕    弋夕 ´ ! !ミ/゙ |   ヽ`   ,.-‐ ´!
        !、!| ///       /// j j /  {    ヽ_,/   /
        | ゙i !    r----‐‐‐ 、  jノ´   ヽ    \  ノ/
        | V 、  !      ノ,. ィ ´     ヽ      `´ノ
        |  /`i゙゙゙i`x―,xァ´ノ /||      ヽ、__/´
        | /  ノ {,イ‐ヘ/ く__ i !i       _, - ´
        !´ !   `フヽ }-{/ //  |   _, -ァ゙´
       /   !|   \ ヽ //       /!
      /     !    \゙´        ´i  |
     / _, -‐´|               !!  |
   /       !     、          i   |
 ,イ´       |     |          !  |
┌───────────────────────────┐
│「THe Algorithmic Beauty of Plants」著者のPrusinkiewiczセンセ .|
│がポーランド人だから~ それとflowerのFは線分を引く記号と  .|
│として L-System で使用済みだからもう使えないけど~      .|
│ラテン語だとflos、Lindenmayerセンセの故郷ハンガリー語だと  .|
│virag だから合ってる気がする~                   .|
└───────────────────────────┘
Przemyslaw Prusinkiewicz
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Przemys%C5%82aw_Prusinkiewicz
87L-System厨 :2015/06/28(日)11:59:15 ID:MgL
            /        `丶、
          」∨               ヽ
          7                 '.
          /        ノ| ∧ `ト   N|   っ
.          /N      イ/ |/  ∨| ∧  |  っ
.        〃 Y⌒i  Ⅳ∩    ∩  }/V    -=ニ二三三三三
       /   {{{ |  | ∪    ∪ {{-=ニ三/ ̄ ̄`'く>三三三
         /ゝ _|  | ''       '' 人.三三|(‐~~‐)| |三三三
      /  厶-=ニ | :八‐-(_:::::::⌒)<∧ノ三三| ー--‐' |_|三三三
    -=ニ二三三三三\_,,,フ三三三三三三三三|  <・ )  「 三三三
二三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ圦  {__>,,ノ三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ≧===≦三三三
┌────────────────────────────┐
>>84 で書いてた花序モデルを「The Algorithmic Beauty of Plants」 .|
│から抜粋しま~す                              .|
│記号はω:初期状態=axiom、p1,p2,p3,...:置換規則=rule、      .|
│I:茎、K:花、L:葉、^l:同じ記号がl個続く、[]:プッシュとポップ >>21 .|
│その他a,b,A,B,Cなどのアルファベット:置換文字            .|
│                                        .|
│単純化したモデルを一気に羅列するので参考程度にしかならない .|
│かもしれない でもこういうの日本語で他にやってくれる所無いから.|
│しょうがないね                                .|
└────────────────────────────┘
それぞれの花序の例の参考
花序
ttp://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/inflorescence.html
88L-System厨 :2015/06/28(日)12:09:07 ID:MgL
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }   総状花序は世代が進むと、I[K]I[K]...Aとなるので
  lw! ゚ ヮ゚ノj   単軸上に花が連なっていくイメージですね
 8Uヾネノ]lつ 
  <王王ハ   オープンは無限に花が付く、クローズは頭頂で花が付き終わる
   しU    モデルだと思われます

単軸分枝の花序
単純花序モデル:チューリップ、クロッカス
64ページ、式(3.1)
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → K

総状花序
単一の総状花序(オープン)モデル:スズラン、ナズナ
71ページ、式(3.3)
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[K]A

単一の総状花序(クローズ)モデル:リンゴ
75ページ
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[K]A
p4 : A → K
89L-System厨 :2015/06/28(日)12:17:43 ID:MgL
  ,..-―-、 
  {  ノiハ、 }  しまった...
  lw! >__<ノj  記号だけだとイメージし辛いと思うので
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ  The Algorithmic Beauty of Plants の図も付記します
   しU
単軸分枝の花序
単純花序モデル:チューリップ、クロッカス
The Algorithmic Beauty of Plants、64ページ、式(3.1)、fig 3.1
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → K

総状花序
単一の総状花序(オープン)モデル:スズラン、ナズナ
The Algorithmic Beauty of Plants、71ページ、式(3.3)、fig 3.3
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[K]A

単一の総状花序(クローズ)モデル:リンゴ
The Algorithmic Beauty of Plants、75ページ、fig 3.7
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[K]A
p4 : A → K
90L-System厨 :2015/06/28(日)12:21:45 ID:MgL
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ ヮ゚ノ!
  |__lノヌ7ヽ|
  ノ_zュ__}

単軸分枝の花序
複合総状花序(オープン)モデル:ミント
The Algorithmic Beauty of Plants、76ページ、式(3.4)、fig 3.8a
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[L][b]A
p4 : A → I[L][b]B
p5 : b → I[L]b
p6 : b → I[L]B
p7 : B → I[K]B



複合総状花序(クローズ)モデル
The Algorithmic Beauty of Plants、79ページ、fig 3.8b
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A → I[L][b]A
p4 : A → I[L][b]B
p5 : b → I[L]b
p6 : b → I[L]B
p7 : B → I[K]B
p8 : B → K



複合3出総状花序(クローズ)モデル?:ブドウ、アジサイ
The Algorithmic Beauty of Plants、81ページ、fig 3.12
ω : a
p1 : a→ I[L]a
p2 : a→ I[L]A
p3 : A→ I[L][b]A
p4 : A→ I[L][b]B
p5 : b → I[L]b
p6 : b → I[L]B
p7 : B→ I[L][c]B
p8 : B→ I[L][c]C
p9 : c → I[L]c
p10 : c → I[L]C
p11 : C→ I[K]C
p12 : C→ K
91L-System厨 :2015/06/28(日)12:33:10 ID:MgL
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }      複合の総状花序が分枝が総状花序になっているもの
  | l_^~゚ノ! プププ
  |__l /)ヘ|      密錐花序が分枝が集散花序になっているもの
  ノ___}      となるとそれらと円錐花序ってどう違うの?

仮軸分枝の花序
集散花序
単一の集散花序(オープン)モデル
The Algorithmic Beauty of Plants、82ページ、式(3.5)、fig 3.13a、fig 3.13b
ω : a
p1 : a→ I[L]a
p2 : a→ I[L]A
p3 : A→ I[A]K

複2出集散花序(オープン)モデル:ナデシコ
The Algorithmic Beauty of Plants、83ページ、式(3.6)、fig 3.13c
ω : a
p1 : a→ I[L]a
p2 : a→ I[L]A
p3 : A→ I[A][A]K

単一の集散花序(クローズ)モデル
The Algorithmic Beauty of Plants、85ページ
ω : a
p1 : a→ I[L]a
p2 : a→ I[L]A
p3 : A→ I[A]K
p4 : A → K

密錐花序(クローズ)モデル:カリガネソウ
The Algorithmic Beauty of Plants、85ページ-86ページ、fig 3.15
ω : a
p1 : a → I[L]a
p2 : a → I[L]A
p3 : A→ I[L][B]A
p4 : A→ K
p5 : B→ I[B]K
p6 : B→ K
92L-System厨 :2015/06/28(日)12:36:55 ID:MgL
  ,..-―-、
  i  .ルハ、 }
  | l ゚ c゚ ノ!  また調べることが増えちゃったけど
  |__j´丈 d|
  ソ_zュ__}

多軸分枝の花序
円錐花序モデル:ライラック、ナンテン
The Algorithmic Beauty of Plants、86ページ、fig 3.16
ω : a
p1 : a→ I[L]a
p2 : a→ I[L]A
p3 : A→ I[L][A]A
p4 : A→ K

多様な総状花序
単一の散形花序モデル:ネギ、サクラソウ
The Algorithmic Beauty of Plants、95ページ、fig 3.22a
ω : A
p1 : A → I[IK]^n

複合散形花序モデル:ノラニンジン
The Algorithmic Beauty of Plants、95ページ、fig 3.22b
ω : A
p1 : A → I[IB]^kB
p2 : B → I[IC]^lC
p3 : C → I[IK]^m
93L-System厨 :2015/06/28(日)18:25:21 ID:lsU
                      -――-
                    ´        \
                   /           ∨}
                         /|/| │      〈
                    N イ⌒ |/l人      |
.        /⌒\           |八__,    ∨     |
      | ヽ. l\   r m、 {''    `ー'│∧    |
      | : :} |   二二二ニニニマニ{)    '' |厶ィ:  │
      | :./ j/^7 /L片{= Y≧=‐r ァ≦_〔_    |
       、_/  (((⊂ニ)≧r:i  |`'┴'´   `ヽ  |
                 ̄ー}ー'ー|ノ  |        '  |
               \  |   j           {  |
                 \>rく__,,,...∠    |/│
                     |          V八
                     |           ∨/)
                     |           〈
┌──────────────────────────┐
>>89 の単一の総状花序(オープン)モデルの例が >>75    .|
>>91 の複2出集散花序(オープン)モデルの例が        .|
│Lparser v2.1 の abop 4.ls                      .|
>>92 の円錐花序モデルの例が >>72               .|
│になります                               .|
│                                      .|
│もう一つ、単一の総状花序(オープン)モデルの例として    .|
│「The Algotithmic Beauty of Plants」の74ページ、fig 3.5 に   .|
│Capsella(ナズナ)が出てたので参考に作ってみましたけど↓ .|
│                                      .|
│上から第5世代:葉っぱだけ                     .|
│第10世代:葉っぱの数が増えた気がする             .|
│第15世代:花が咲いてきましたけど                .|
│第20世代:先に咲いていた花が枯れて実が付きました     .|
│第25世代:頭頂付近は花、その下は実がなるの繰り返し    .|
│                                      .|
│花が消せないから苦肉の策で反転させて色を枯れ色にして  .|
│ごまかしてるけどw                           .|
└──────────────────────────┘












94L-System厨 :2015/06/28(日)18:35:15 ID:lsU
  ,..-―-、
  {  ノiハ、 }  今回の ls ファイルは長いので2レスに分けます
  lw! ゚ ヮ゚ノj  置換規則=rule のそれぞれの後ろにある #p1とか#p2は
 8Uヾネノ]lつ 「The Algorithmic Beauty of Plants」ページ74、fig 3.5 の
  <王王ハ  p1、p2、...に相当すると言う意味です
   しU
#start
#L-System 4, Capsella?
#The Algorithmic Beauty of Plants, p.74, fig 3.5.
25 # recursion depth [5 10 15 20 25 30]
18 # angle
50 # thickness as % of length
# axiom
+(90)>c(3)OA
# rules
i=[&(18)uFFISjKKKK]c(3)>(137.5)Pi #p3
# forms substitutes, leaves
#leaf
L=[c(1)[{.-fW+fW+fW}][{.+fW-fW-fW}]] #p8, leaves grow in size with recursion level
# forms substitutes, flowers
#flower
K=[ccccccc[&{.+fJ--fJ}][&{.-fJ++fJ}]]>(90) #p9
#fluit
p=^(50)[c(5)[-gggg++[ggg[++g{.].].].++gggg.--ggg.--g.}]|c #p11
# 11 step delay for A(i)
A=[&(70)L]>(137.5)IB #p1
B=[&(70)L]>(137.5)IC #p1
C=[&(70)L]>(137.5)ID #p1
D=[&(70)L]>(137.5)IE #p1
E=[&(70)L]>(137.5)IG #p1
G=[&(70)L]>(137.5)IH #p1
H=[&(70)L]>(137.5)IN #p1
N=[&(70)L]>(137.5)Ia #p1
a=[&(70)L]>(137.5)Ib #p1
b=[&(70)L]>(137.5)Id #p1
d=[&(70)L]>(137.5)Ih #p1
h=[&(70)L]>(137.5)Ii #p2
95L-System厨 :2015/06/28(日)18:42:37 ID:lsU
  ,..-―-、  delay となっているのは成長の抑制とか限界を決めるのに使ってます
  {  ノiハ、 } Lparser v2.1のabop 4.ls を参考にしてます
  lw! >__<ノj 「The Algorithmic Beauty of Plants」ページ74、fig 3.5 ではI(9)a(13)とか
 ⊂}8- ]lコ= ・ ・ ・ ・ ・ ・
  <王王ハ 数字で直接指定しているのですが、L-system 4、Lparser v2.1 では
   しU  それは無理なので置換記号(アルファベット)で代用しています

# 9 delay for I(i)
I=FO #p4
O=FP #p4
P=FQ #p4
Q=FR #p4
R=FS #p4
S=FT #p4
T=FU #p4
U=FV #p4
V=FX #p4
X=F #p5
# 4 delay for u(i)
u=&(9)v #p6
v=&(9)w #p6
w=&(9)x #p6
x=&(9)y #p6
y=&(9) #p7
# 3 delay for j(i)
j=k #p10
k=m #p10
m=o #p10
o=p #p10
# 2 delay for J(i)
J=fM #p4' for flower
M=fY #p4' for flower
Y=f #p5' for flower
# 5 delay for W(i)
W=fs #p4" for leaf
s=fr #p4" for leaf
r=fq #p4" for leaf
q=fn #p4" for leaf
n=fe #p4" for leaf
e=f #p5" for leaf
@
#end
96L-System厨 :2015/06/28(日)19:16:21 ID:nWP
                  ___
             ,..ィャチ三三三三二ミぇ、
              ,.ィチ三三三三三三三三三三ぇ、
             /三三三三三三三三三Ⅵ三三三ぇ、
            /三三三三三三三三/三/ ',三三三三ぇ
          /三三三三三三ク三/ /Ⅳ  .',三三三三ミ',
          ,'三三三三ニ.>‐/フ⌒X/.   ',Ⅳl三三三三,
        ,'三三三三彡' / '  //    ',-‐ト、三三三',
         l三三三ニイ´  ,..z-.、       V lニヽ三三ヨ
       .l三三三三| /て:::::::::ト、     ,....,,、 Ⅴ|三三ヨ
       |三三三三| ':; 弋_て´     イ::::::::)ヽ ',三三リ
       |三三三三| xx  ゙゙''´       弋_て ノ ./三三リ
       |三三三三|            ゙゙'' xx/三三'
      イ三三三三|                ,'三三ヨ
       {:;:',三三三三ト,、                 }三三ヨ
   とヽ|:;:;(VWレvヾ三l`.ヽミ、 `  -      _ノ三三ヨ
   ..ヾ:;:ヽ:;:;-  -、 `'    \' ‐r==―ニ三三三三リ
  ,.:;´;:;__ヾ:;:>:´:::::::::::::ヽ     \{  ヾ' Wヾ三/|:レリ
 .':;:// ,`´::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ` - ',>'‐- 二7
. l:;:;l:;l /:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヽ.      /`''''' - ../ ヽ
. ',:;:;':;l::::::::::::::::::::: ヽ:::: |:::::::::::::::'lト、   ,.'      ,' ` 7
  -,':::::::::::::::::::::::::::ヽ::::|:::::::::::::::|.|::::::::::::7.     ,'   .,'
   |::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ|::::::::::::::rt、::::/'     ,'   .,'
┌──────────────────────────┐
│花序の例や葉序などまだ書きたいこともありますが       .|
│書きたいことの大半は書いてしまったので一旦まとめます   .|
│                                      .|
│樹形や花序など植物の成長モデルを L-system で表せました.|
│これによって感覚的に表現していた植物を数理的に表現する .|
│ことが可能になります                         .|
│                                      .|
│樹形、花序、葉序は植物を作成するときの設計図になるわけ .|
│です 設計図を元に同じようなものを量産できますし、それを .|
│元に流用して他の物を作ったりオリジナルのものを作ったり  .|
│夢が広がりますねw                          .|
└──────────────────────────┘
97L-System厨 :2015/06/28(日)19:18:27 ID:nWP
      //,--─ ─  丶 、
     / ': : : : : : : : : : : : : : : 丶
   ∠´: : : : : : : : : : : : ,、: : : : : : : : ヽ
 /__: : : : : : : : : : : : : : : !丶: : : : : : : : ヽ
 ´/: : : : : : : : : : : : ,イ/  ヽλ: : ,: : : : ヽ
 /: : : : : : : : : : : : ノ /   'ヽ!ヽ: !、,: : : :!
 !: : : : : : : : _ヘフ─,/    ソ`-、: 、: : : : !
 l: : : : : ,: : : /:ノ __       _ ヘ: : :,、: !
 l: : : : : ,!: ! ,,;"  ゙`、   ,,:''  ゙`、 ! /`ノ
 l: : ,, ' !: ! ''    `   ''     ` ノ
 l  ! τ !: ! ,,,,,          ;;;;;;`,
 !: : : ゝ、!: !'''''    ,、_    ,、    ノ
...!: : : : : `ヘ! >、_/^''^' ` ヾ/´ `'`ヽ´
..!: : : : : : : ,'`i ´ ̄ ̄ ̄ ̄`!´ ̄ ̄ ̄`、
ノ: : : : : : /  !        !      !
!: : : : : ノ   !       .!      !
┌──────────────────────────┐
>>11 で言ってた方法論にも繋がるけど、植物を作るときは  .|
│樹形、花序、葉序などの設計図を決めておいて>>59-68>>82.|
│のような葉や花弁などの装飾品を別途作成しておきます    .|
│                                      .|
│そして、植物の進化を経るように段々複雑にしていきます   .|
│1.茎(枝)だけの L-system を作成                  .|
│2.茎(枝)と葉を付けた L-system を作成 → 樹木はここまで  .|
│3.茎(枝)と葉、花を付けた L-system を作成           .|
│これでやってみるといいかもしれない               .|
│                                      .|
│駆け足で書きなぐったので分からないところがあれば      .|
│質問してね                               .|
└──────────────────────────┘
98L-System厨 :2015/06/28(日)19:57:59 ID:nWP
               /    \
            /Speed   ⊆ニニ <|
          〈 \ Tree   ‘r―‐   \__
.            ∨〉┐、     ⊂ニ __  ヽ\
           ///入\x ´\{\ ノ ム  ∨ ヽ
            |   rく/ {\/(「)∨ |:,  } | :,二二.丶
            |   ノ     }(「)    ハ r:| ̄   |  ′   \)
          ‘.  ヽ、  〈___,/ / | ‘、‐一′  :,
          ∧  | \  ./|\__/{_/斗-\     ′
          |  :,| | V |_ノ,|-八从ハx=ミ∧       ,
          |ー‐'′|  i   / |,x=    んハYハ、     ′
            \__,ノ  |   〃んハ   V:り | :,\   |
             \    V| 从 V:り      "| ∧   !
                 ヽ   l人ハハ"    /⌒ン从: :i     :,
              ヽ   |L...... ‘ イ人| |:|    ハ 買ってね~
                     ヽ  |/  ∨:|   \:| |:!  / 
                 \   \| :L>: : :´ ̄: \    }
                  |\  | : : : : :-‐l二二二l  |
                  |ハ  ヽ| ̄: : : : : |はかせ|∨ |
                   |   |: : : : : : : : ̄「 ̄「: : V|
                   |   | : : : : : : : : : !: : :| : : : :,
                       Vl八| : : : : : : : : : : ̄: : : : : :〉
                        |: : : : : : : : : : : : : : : : :|
                           f二二¨ ̄ : : : _,,二二|
                         ノ: : : :|: : : : : : : | : : : : |
┌──────────────────────────┐
│植物CGが作りたいけど                        .|
│時間が無い人、トライアンドエラーをあまりしたくない人は    .|
│ttp://www.speedtree.com/   を試すといいかもしれない   .|
│アバターとかの映画のCGで使われてるとか           .|
│                                      .|
>>97 の "L-system を作成"という書き方だとおかしい気が  .|
│するので "ls ファイル作成"とか "L-system のスクリプト作成".|
│とか置き換えて読んでほしいけど                  .|
└──────────────────────────┘
99L-System厨 :2015/07/04(土)11:59:53 ID:iVJ
、___ノヽ._,、_ノ、__,             _ハ_
)         ゝ,          ヽ     /
ヽ         / ,,....:'" ̄:\    ノ  も ヽ._
/ |    -|-iヽ 〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   )  .う  /
〉 ゝ‐'   /_ノ (:;.-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ   っ  ヽ
、 ーァ     /  〉´ノ.:.:.:.:.;:ィ'"`ヽ、.:.:ソ   ! !  (
ノ  (__   /^Lノ 、:.:.;.ィ''、 /|  ハ .\:.)      /
ヽ ー、  /\・・ (', /l Xヽl. /,__Xli ヽ}-、,.--v'⌒
〈  ‐'゙  /  \ (./ /  >l/ <` lノ.lヽ.:l
 〉 | | |   /   〉〇‐'____ .ヽOノイ/
〈 ・.・.・  /^Lノ {ヽ_〈   `ヾ! ,,.ィ':/
. )         r゙'.:.:.`''''===ィ'.:.:/   またミスったかもしれない
 },..-、,.---、,..--、f゙'.:.:.:.:.:fi.:.:.:.<、了
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:fjニ).:.:.:.:ヽ'ソ
     ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
┌─────────────────────────┐
│今までのレスの間違いの指摘と進展の報告~        .|
>>82 で「三出複葉」と書いてるのは「三裂葉」の間違い   .|
│そして >>82 の L-system の書き方だと L-system 4 では  .|
│問題無いけど Lparser v2.1 では葉っぱの根元が消えます .|
└─────────────────────────┘
三裂葉は
修正前
rule L={[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gg.][+(15)ggg.][gggg.][-(15)ggg.][-(30)gg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}
修正後
rule L={.[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gg.][+(15)ggg.][gggg.][-(15)ggg.][-(30)gg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}
広楕円形
修正前
rule L={[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gggg.][+(15)ggggg.][gggggg.][-(15)ggggg.][-(30)gggg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}
修正後
rule L={.[+(70)g.][+(60)gg.][+(40)ggg.][+(30)gggg.][+(15)ggggg.][gggggg.][-(15)ggggg.][-(30)gggg.][-(40)ggg.][-(60)gg.][-(70)g.]}

"{"の後に"."を付けないと Lparser v2.1 は根元=出発点を認識できないみたいだけど
なので >>83
上の木々
rule L=[~(10)t(0.3)c(8){.[+(70)g(.1).][+(60)g(.2).][+(40)g(.3).][+(30)g(.2).][+(15)g(.3).][g(.4).][-(15)g(.3).][-(30)g(.2).][-(40)g(.3).][-(60)g(.2).][-(70)g(.1).]}]
下の木々
rule L=[~(10)t(0.4)c(8){.[+(70)g(.08).][+(60)g(.16).][+(40)g(.24).][+(30)g(.32).][+(15)g(.4).][g(.48).][-(15)g(.4).][-(30)g(.32).][-(40)g(.24).][-(60)g(.16).][-(70)g(.08).]}]

に修正した方がいいかもしれない
この修正だと、 L-system 4、Lparser v2.1 どちらも同じように描画できるので以降この書き方に統一します
100L-System厨 :2015/07/04(土)12:49:32 ID:iVJ
      x             `/、
     X                -l‐         __
    -l‐    _,,.. -――--...._           /   \
       ,.ィチ三三三三ニハ三ミt,、        /       \
      //ニ/三ニイニハ.ニ/ l三三ム      .|         |
       ,'/  /ニ/ ̄/`l:/  ''Vヘ|、ミ.ハ      |  ー|‐-<   |
     iミN//ニ/'/ ,ィZt゙   ',ztヽ!.l三l!     |    | ー'゙   .|
      |三三ニ| l l三ニ|  i三ミ! } ! ハj     |    _     |
      |三三ニ|  ヾミヒソ  マZリ  !ミ!        |     ー'    .|
      |三三ニ|./// ¨    `¨///lミ!      |  _|__     .|
      |三三ニli  / ̄`''ー-、ァ  lミ!    l二_   / こ    l
     V|、ミl三ミt、 ゝ    _ ' ,,.ィ'lリ       |        l!
      ヽヾlヾlヾ,ィ ̄二ニ=/77、ソi/       \____/
      ,..-==ァt ヽ.-‐ニ/////}
     ,'::;ィZハヾミz,,_.>ィ/  ./ ト、
      l::{=/‐-、ヽ.二f_:/   ノ Vム
     、::゙l、  ヽ. / `ヽ、/_,,..-‐、゙i
      {ニ|:ヽ  |:/`ヽ、  〉 _,,.. l |
     /:;ィ:| ヽ  ./    ‐/ '"  ヽl
┌─────────────────────────────┐
>>91 の円錐花序に関する疑問に対する回答は             .|
│ttp://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/inflorescence.html  .|
│の最後にありました                              .|
│円錐花序は複合総状花序で全体が円錐形のものでいいと思います .|
│                                          .|
│それと >>56-57 の3分岐樹形の一部を再現できました?        .|
│L-System 4と Lparser v2.1 のtropism vector が下向きのみなので  .|
│再現できたのは「The Algorithmic Beauty of Plants」ページ60、fig 2.8 .|
│の a と b だけですけど                            .|
└─────────────────────────────┘
ls ファイルの置換規則=rule は
A = !(0.9)F[&(a)t(e)FA]/(d1)[&(a)t(e)FA]/(d2)[&(a)t(e)FA]
F = "(1.1)F'(0.9)
ここで
a:幹の分岐角
t:>>20 の"t"と同じ、tropism vector、向性ベクトル、これを使うと大抵下にお辞儀するように変化
e:軸の曲げに対する感受性?、tでどれくらい下に垂れるかを決めるパラメーター
d1:広がり角1
d2:広がり角2

3分岐樹形のポイントは置換規則が2つだけで樹形が描けるということと
!(0.9)、"(1.1)、'(0.9)が決め打ちでいいならa、e、d1、d2の4つのパラメータだけで樹形が
決定されます

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





L-Systemシミュレーションスレ